トラック運転手だった妻から深夜の電話・・エッチな体験談


数年前、子供ができるまで長距離トラックの運転手をしていた私の妻は本当にHが好きで、帰ってくると必ずと言っていいほど毎度しました。

そんなある日、夜中に突然携帯に電話がかかってきました。
何事かと思い、見てみると妻からでした。

電話に出ると電話の向こう側から・・・

「あ~ん、あなたぁ~ご、ごめんなさぁん・・・いんぅ」

どこか猫なで声だけど、確かに妻の声が聞こえました。

[adrotate group=”1″]

「どうした!なにがあったんだ!」

私が懸命に聞いても「あ~ん」だととか「もう、だめ~」と言う声しか聞こえません。

一旦電話の向こうが静かになったかと思うと、聞いたことがない男の声が聞こえてきました。

「どうもすいません。旦那さんですか?」
「は、はい」
「今、奥さんちょっと酔っ払ってるんですよ~。私たちのチンポに」

思いもかけない単語が耳に入ってきた。
とても信じられませんでした。

「はぁ?」
「ですからぁ、今あんたの奥さんがね、俺たちのチンポで犯されてるってわけですよ~」

軽薄そうな男の声は耳にほとんど届いていなく、私は何がなんだかわからなかった。

「また、奥さんに電話変わるから」

そう言うと、また妻の甘えきった声が聞こえてくる。

「おい!何やってるんだ!おい!!!」

いくら怒鳴っても聞いていないのか、徐々に妻は狂ったように卑猥な言葉を発していました。
そこからはもう妻の喘ぎ声しか聞こえませんでした。

「あぁん!ダメ、ダメ、ダメぇん!そんな大っきいの入らないん」
「ちょ、ちょっと待ってぇ・・・そ、そんな・・・んッヒッ!!そんあんッ、はげ、はげ・・・し・・・く、しないでぇ、ヒイッ!私!壊れ・・・ちゃうんッ!!!」
「そう、そこよ。そこイイわ。そこをもっとかきあげてぇん」
「あっ!ダメ、2本なんてムリよぉ~」
「ダメダメダメ!膣内に発射さないでぇ!・・・あッ!・・・ああぅん・・・膣内に発射さないでって言ったのにん」
「あん。そうよぉ。旦那なんかより全然大っきいわぁ~。だから、おねがぁい、私のオマンコにそのぶっといので犯してぇん」
「あんッ!今イッたばかりなのに、すっごぉい・・・なんてタフなのぉ・・・ッ!」
「ああああ!イクわッ!私、またイッちゃうわ!キテぇ、あなた達のどろどろした濃い精液を私の中にぶちまけてぇ」
「あああああああああああああああ!!!アナルとオマンコでイックゥ!!!!!!!!!!!!」
「イヤ!抜かないでぇ。もっとエグッてぇ!!!もっと奥まで突き刺してぇん!!!」

そんな電話を延々と聞いていたけど、不思議と切る気にはなりませんでした。

数時間後、私の携帯に写メが送られてきました。

全裸の妻の写真が10数枚でした。
その写真は行為の最中に撮ったのか、2本で挿されている場面や数本のチンポをフェラしているところ、最大にイッたあとのように地面に横たわっている妻に大量の精液を発射しているところ、妻の両方の穴から私のではない精液が出てくるところなど、様々でした。
妻が言っていたように、そこに写っているどのチンポも私のよりも元気で太く長かったです。
私はその妻の痴態を見て今までにないくらい勃起してしまい、3度オナニーをしてしまいました。

翌日も妻はどこかのPAで何人かの男に囲まれている最中に電話を掛けてきました。
最初のうちは私に謝り、若干の抵抗はしていたようですが、30分も経たないうちに、昨日の乱れきった妻の本性が現れてきました。
そして、やはり行為の後には写メが10数枚送られてきて、それを見てオナニーをしてしまいました。

翌日の朝、妻が帰ってくると事情を聞きました。
最初はお酒が大量に入っていたらしかったのですが、途中から中に媚薬も服用させられていたらしいのです。
そこからわけもわからない状態になり、狂ってしまい、同僚がそこらへんにいたトラックの運ちゃんを連れてきて行為に及んだそうです。

「気持ちよかったか?」と聞くと妻はバツが悪そうにコクンと頷きました。

「また犯して欲しいのか?」と聞くと妻は少し思い出したかのように股間を押さえてコクンと頷きました。

今でも思い出しただけでも濡れてしまうと言うのだから、相当気持ち良かったのだと思います。

「私とのセックスじゃ満足できないんだな・・・?」と聞いてもやはりコクンと頷き、そして泣き出してしまいました。

「いいんだよ。きっと俺ももう普通のセックスじゃ満足しきれないから・・・」とだけ言い、私たちは軽い口付けとともに夫婦生活最後になるであろうオーラルセックスをしました。

そして、1週間後また長距離輸送の仕事が入った妻にいくつかの注文を出しました。

その注文とは・・・
1.全ての行為をビデオに収めること。
2.ピルを飲むこと。
3.帰ってくる日に犯された場合は、洗わずそのまま家に帰ってくること。

あまりに変態なことを言っていたため、半分呆れた顔の妻と、少し犯されることを楽しみにしている妖艶な妻の顔が見えました。

その時以降、私は妻の痴態を撮ったDVDを見ながら、セックスするようになり、大人のおもちゃショップで買ってきたいくつかのおもちゃを使って妻を犯すようになりました。
妻も最初は嫌がっていましたが、淫乱な本性がでるのか、他人に犯された時と同じくらい感じてくれています。
今では私のチンポもあのトラックの運ちゃんに負けないよりもより一層太く逞しくなり(手術して)、妻も私のチンポが一番だと言ってくれてます。
一応子供ができて以来、運送会社をやめて専業主婦になりましたが、何やら今度は「童貞の子を食べたいな」とか言ってる始末です。
ちょっとそれもイイかなと思ってる今日この頃でした。

ちなみに、遺伝子鑑定の結果、子供は無事私たちの子供だったようです。
・・・めでたしめでたし?



PAGE TOP