すごいエロいよねえ、それ・・・

俺(中村) 32歳 フツメン ちょっと最近太め 176センチ

友人(永井) 28歳 結構イケメン(永井大に似てる) 筋肉質 178センチ

俺の彼女(美香) 26歳 色白 Dカップ 可愛い感じ 顔はアナウンサーの加藤綾子に似ている 体型も普通 161センチ

永井の彼女(希美) 24歳 色黒可愛い Eカップぐらい 痩せで巨乳 芸能人だとちょっと不細工な佐々木希 156センチ

俺は会社のしがない事務員。多少実績があったので、今は中小企業の係長的な役職。でも事務員みたいなもん。(笑)
永井はバリバリの営業。イケメン、さわやか。
永井とは前の会社からの仲間。前の会社が潰れてしまったので、2人で路頭に迷っていると、今の会社の社長と飲み屋で意気投合。なぜか働くことにw
それがもう6年ぐらい前の話。永井は女にモテるが、あまり興味がない。
彼女の希美ちゃんとももう2年ぐらいになるが、セックスがめんどくさいらしい。
俺は美香とは3年目。美香は違う会社で事務職。特別美人というわけではないが、色が白くて可愛かった。
永井から強引に誘われた合コンで美香と出会う。お互いにあまりしゃべらなかったが、なぜかお互いに好印象。(笑)

なんか知らないがトントン拍子に付き合うことに。
合コンには希美ちゃんもいた。希美ちゃんと美香も同じ会社。まあ紆余曲折あって美香ちゃんと永井が付き合うことに。

先日、永井の彼女の希美ちゃんから連絡があった。
「中村君、最近彼女とどうなの?」みたいな話から始まって、話も長くなりそうなのでじゃあ、喫茶店で合おうか・・・ということになった。

希美ちゃん、相変わらずスタイルはいい。
出るとこも出てて、推定Eカップ。夏はいつも露出の高い服装で、目のやり場に困る。
永井と希美ちゃんも、希美ちゃんのものっすごいプッシュで永井が落ちた。(笑)
それぐらいアグレッシブな彼女だった。

喫茶店でダラダラといつものように雑談をしていると、希美ちゃんが
「美香、この間うちに遊びに来たのは知ってるよね。」
俺「うん、まあ、電話したしな」
希美「ごめんね~なんか彼氏と2人だと最近楽しくなくって」
俺「永井も忙しいから、なかなか時間がないだろ」
希美「そうなんだよね~最近エッチも淡泊で」
俺「ブッ!昼間からそういう話するかねえ」
まあこの子はそういう話もすごいオープンだし、昔は○○したとかカラオケボックスで・・・なんていう赤裸々すぎる話をしてくる。永井も若いときは遊んでかなりやんちゃしてたのは知ってるので時々突っ込みを入れながら漫才の

ように聞いてる。
まあこのカップルはそれでいいんだろう。
希美「でさー、彼も帰ってきたからうちに呼んで3人で飲んだんだ、夜遅かったけど」

それは聞いてた。電話したとき美香も飲んでたようだった。
美香はよく希美ちゃんの部屋に遊びに行く。希美ちゃんも美香の部屋に遊びに来るらしい。
とはいっても大体がお互いのうちに遊びに行って飲んで帰る、みたいな感じで
たまに彼氏がいて、3人で飲んで話して・・・みたいで普通だった。
まあいつものことでなんか希美と永井がイチャイチャし始めたからなんだかなあ・・・みたいなことは言ってたなあ。
そのあと電話を切ったから3人とも酔って寝たんだろう。

希美「でね、その後なんだけど・・・」希美が意地悪そうな目をしてこっちを見た。
俺は本能的になんか嫌な話の気がした。

希美「まあ、永井も美香も覚えてないと思うけど」
と希美ちゃんは携帯をいじりだした。しばらくして、ニヤッと笑い、
こっちに渡した。いつも希美ちゃんは携帯にはヘッドホンをつけて音楽を聴いてたのでそのまま。
希美「これ、なんでしょう」
携帯は動画再生の再生ボタンが出ている画面だった。
なんだよ、また酔っぱらいの動画かよ・・・
希美ちゃんは時々携帯で酔っぱらって美香と2人で飲んでる所を撮って
見せてくれる。たわいもない話や顔に落書きしたり、バカやってるのがほとんどだが、
たまーにお宝ともいえる2人とも下着姿やほぼ半裸の動画を見せられる。
そういうときはちょっとだけ興奮してラッキーと思う。永井にはそういう動画とかは見せないんだそうだ。
ま、見てみるかと再生ボタンを押した。
希美「ヘッドホン付けて」
まあ、喫茶店だし声がもれても迷惑だからな。
ヘッドホンを付けると、なんかアアッとため息のような声がした。
??なんだ?
画面を見てみると、そこには衝撃の光景があった。
希美ちゃんが撮っているのか、指が隅っこに映っている動画。
その画面の先に、希美ちゃんの部屋の大きめのベッドで、生まれたままの姿の美香が、ごつい男の指にアソコをクチュクチュといじられているアップの動画が・・・
男はどう見ても永井だ。
心臓がものすごい早鐘のように鳴りだした。
なんだこれは。なんだこれは。
でも、震える手で停止ボタンを押すのはためらわれた。この先、見てはいけない、でも見てみたい、その欲求には逆らえなかった。
希美「すごいエロいよねえ、それ・・・」心なしか希美ちゃんの声もちょっとうわずっている。
俺はそんな声を聞きながら、画面を食い入るように見ていた。
薄暗い動画で、はっきりとは見えにくかったが、3人ともかなり酔っぱらっているようだった。特に永井。あいつは昔、「俺、飲み過ぎたらわけわかんなくなるんだよね」
と言っていた。
美香もそうだった。「飲み過ぎたら記憶がなくなるんだよね。だから今は絶対に飲み過ぎない」
それが最悪の形で・・・
画面では飲み過ぎて別人のような永井が美香のアソコから指を抜いて、「おれ~美香ちゃんすごいなあ~ヒヒ」
みたいに指をアップで見せつけていた。指はトロっとした液体がついて、部屋の明かりでテカテカ光っていた。
画面外から希美ちゃんが「じゃあ、そろそろヤル?」って声をかけてる。俺はこのときに思った。こいつ、ひょっとして自分以外に飲ませまくって、こういう状況を作ったんじゃないか?希美のやろう・・・
美香が画面の奥で、「あはあ、いや、もう・・・」って言っている。
永井が美香の乳首を攻めているようだ。
鬱だったのは美香は自分のアソコに指をはわせて、そこにいつのまにかローターらしきものをあてていた。確か希美が下ネタで前に持ってるって言ってたやつか。
「はあん、すごい、これすごい・・・」美香はローターを当てて、時々ビクッと震えている。
美香は普段、あんなに喘いだことなかなかない。ローターを使おうと思って買ってきたら、いや!道具に頼るなんて・・・と一蹴されたのに・・・
おまけに永井が上を舐めまくっているから余計だろう。
しばらく、ローターのブーンという音と、ピチャピチャと舐める音、そして彼女の喘ぎ声だけがしていた。希美も、すごいいやらしい光景に我を忘れて撮影していた。
ふと、希美がひたすら胸を舐め続けている永井に「永井、美香ちゃんにしてもらったら?」と言った。
永井「ほえ?ああうーそうだねえ、美香ちゃん、俺のも」
永井はベッドに横になっていた美香の顔の横に移動すると、すでに裸だった永井が自分のモノを美香の顔の横に持って行った。永井のはカリが少し俺より大きい感じだった、飲み過ぎたせいか半立ちだったが、こうして画面越しでも

長いモノだった。20センチはあったかもしれない。
ローターで美香は半分いきかけていた感じだった。
「ああ、はあん、そう、これ、これ・・・」半目で快感に浸っていたが、永井のモノが
顔の横にあるのを見ると、膝立ちで立っている永井のほうに目を上げ、うっすら笑って
ためらいもなくモノを咥えた。
これはかなり衝撃的だった。美香の違う顔を見た気がして心臓の鼓動がまたさらに早くなった。
快感に流されながら、画面の向こうで美香は永井にいやらしく奉仕をしていた。
ちょっと遠目に撮っていた希美が、撮りながらそばに来た。画面が一気にアップになり、美香の口の動きや舌の様子がはっきりとわかった。しかし、俺の時はこんなに舌を使ったことのない美香が、積極的にモノのカリに舌を絡ませていた。しばらく舌を絡ませていたかと思うと、口を大きく開けて永井の長いモノ(笑)をディープスロート。永井が「おおう、美香ちゃんそれすごいわ・・・」美香は永井のモノを吸い込みながら画面越しでもはっきりわかるように口の中で舌を動かしていた。
希美「ああ・・・すごいね、美香上手い・・・」
希美「そうだ、美香、永井は先っぽが弱いから、あとタマ」
美香はちゅぽん、と音を立てて離し、先っぽを舌の先を使ってレロレロとしたあと、永井のタマに舌をはわせる。
なんなんだしかし、こんなテク俺には使ったことないのに・・・
喫茶店の中だというのにドクドクとモノが反応している。少しの刺激で出てしまいそうだ。こんなに興奮するなんて・・・
画面の中では、美香が永井のタマを口で愛撫していた。希美が画面外から時々指示してるようで、美香は希美の顔と永井の顔を見ながら、口で永井のタマをジュボ、っと吸い込んだ。
永井「おお・・・お、美香ちゃんそれすごい、やばい」
美香は上気した顔で永井のタマを口に含んで転がしていた。
知らないぞこんなテクニック・・・
希美「美香、二ついっぺんに入る?」
美香は口を離して、タマを一つずつ口に入れていた。なかなか難しいのかタマがぽろっと出るのがこんな気分の中ちょっと可笑しかった。
美香はちょっと口が小さめだ。二つ口に入れるのは無理らしく、タマを上手い具合に一つずつ吸っては離し、吸って舐め・・・
しばらくしてまた美香はまた舌で舐めながら竿のストロークを始めた。口をすぼめてゆっくりと前後に・・・
希美「ちょっと待って」
希美はどこからか持ってきたコンドームを永井に付けさせた。その間美香はローターでまた気持ちよく・・・
美香「ああ・・・なに?ゴムするの?」
希美「まあね、・・・生だと後でバレるし」最後はボソッと言っていた。
希美「じゃあ美香、しよっか」
美香「は、はあ・・・あ?う、うん」
美香は希美の指示通り、脚を開いた。
希美「自分で持って見せて」
美香はええ、と一瞬とまどったが、希美が美香あ~と甘えると自分で太ももを持って広げた。画面には美香のアソコと思い切り自分でM字に広げた脚が・・・
その時、永井が「ありゃーもうなんかたまんない、イキそう」とか言ってきた。
横にカメラが動くと、永井が自分でシゴいていた。かなり興奮したのだろう。
希美「ああ・・・もうしょうがないな、美香、ちょっとイカせてあげて」
美香「ええ・・もう・・・」
いそいそと永井がまた美香の顔の横に。
希美は引いた位置に携帯を一端置いて、カメラに3人が入るようにしたようだ。
画面が固定されると、希美がローターを持って(希美も全裸だったw)
M字に広げたままの美香の脚の間に入った。
すぐに、美香が激しく喘ぎだした。
「ああっ、はあ、は・・・はあん、いや、だめ・・・」
永井が顔の横にゴムが付いたままのモノを近づけると、美香はすごい勢いでしゃぶりだした。
モノを口だけでしごくように、激しく前後に頭を振る。
すぐに永井が、「ああ、もう・・・」とギブアップしてきた。
気がついた希美が、慌てて携帯を取り、カメラを近づける。
画面いっぱいの美香の口がテカテカと唾液で光り、永井のモノを口だけでストロークしている。口の中でまた舌がヌラヌラと動いているのがカメラでもアップで・・・
永井が「ああ、いく、いく」と言って腰をビクンとさせた。
たぶん出てるのだろう、でも美香は夢中で首を動かして吸っている。
永井「あ、はんぱない、これ、おお・・・」と唸って、しばらくビクビクしていた。
しばらくして、美香が口をゆっくり離すと、ゴムをつけた永井のモノが姿を見せた。
永井は驚くほど射精していた。ゴムの先がタプタプになっていた。
希美「ちょっとお、あたしの時より多くない?」
永井「いや、ぶっちゃけ気持ちよかったかな・・・」

希美がゴムをはずし、慣れた調子で永井のモノを口でキレイにしていた。
ぼーっとしている美香に携帯を持たせて、撮らせたのかアップでフェラ、
ついでにちょっと舌を絡めた本気のフェラ、20秒ほどで永井は元気になった。
まあ、飲んでいるとはいえ女2人のいやらしい姿を見てるのだ、俺でもすぐ立つだろう。
正直、こっちのフェラも興奮した。全裸も初めてだが、希美ちゃんのフェラ・・・
そして、また希美は永井にゴムをはめると、
希美「じゃあ本番ね」
ローターをいじっている美香の前に永井を座らせ、
希美「じゃあ、いい?」
永井はうなずくとすでに濡れているであろう美香のアソコにゆっくりと沈めていく。
美香「ああ、はあああああ・・・」
満足げなため息をもらして、自分で脚を持ったまま美香は永井のモノを受け入れていた。
希美「美香、どう、気持ちいい?」希美は結合部を撮影しながら聞いている。
美香「ああ、あ、はあ、いい・・・」
美香はすでに動き出した永井のモノで、快感に浸っているようだった。
希美「永井、頑張ってよー」
永井は美香の脚を自分の肩まで上げ、深く入れていた。
美香「ああ、それ、・・・あはあ、」
美香も段々と声が大きくなる。永井はしばらく突いてから体位を変えようとした。
美香が気がついたようで、なんと自分から上に跨っていった。
希美「美香、積極的ー。アップで撮っちゃおうっと」
希美が撮っているまえで、美香は永井のモノを自分でつかみ、上になって踏ん張った姿勢でモノを沈めていった。
美香「あ・・・は・・あ」永井「おお・・・う」同時に2人が言った。
多分深く入ったのだろう。
希美「美香、自分で動いたら?」
美香はそのまま、酔ってるのかふらふらしながらゆっくりとモノを上下に出し入れ。
こんないやらしい格好、普段は絶対にしない。酔って理性が飛んでいるのか・・・
さすがに腰がつかれたのか、しばらくしたらグッタリとそのまま永井に倒れ込む。
俺が少しだけほっとしたのは、最中2人はキスをしなかった。どういう気持ちだったのか、心に罪悪感が少しあったのか・・・
永井はまた正常位に戻ると、激しく美香を突き始めた。
美香はローターでイキかけていたのがはじけたのか、「ああん、ああ!だめ、だめ!奥、奥!」また希美が上の乳首をずっとローターで刺激していたのでよけい感じたのだろう、カラダがだんだん桜色になってくるのがわかった。イク寸前のようだ。
希美は美香とディープキスをしていた。このときは携帯は枕元で、2人がキスしていたのがわかった。しばらくしたら、スパートをかけたのかまた永井が
「やべ、だめ、いくわ」と言いながらパン、パン、と腰を打ち付け始めた。
希美「わかった。今度は私がしてあげるからちょうだい」
美香が激しく喘ぎ始めた。もう時々声にならないような喘ぎをあげて、ラストに向かって上り詰めていく。カメラで希美が興奮して、はあ、はあ、と言っているのが聞こえる。美香の胸がイキそうなのか、ちょっと乳首が尖ってきた。
無言で激しく突いていた永井が、「やばい、いくよ、いく」と言うと
美香も首を振ってうなずく。「ああ、ああん、あ、うん、きて、きて!」
察したのか希美が素早くいい位置に携帯を置き、また3人が映るようにして
自分が永井と激しく悶える美香の股間に近づいた。
永井がビクッと震えると、素早くモノを抜き、希美がそのゴムを外す。
永井がビクビクし始め、射精がはじまる前に、口を近づけてそのモノを音を立てて吸い始めた。
永井「おお・・・やっぱ希美の口最高・・・」
永井がビクビクとするのに合わせて吸っているようだ。
しばらく、希美は吸っていたが、口を離し、永井を見上げながらゴックン、と飲み込んだ。「はあーいっぱい出たね、今日は異常だよ」
永井「そうかなあ・・・」
希美はハアハアと息をついている美香のほんのりピンクな肌に近づいて、顔のそばで
何事かささやいているようだった。
そして美香が起きあがると、最後のサービスとばかり、永井のモノをしゃぶりだした。
永井は敏感になっているのでくすぐったがっていたが、しばらく美香がサービスをしていると、また半立ちになっていた。
希美は美香が離れると、美香に「あーんして」と言っていた。美香はボーッとした顔で
あーんとしていた。たぶん口の中に精液がないか見ていたのだろう。その後、用心深いのか美香の口にマウススプレーをしていたw美香がおえってなっていた。
しばらくするとみんな疲れからか眠りだしそうだった。
美香はしっかりと半分眠りそうな2人を下着だけは着けさせていた。永井はシャツとジャージ。
そのあと本当に2人とも寝たみたいだった。

ふと喫茶店の中だったと我に返った俺は、死ぬほど悔しかったが、すごく勃起していた。彼女のこんな淫らな姿、俺にも見せないテクニック、いやらしく微笑む彼女・・・
希美ちゃんは前に座ってこっちを見つめながら
「ね、すごいでしょ、美香っていつもああなの?すごいエッチじゃない」
俺「ちょっと待って」
幸い喫茶店の席が一番奥だったし俺は壁に背を向けてたので誰にも見られてなかったが、俺は今の映像で興奮したのと衝撃で気になってしょうがない。
俺「希美ちゃんこれ、ちょっと洒落にならないぞ」
希美「あの2人飲み過ぎたらネジが外れるのねー。まああたし以外は次の日すごく頭痛いって忘れてたから。下着は飲み過ぎて脱いだってことで。朝起きたら永井は美香の下着姿が見られて嬉しそうだったけど。もっとすごいのしたのにね。それにゴム使ったし、証拠は片付けたし、美香にもばれてないよ多分」
俺「でもなあ、」
希美「これ、中村君が持ってていいよ、動画しか入れてないから。確か中村くんと私、同じ機種だったよね、パソコンも詳しいし、帰ってからどうかしたら見られるじゃない。」
希美ちゃんは携帯からマイクロSDを抜いて、ニヤリとしながら俺に渡した。
希美「中村くんとあたしだけのヒミツ。次は・・・ね」
希美ちゃんの意図してることがわかった。
次は俺と希美ちゃん、彼女でまたやる気なのだ。
ふと俺は考えた。いくら酔っているにしてもこんなになるだろうか。
ひょっとしたらなんか飲まされたのかもしれない。

小悪魔の顔で希美ちゃんは顔を近づけて言った。
希美「すごい興奮したのよね、これ。次は中村君があたしと美香、2人を楽しめるんだからそれでおあいこじゃない




PAGE TOP