ラブジュースがバイブと一緒にこぼれ出てくるぞwww


ある晩、遅く帰ってきた主人が「おみやげだ」と渡してくれた包みを開けた私は、思わず叫んでしまいました。「キャツ!な、何よ、これ…」箱の中に入っでいたのは、青い色のバイブレーターではありませんか。
とってもグロテスクでいやらしい形。初めて間近で見た私は、胸がドキドキしました。
「パイプだよ、決まってるじゃないか」主人がニヤニャと笑いながら、上着とワイシャツを脱いで上半身裸になります。そして、パイプを取り上げて、スイッチを入れちゃって…
「ほら、気持ちよさそうだろうが…」
「キャツ…いやだァ…」
バイブはラッコの頭の部分が激しく震動を始め、キトーに似せた部分がくなりくなりとくねり始めました。なんていやらしい主人なんでしょう。変なもの買ってきて…。

でも、アソコに入れたらどんな気分になるのかなって、私も淫らな好奇心が湧いてきちゃう。

「な、展子、こいつでオナってみせてくれないか~」
その時、急に主人の表情が淫靡に歪みました。

「えーっ…・じよ、冗談はよして」
私、相手にしなかったんですが、主人たら荒々しく私をその場に押し倒すと、スカートをまくり上げて、パンティをずり下ろしてきます。

「本気だよ。亭主のオレになら見せてくれたっていいじゃないか」って、むりやりパンティを足首から抜いてパイプを下腹部に。

「い、いやーッ!」太腿をぴっしりと閉じ合わせたというのに、激しいうねりと震動がたちまち粘肉に伝わってきます。私はその刺激の強さに、思わず膝頭をゆるめてしまいました。
そしたら、すかさず両脚を大きくこじ開け、膝頭で両腿を押さえつけてきた主人。

「ふふふ、濡れてるじゃないかよ、展子……」って、私のアソコをのぞきこみ、すぐにパイプをワレメに当ててきます。
「あうっ…くううッ…」したたかな刺激でした。
私は腰を跳ね上げ、声を乱してしまいました。

「ほら、自分で持たなきゃ、オナニーにならないだろ」
主人が私の手にパイプを握らせました。そして、左手の指で花びらを引っばり広げ、一緒にパイプを深々と埋めこみます。

「あ、あはっ…あ、あなたァ…」
「いいんだろ、気持ちが…」
「は、恥ずかしいわ」
「夫婦じゃないか。正直に答えろ」
「あああっ…き、気持ちいいの」

ひだの粘膜がパイプの先端部で突き上げられ、えぐり下ろされていました。
おまけに震動がクリトリスを刺激して、とっても気持ちいいんです。
私は初めて経験する快感に、いつしか主人の手からバイブをさっと奪い取り、自分の意志でさらに奥に突き入れていました。

「いいぞ、展子…その調子だ。オレもギンギンになってきたよ」
主人が私のオナる手元をのぞきこみながら、ズボンとパンツも脱いでスッポンボンになりました。
そして、これ以上むりなほど膨れ上がったオチンチンをギュッと握りしめます。

「あうっ…あ、あなた…そ、そんなに見つめないで。恥ずかしいわ」
私はかすれた声で言いながらも、腰を揺すり上げ、なおも両脚を広げます。
「恥ずかしくないさ。いいか、オレもオナるぞ」
主人が興奮にギラつく眼でなおものぞきこみ、握りしめたオチンチンをしごき始めました。

「あああん…い、いつもより大きいみたい。とってもステキよ」
握った掌の中に消えたり、顔をのぞかせたりするキトー。
先端部からにじみ出た透明なしずくで、たちまちテラテラ光り始めます。

「展子…パイプを動かすんだ」
「こ、こうね…あーっ…いいーッ」

私はバイブをつかみ直し、出したり入れたりし始めました。
ひだをこすりたてられます。
子宮がえぐり抜かれるみたいです。
私は大きくのけぞり、高い声で喘ぎました。

「そうだ。ラブジュースがバイブと一緒にこぼれ出てくるぞ。すごい濡れようじゃないか、展子…」
主人が私の股間に、ふいに顔を伏せます。
唇をパイプと花びらの間に押しっけチュウチュウとあふれる愛液を吸いまくります。

「あひ一っ…あ、あなたァ…」
「うまいラブジュースだ。展子、いい気持ちか」
「ええ…いいの、いいの…たまらないの…で、でも…もうあなたのオチチンが欲しいーッ」

私、花びらの粘膜が麻痺するのを感じ、もう夢中で叫んじゃって、バイブを抜くと投げ捨でちゃって…。
「展子、ハメてやるよ」
主人が私を全裸にして、両脚を肩に担ぎ上げました。
そして、左手でキトーをつまんで腔口に当てがい、グググッと腰を押しっけてきます。
「くうっ…はううう…」

熱くて硬いオチンチンが、充血しきった花びらを巻きこみながら、一気に奥まですべりこんできました。私はカーペットに爪を立てて、のけぞりました。

「いつもと違う。オシッコ洩らしたみたいにビチャビチャだ」
主人がすぐにグイッグイッと力強く腰を突きこみ始めました。
確かに主人が言うように、私のアソコはいつも以上に濡れているものだから、動くたびにグチャッグチャッと、恥ずかしいほどいやらしい濡れ音がたっちゃって…。

「あー、…い、いや、いやァ…」
その音が私をますます高ぶらせます。私はハレンチにも、主人の動きに合わせて腰を揺すりまくっていました。

「初めてだな、展子が腰を使うのは…」
「あーっ…は、恥ずかしいわ…でもとってもいいーッ」

私はなおも腰をくねらせました。そして、高い声で喘ぎすすり泣き、とうとう気を失ってしまったんです。

私はそれ以来、バイブが大好きになっちゃいました。
この頃では主人にいろんな形のものを何本も買ってきてもらって、毎晩のように試しているんです…。


PAGE TOP