尻軽女のヤリマン彼女に何度も浮気されて・・エロ話

大学の2年の時の彼女との体験談

俺は2年生になると、

彼女が出来ました。

彼女はユンソナを少し幼くした感じで

可愛い方だと思っている。

彼女は結構はっきりした性格で

俺は振り回されることが多かった。

そんな彼女と毎日毎日会って

1日に4回以上はHしてたと思う。

セクースの相性は抜群で

お互いにかなり激しく萌えた。

体だけでなく、心も充実してたと思う。

彼女と会ってるときは俺も楽しかったし大好きだった

彼女もそう言ってくれて いたんだ。

でも俺と彼女が付き合いだしてから

3ヶ月くらいたった頃だったかな?

突然彼女のケータイに

元彼からのメールが届くようになったんだ。

その事を彼女から聞かされた俺は

嫉妬と危機感から頭がくらくらしてた。

でも彼女は元彼のことは何とも思ってないって

言うからひとまず安心はできた。

だが俺とデートしている時にも

元彼からのメールが送られてくる。

初めの頃は彼女の言葉を信頼して

男らしく何事も無いかの様に振舞っていた。

しかし、元彼からのメールは全くおさまる事はない。

ついに俺は

「大丈夫?元彼は

何てメールをしてくるんだよ?」

少し怒った感じで聞いた。

俺の気持ちが分かっていないのか、

ケロッとした顔で答えたんだ。

彼女は

「心配してるの?でも大丈夫、

何でもないメールだから」

彼女の態度に怒りが増した俺はついカッとなって

「何でも無いならメールみせろよ」

て言ってた。

彼女は

「そんなに心配なら見せてあげる」

てケータイを俺に渡した。

俺はケータイを受け取ったが、

いざとなると何でかケータイのメールを

見ること はできなかった。

怖かったのか、それとも彼女とはいえ

人のケータイを見るなんていけない事だと

思ってたのか?

彼女にケータイを返すと

俺はどうしたらいいのか分からなかった。

そしたら彼女は

「何も心配要らないって言ってるでしょ?

そんなに心配なら今か ら

元彼に返信するから見ててよ」

俺の見てる前で

ケータイに何か打ち込みだしたんだ。

打ち込み終わると画面を俺に見せた。

画面には

「もうメールしないで。ウザイから」

の一言。

彼女は俺が確認するとメールを送信した。

俺は彼女の行動がとても嬉しかったし安心できた。

だって、俺が命令したわけでもないし

頼んだ訳でもないのに「ウザイ」と

返信し てくれたんだから。

でもしばらくするとまた

元彼からのメールが届いたんだよ。

呆れた俺は「着拒すれば?」と言うと

彼女はうんと言ってすぐに着拒設定をした。

2人でいる時にはもうメールは届かなくなったよ。

でも今度は電話攻撃が始まったんだ。

彼女はハッキリ物を言うタイプだから元彼に

「もう電話しないで、私の恋愛に

口を出さないで」

てちゃんと言ってくれた。

なんと!それでもまだ元彼から

電話はかかって来るんだよ。

根負けした俺たちは元彼と

話をつける為に会うしかないと思うようになった。

でもこの頃大学は夏休みに入っていたから

俺は部活の合宿に参加しないといけなかった。

しかたなく彼女に

「ごめんな、どうしても合宿の練習は抜けられないんだ。

だからおまい1人で話をつけてきてくれ」

て言った。

彼女も最初はごねたが、

俺の部活は結構キツイ体育会系なのを

知っているので渋々だが承諾してくれた。

そして約束の日、

彼女は元彼と話をつけに行った。

俺は合宿の練習中も彼女の事が

気になって仕方がなくて、

練習と練習の間にはメ ールで連絡を

取り合っていた。

最初は返事が来たんだけど、

夕方の練習が終わってからメールしても

電話しても全然連絡は取れない。

俺は仕方なく合宿所

(学校の中にある)を抜け出すと

彼女のアパートまで行った。

彼女は留守だったので合鍵で部屋に入った。

俺は合宿の門限を破って

夜中まで彼女の部屋で待ってると

ついに彼女が帰ってきた。

すぐに彼女に結果を聞くと

彼女は驚いた事を言い始めた。

何と彼女は

「元彼の事がまだ好きなのかもしれない」

て言うんだよ。

俺は頭が混乱してたけど

何か聞かなければいけないと思って色々聞いた。

彼女の言った事を要約すると

・元彼の顔を見たら

なんだか懐かしくなってホッとした。

・話してるうちに付き合ってる時の

ような感覚になってしまった。

・でも俺の事も大好きで

その度合いは「元彼≦俺」。

俺は彼女が何を言ってるのか分からなくて

「はぁ~?何言ってんだおまえ?」

つい怒鳴ってしまった。

彼女は泣きながら謝る。

俺も怒鳴った事を謝ると

今後の事を話始めようとした。

でも俺はアホなので 

しばらく彼女の帰りが遅かったこと

を問い詰めるのを忘れていた。

俺が問い詰めると彼女はなかなか言い出さない。

いつもハッキリ物を言う彼女からすれば

考えられない状態だったよ。

彼女を信じていた俺はここで初めてピンと来た。

俺は心臓バクバクさせながら

「もしかして、元彼とエッチしたのか?」

て聞く が

彼女は答えようとしない。

俺は(ああ、やっちゃったんだ)

と思うと怒りが爆発した。

俺は訳の分からないことを言いながら

怒鳴り散らしてたと思う。

俺が怒鳴っていると隣の住人が

壁をノックしてきたが、

俺はぶち切れてたから逆に

壁を何度も蹴り返してた。

お隣さんスマソw

普段は怒鳴ったり暴れたりしない

俺の態度を見て彼女はすっかり怯えた感じで

何 度も謝ってきたんだ。

怒り狂った俺は早く元彼に抱かれて

汚れた体を洗えと言ったんだ。

彼女は少し迷っていたが

観念したのか服を全部ぬいでユニットバスに向かった。

普段は彼女の裸を見ると

ギンギンな俺もこの時は何とも思わなかった。

シャワーから出てきた彼女を

全裸ままで正座させると、

エッチするまでの一部始終を説明させたんだ。

初めはファミレスで話をしていたが

元彼が怒り始めたのでファミレスに居られなくなり

元彼の部屋で話をすることになった。

そこで元彼は彼女に強引に迫ったらしい。

彼女も初めはレイープされたと言っていたんだ。

でも、初めの彼女の説明では

「元彼の顔を見てホッとして、

付き合ってる感じになった」

て言っていたのですぐにうそだと分かった。

俺がそれをつき付けると

彼女は突然開き直り始めたんだ。

彼女の話を要約すると

「好きだと思ったんだからしょうがない」

「俺が2週間以上も合宿で居ないのが悪い」

「でも俺とは別れるつもりは全くない」

「元彼とはセクースはしないがしばらく好きだと思う」

「私を1人で元彼と合わせた俺が悪い」etc

もう彼女の言うことに愕然としたよ。

当然俺は「別れる!」て言ったさ、

でも彼女は泣きながら

俺の脚にしがみ付いて離れない。

俺は全裸でしがみ付いてくる彼女を見てると、

突然ムラムラし始めたんだ。

だって、ずっと合宿で女との接触がなかったから。

俺はズボンだけ脱いで

彼女を押し倒しチンコを挿れようとしたらさ、

「今まで通り付き合ってくれるなら入れてもいいよ」

て言うんだよ。

俺は

「何言ってんだ!今まで通り付き合って

ほしかったらセクースさせろ」

勿論彼女として付き合うつもりはなかったが

すると彼女は「やめてよ!レイープするの?」

俺はその一言で大人しくなっちゃったよ。

彼女は俺にとどめをさすように一言

「今まで通りにしてくれるんだったら

中で出させてあげる」

2週間以上も写生してない俺は思わず

「わかったよ」

後先考えずチンコを入れてた。

初めて生でやる感触と

感激で俺はすぐ逝ったが

そのまま2回戦・3回戦~に突入。

セクースし終わった後はすっかり彼女の虜

彼女の希望通り付き合いを

続け ることになってしまった。

でも彼女の事が信用できない俺は

元彼と会ってちゃんと話をつけてきた。

それからしばらくはメールも

電話の着暦も俺に全て見せるようになったが

そんなものは削除できるしな。

ただそれからは彼女は俺を安心させるためか、

学校でも常に俺のそばから離れなくなった。

部活の練習も見学してたし。

俺は少しづつではあるが彼女を信頼し始めるようになった。

暫くすると俺たちの関係は

元通りになりつつあったんだ。

俺の大学では新しい学年になると

同じ学部で飲み会が開かれるんだよ。

彼女と元彼は同じ学部で俺とは違う学部だった。

つまり、その飲み会で彼女と

元彼は同じ飲み会に参加することになる。

そして俺はその飲み会には参加してないわけだ。

元彼と何かあるんじゃないかと

心配して彼女に大丈夫か聞いたよ。

そしたら彼女は

「何言ってるのw

元彼のことなんて全然好きじゃないよ」

と言った。

それでも俺は不安だったが

彼女を信じることにした。

彼女の学部の飲み会は

学校の会議室で開かれていた。

その時俺は部活の練習に参加してた。

練習が終わり、

彼女を迎えに行こうと思って会場まで行ったんだよ。

飲み会はもう終わってて

幹事たちが片付けをしてるだけだった。

すれ違いだったかな?

と思って彼女のケータイに

電話をしたんだけど繋がらない。

ストーカーみたいに10回くらい

電話してみたんだけど全然電話に出ない。

俺は焦りまくったよ。。

とりあえず俺は自分のアパートに戻って

連絡を待ってたんだけど

もういても立ってもいられなかった。

俺は彼女のアパートに行くことにした。

彼女のアパートに着いたが

部屋の電気がついてなかったので

まだ帰ってきていないと思った。

しかたなく、合鍵で入って

彼女の部屋で待とうと思った。

彼女の部屋のドアを開けると

「あ、あ~ん」

と喘ぎ声が聞こえてきた。

俺は全身が硬直して動けなかった。

その間に男が何かボソボソと言うと

彼女は「オマ○コ気持ちいい!」

と連呼しだした。

俺はその言葉で涙が出てきて

どうしていいのか分からなくなった。

もうだめだ

と思って俺は

彼女の部屋のドアを閉めて立ち去った。

帰り道の途中で彼女の

アパートのカギを返そうと思った。

合鍵をドアのポストに入れておこうと

思って彼女のアパートに引き返したんだ。

彼女の部屋の前までくると

二人の笑い声が聞こえてきた。

笑い声の途中に「あん、いやん」とか

エロ声も混じっている。

俺はエロい声よりも笑い声を

聞いたとたん物凄い怒りがこみ上げてきた。

その時また泣いていたと思う。

俺は完全に切れて

部屋のドアを開けると中に入って行った。

部屋の明かりをつけると、

2人は素っ裸で抱き合ってた。

2人は驚いて俺の存在に

気付いたが抱き合ったまま硬直してる。

でもすぐ彼女が男を突き飛ばすと

俺に駆け寄ってきた。

彼女は俺にすがりつきながら何度も

「ごめんなさい、ごめんなさい」

て謝ってきた。

相手の男は元彼だとばかり思ってたが、

俺の知らない顔だった。

その男は慌てて服を着てた。

男は服を着ると

「お前誰だよ?こいつの彼氏?」

なんて言って来た。

俺は「違うよ」て言うと、

彼女は泣きながら

「そう!彼!彼氏でしょ?」

ていうから俺は「もう彼氏じゃない」と答えた。

男は「じゃぁ出てけよ!」とすごんできた。

彼女は「出てかないで!帰らないで!」

と相変わらず、すがり付いてくる。

その様子を見た男は

「何だよ、お前彼氏かよ、

N(彼女の名前)から誘ってきたんだぞ」

それを聞いて彼女は

「違う!違うよ」

って何度も同じ事を言っていた。

男は彼女の部屋から

立ち去ろうとして俺の方に向かってきた。

そのときに俺にしがみついてる

彼女にドンとぶつかって

「どけよ、ヤリマン女」

て言ったんだ。

俺は彼女を振り払うと、

そいつに掴みかかって思いっきり投げた。

ドガーン!!とものすごい音がして、

アパート全体が揺れた感じがした。

その男はグッタリとして、うんうん唸っていた。

俺は帰ろうとして部屋から出て行こうとすると

彼女が「帰らないで!」と言いながら

俺の腕を引っ張ってきた。

それ振り切って外にでると、

アパートの住人が何事かと部屋から出てきていた。

俺は無視して部屋から出ると、

なんと彼女は素っ裸のままで俺の後を追いかけてくる。

それを見た住人が

「大丈夫ですか?」て声を掛けてきた。

さすがにまずいと思って

「スンマセン、大丈夫です」

と謝って、彼女と部屋に戻って

とりあえず服を着るように言った。

部屋に戻ると男はうずくまって、

相変わらずうんうん唸っていた。

床を見ると叩きつけられた衝撃で、

フローリングが割れていた。

さすがに(ちょっとやりすぎたかな・・)と思ったが

男が「すいませんでした」と泣きながら謝ってきたので、

「まぁいいか」と思って男と話始めた。

その男は彼女と同じ学部で

前から知り合いだったそうだ。

飲んでたら勢いでこうなったと言っていた。

彼女とは別れるつもりだったので、

そんなことはどうでも良いと思っていたが

男が一人で話し続けているので聞いていたんだ。

その間彼女はずっと泣きながら

「ごめんなさい、ごめんなさい」の繰り返しで

うんざり

外の住人が落ち着いた感じがした頃、

俺は部屋を出ようとすると、彼女が

「何でもするから帰らないで!」

と言うので

「じゃぁ明日アパートの住人に謝っとけ!」

と言って帰るが、

泣きながら彼女も一緒に後を付いてくる。

俺は無視して自分のアパートに

戻って部屋に入ろうとすると、

彼女も中に入ろうとする。

俺は

「お前はもう彼女でも何でもないから近寄るな!」

と言ったが彼女は言う事を聞かなかった。

近所迷惑になると思ったので

仕方なく部屋に入れたんだ。

そしたら彼女は勝手に事の経緯を話し出したが、

俺にはもうどうでも良かった。

それから数日後、

部室に行くため学校のメインストリートを歩いていると、

例の男が声を掛けてきた。

3人の仲間と一緒だった。

男が「この間はどうも」と言うので、

俺も「ああ、どうも」と返した。

すると仲間の1人が

「こいつ?全然強そうじゃないな」

と俺の事を言っている。

俺は身長170cmで73Kg級なので

強そうには見られない。

彼らは4人なので気が大きくなっているのか、

俺の肩を突いたりしてきた。

俺は頭に来たが、部活の監督から

「絶対に喧嘩はするな!」

とキツク言われていたので

何とか我慢して立ち去った。

すると例の男が

「お前の女、緩過ぎて全然よくなかったぞw」

と言って来た。

俺は頭に来たが無視する事にした。

俺は部室に着くと4人に

絡まれた事に腹が立ってしょうがなかった。

4対1で勝てるかな?とか

4人とも素人だったら平気だよな?とか

いやいや、いくら素人でも4人は無理だろ。

とかどうでもいい事を考えていた。

しばらくすると、例の男の

「お前の女、緩過ぎて全然よくなかったぞw」

という言葉に

何で頭に来たのかと考え始めた。

あんなに裏切られても

まだ彼女の事が好きなんだろうか?

でももう彼女と付き合っていくのは疲れた

何日もそんな風に悩んでいると

部活の監督から呼び出された。

彼女のアパートで男を叩き付けた件だった。

監督は薄々ではあるが痴話喧嘩(?)が

原因だと知っていたようだ。

監督は全て話せと言ったが、

恥をさらすようで中々切り出せなかったが、

しばらく説得されると話だした。

全て話すと監督は

「分かった。穏便に事が進むようにするから任せとけ」

と言ってくれて、

相談にも乗ってくれた。

こってりと絞られて、

しばらく試合にも出させてもらえなくなったが。

監督が言うには

「辛いこともあるだろうが乗り越えろ、

何のための辛い練習だと思ってる?

練習は身体を鍛える為じゃなく、

こういう試練を乗り越えるための訓練だろ?」

なんて事を言われたよ。

それから

「男としての度量を持てと」

とも

その話を聞いて俺は悩んでしまった。

まだ俺は彼女の事が好きなんだろうか?

そんな気持ちを確かめたくて

俺は散々悩んだが彼女と話をしてみることにした。

彼女の番号はケータイから削除しちゃってたから、

学校で彼女を探した。

30分くらい探すと彼女は

売店の本屋で立ち読みをしていた。

俺が彼女に声を掛けると、

彼女は突然泣き出してしまったがとりあえず落ち着かせた。

そして学食のラウンジで話すことにした。

彼女は何度も謝りながら元の関係に戻りたいといった。

俺も彼女の顔を見て話しているうちに

「もう一度だけ信じてみよう」と思い始めていた。

でもやっぱり裏切られるのはつらいし、

俺は彼女の事を疑い続けながら付き合うことになる。

その事を話すと、彼女は

「それでもいい信頼を取り戻してみせる」と言った。

俺と彼女はとりあえずよりを戻した形になり、

前回のときと同様に彼女は俺の練習を見学して、

一緒に俺のアパートに帰る。

ケータイも俺以外のメモリーは全て消去していた。

サークルも辞め、そして飲み会には一切参加しなくなった。

そんな彼女を見て俺は

彼女が気の毒(?)になってきていた。

だって、俺がここまで拘束する権利はないし、

彼女も辛いだろうと思ったんだ。

それにセックルは一切しなかった。

というよりする気になれなかった。

その事を彼女に話すと

「ううん、好きでやってるんだから全然辛くないよ」

という。

それでもまだ、

前のように信用することは出来なかった

そんなある日、俺は自分のアパートで

オナヌーしてたんだ。

そしたら講義が終わった

彼女が俺のアパートにやって来た。

俺はオナヌーを中断して彼女を部屋に入れた。

すると彼女は俺のエロ本を見つけて、

半泣きになりながら

「もう私じゃ無理なのかなぁ?」

俺が何も言えずにいると

彼女が俺のジャージを脱がし始めた。

俺はオナヌーの途中だったからなのか、

彼女の好きにさせてみた。

彼女は俺のポコチンを出すとフェラを始めた。

俺のポコはすぐにおっきくなった。

久しぶりのフェラだったから彼女の

「ん、んっ・・」

っていう声を聞いくとすぐ逝ってしまった。

彼女は涙目でうれしそうに

「よかった

まだ私でも気持ちよくなってくれるんだね」

俺は何て言って良いのか分からず

「そうだな」としかいえなかった。

それからは毎日彼女はフェラをしたが、

俺はセックルまでする気にはなれずにいた。

だがある日、俺の部屋で彼女と飯を食って話していると

彼女のミニスカートの奥からパンツが見えた。

俺は突然興奮して彼女を押し倒したよ。

最初彼女はびっくりしてたけど、

全く抵抗はしなかった。

俺がキスをすると彼女は泣き出した。

「嫌なの?」

と聞くと

「ううん、違う・・うれしくて」

そのとき俺は

(俺はこの女の事が好きなんだ)と確信した。

彼女を脱がしながら乳首や

マムコを愛撫していった。

彼女は緊張しながらも

「あ、あん」

と感じてるみたいだった。

しばらく続けると彼女は

グチョグチョに濡れていた。

俺が「気持ちいい?」と聞くと

「うん、あん、、おまんこ気持ちいい」

セックルしていた時は、

彼女はいつもこの台詞を言っていた。

でもその言葉で俺は、彼女と男がやっている

光景を思い出して急に萎えた。

俺が萎えたことに気付いた彼女は

「どうしたの?やっぱり私じゃダメかなぁ」

と聞いてきた。

彼女が男とやっているときに

「おまんこ気持ちいい」

と言てた事を思い出したことを伝えると

「お願い!許して・・もうあんな事は絶対しないから!」

と言いながら萎えた

俺のポコチンをじゃぶり倒してきた。

初めはなかなか立たなかったが、

段々モッキしてきた。

すると彼女は「お願い・・入れて」

と言いながら自分から跨ってきた。

俺がゴムをつけようとすると彼女は「このままして」というので

ためらったが結局生ですることになった。

相変わらず生は気持ちよかったが、

なかなか逝くことは出来ず、この日は途中で終了した。

それからは時々セックルはしてみたが逝けないかった。

ある日彼女が学校で歩いているところを

見かけたので声を掛けようとすると、

他の男が彼女に声を掛けた。

俺は緊張したて成り行きを見ることにした。

すると少し話したあとあっさりと別れた。

俺は彼女に近づいて「誰?」と聞くと

サークルに入ってた時の後輩だという。

なんでか俺はジェラシーでおかしくなりそうになり、

彼女をアパートまで連れて行って。

「今すぐ裸になれよ」

と言うと彼女は

「え、、なに?うん。わかった」

彼女は全裸になって俺を見ている。

彼女の裸を見て俺はモッキしていて、

いきなり彼女に挿入したんだ。

はじめ彼女は痛がっていたが、

すぐに

「ああ、うれしい~あん」

て感じ始めた。

興奮していた俺は「出すぞ!」というと

「え、私で逝ってくれるの?

来て、お願い」

と泣きながらしがみ付いて来た。

限界になった俺はポコチンを抜くと

彼女の腹にザーメンを出した。

彼女は何度も

「うれしい、よかった」

と泣いていた。

それから少しだったが、

彼女との間も元通りになっていって

セックルでも逝けるようになっていった。

大学卒業後は別々の会社に就職したが、関係も続いて

彼女とは2年前に結婚した。

妻はもう30過ぎのおばさんだが

今でも浮気の心配はしている

いつかまた他の男に寝取られるんじゃないかと思うと

長年連れ添った妻だが

乱暴に抱きたくなってしまう




PAGE TOP