私が経験した人妻との寝取り中出し体験


この夏、私が経験した人妻と寝取り中出しを投稿します。
S市へ単身赴任して早5年仕事もまぁまぁで休日やる事もなくマンションの町内会の行事などボランティア活動をしています。その町内会で活動しているうちにいろんなお宅の奥さんと交流していますが、他人の物ほど良く見える私。
行事の度に妖艶でセクシーな人妻マダムさん達の豊満なボディを見定めておりました。
そしてチャンスは巡ってきたのです。
先日、町内会の夏祭りがありました。
いつも同じ町内会で気になっていた鈴木さんの奥さん恵子さん、川原亜矢子にそっくりの美人マダムが浴衣姿でネッチョリと大きなお尻をくねらせて祭り会場へとあらわれました。

それとなく「こんばんわ!」と声を掛けると「あら、どうも。今日は主人が子供たちとキャンプなの。私、アウトドア虫が嫌だから行かなかったの」と言うので、
「じゃぁ奥さん、今夜はボクと同じで独り身ですね。一緒に夜店でも覗きませんか?」
と誘い神社の方へ二人で歩きました。

夜風と共にお風呂上りの奥さんのイイ香りにゾクッとしました。
途中、ビールを買いベンチで乾杯。
奥さん浴衣姿にビールがとてもイイ感じです。

そこで私、奥さんに思い切って、
「奥さん、川原亜矢子さんにそっくりですね。とても前から気になってました」
と告白すると「いやぁぁぁんっ!そんなこと無いわヨ」とまんざらではないそぶり。

次々とアルコールを勧め小1時間で酔っ払わせ、神社の離れた薄暗い林に誘い出し奥さんをいきなり抱きしめました。

ソッと唇を奪うと抵抗はしません。
奥さんを木に手をつかせ、私は浴衣の裾から手を差し入れ、後ろからオマンコを触りました。


奥さんすでにグチュグチュです。
「ンンッッ、クハッッ!」と声を押し殺して祭り太鼓を遠くに聞きながら悶え声を出して恍惚の表情です。

前向きにしゃがませ私の太くて固くなったオチンチンを顔前にそそり立てると「うわぁっ凄いっ!」と言いつつむしゃぶりつきました。
さすが人妻、おしゃぶるも上手い上手い。

金玉までしゃぶるスケベさに頭をつかんで喉の奥までオチンチンをグイッと差し込むと「グエッェッエッツ!」
と涙とヨダレをたらして悦びます。

また木に手を添えさせて浴衣を後ろからまくり、パンティを取りさって一気にバックからブチ込みました。
デカイ尻からクチュックチュッと音をだして、肉汁が太ももまで濡らすのがわかります。

「クハッ!イイィィ~!ハァハァッッ」
と薄茶のロングな巻き髪を振り乱してガチイキ。
奥さんここが神聖な神社の境内だというのも忘れ果てて感じまくっていました。

やがて木にしがみついていた奥さん、私のピストンで「ハッ、ヒッィィィィッ!」と地面に這いつくばりましたがもう攻撃は止められません。
こんなチャンスは滅多にナイと私は攻めまくりました。

林の中で奥さんを全裸にし、後ろから大きな桃尻を抱えながらケツ穴に指を深く挿入しながら、激しくピストンすると「グォォォォォッ、イッ、イグゥゥッ!」と川原亜矢子似の奥さん、雄たけびを上げてガチイキ果てました。

そして私は子宮の奥底に溜まりにたまった精子を大量に放出!
月夜に照らし出された奥さんの下半身はネッチョリと濡れ光っていました。

それ以来、この奥さん町内会の行事によく参加してくれて、ついでに私におねだりしています。


PAGE TOP