酔ってたんだもん…抵抗出来なかったんだもん…


俺 当時20 大学生

細身。女友達数人いわく可愛い系

元カノ(M) 当時20 大学生

有名人とか知らんから誰に似てるとかは分からない

見た目はそれなりに可愛いが、頭が悪くて喋るとただの馬鹿

高校時代の同級生で、当時の他の友達にもさっさと付き合え、

と言われ続け、大学2年の時に付き合い始めた。

きっかけは別々の大学に行ってほとんど会う機会が無くなって

寂しさを互いに感じてたから。

基本的に俺の方が授業終わるのが早かったため、

Mの大学の方まで足を運び、

向こうの友達数人と一緒に飯食いにいったりして遊んでいた。

2人きりで会ってたのは日曜と祝日くらいだったかな。

付き合い始めて半年くらい経った頃に、Mの大学の学祭があり、

高校時代の友達と5人で遊びに行った。

他の4人はさっさと帰ったが、

俺はMが帰れるまで近所で時間を潰して待っていたのが学祭1日目。

2日目は終わったあとに打ち上げがある、

とのことで待ってても無意味だろうと思い昼間に会いに行っただけだった。

後から後悔したんだが、この選択が間違いだった。

風呂から上がった後、Mの大学の友達のAからメールが入っていることに気付いた。

ちょうど風呂に入ってる頃にメールが来たようで、内容は

「電車無くなりそうだから酔い潰れたMを

S(Mの大学の男友達)に預けたから迎えにいってあげて」

とのこと。Aを含む俺の知ってる人数人は全員Mとは逆方向に帰り、

Sだけ同じ方向なのは知っていた。

「とりあえずSの連絡先知らないからメアドだけでいいから教えて」

とAにメールし、上り電車が無くなりそうだったので急いで駅へと向かった。

途中でMとS両方にメールで連絡を取ろうとしたが、

酔い潰れてるMどころかSからも返信が無かった。

結局、終電ギリギリSの最寄駅で待ってみたけれど2人は現れず、

不安を抱えながら家に戻った。

翌日、俺は大学があったがMは学祭の振り替えで休日だったので、授業の合間に

授業が終わったら会いに行くからどこにいるか教えて、

とメールを送ったがMから返事は無し。

終わる頃になって、Sと一緒に○○に居るとメールが来た。

まだSと一緒にいるのか…と思いつつ○○に行くと2人揃って登場。

昨日何をしていたのかを問い質そうと思ったが、

何も無かったかもしれないからこの時点では聞かず、Mを連れて帰った。

で、地元についてMを家に帰す前に夕飯を食いに行った。

そこで唐突に、「昨日打ち上げの後Sと何してた?」

と問い質したが、Mは弁解することもなく俯くばかり。

「何をしてたんだ?」と再度聞くとMは泣き出し、

ごめんなさい、と小さく何度もつぶやき始めた。

さすがにその場では話したくないけど明日必ず話す、

と言ってきたのでその日は時間も遅かったしとりあえず家に帰した。

そして翌日、Mの大学なら2人だけで話せて

外から聞き耳を立ててもまず話は漏れない部屋があるので、

そこで話したい、と言われMの大学に行った。

話はまず、前日と同じく「ごめんなさい」から始まり、

「酔ってたしSに強引にされて抵抗できなかった」と続いたため、

「言い訳はいいから、何をしたのかさっさと話せ」と詰め寄った。

すると、気が付いたらホテルに居て、

服を脱がされた状態でSに後ろから抱かれる形で胸を揉まれていた。

驚いて「嫌だ、俺くんがいるから帰して」

と言ったらしいが、Sは気にせず続け、クリとアソコにも手を伸ばしてきた。

自分でも驚くくらい濡れていた、

けど本番はしたくなかったから夜と朝の2回だけフェラをして許して貰ったとのこと。

Mの話はここで終わったが、

これだけで判断したくなかった俺は昨日手に入れたメアドでSを呼び出した。

まだ大学内にいたようで、Sはすぐに俺たちのいる教室にやって来た。

俺はMから聞いた話をSに伝え、間違いがないか聞いたところ、

Sにはこの場じゃ話しにくいからPCのメッセアドレスを教えてくれ、と言われたので、

どうせフリメでやってるからいいか、と教えて帰宅。

帰宅してしばらくすると、Sからコンタクトが飛んできて、

「メールで詳細を送ったからそれを見て欲しい」と言われた。

そこにあったのはいくつかに分割されて圧縮されたムービーファイルだった。

Sはハメ撮りが好きらしく、

学祭のために持ってたデジカメがあったので、

Mが寝ている間に仕掛けて撮った物だという。

ムービーを見てみると、初めはMの言う通りの状況だったが、

フェラで一発抜いた後、Mの方から

「私も欲しくなって来ちゃった…」と、

自分からSを誘うような発言が。そしてSが手マンしながら

「俺くんがいるから嫌だって言ってたけどいいの?」

と聞かれるも「ダメだけど我慢出来ないの…」

と、自分からSを押し倒し、ゴムを付けさせて騎乗位で挿入。

激しく喘ぎながら腰を振るM、下から突き上げるS。

Mが疲れた様子を見せたところでSが体位を変え、

バックでMを突きはじめる。

途中で身体を支えてた腕に力が入らなくなったのかMが崩れて、

顔を枕に埋めながら喘いでいた。

最後は正常位でフィニッシュ。Mが言っていた

「フェラで2発」ではなくて「フェラと本番で2発」だったようだった。

そのあともしばらくムービーは続き、

「俺くんに何て言い訳するの?俺はちゃんといいのか聞いたけど欲しいって言ったのはMちゃんだよ?」

と聞かれ、「俺くん鈍いから言わなきゃ大丈夫だよー」とかほざくM。

確かに俺は鈍いが、鈍い以上に心配性なんだよ。

お前のことが心配で終電まで待ってたんだよ。

男に連れられて帰ったはずが連絡もつかないし、

大学生+飲み+潰れた女+連れて帰る男とかもうフラグ立ちまくりじゃねーか、

疑わないはずないだろ。

と思いつつ、Sにこれ以外に朝フェラしてもらった、

むしろ起きたらMが咥えてた、との話を聞いてからMに電話をかける。

もう寝ようとしていたようで、

凄く眠そうな声でそれが可愛いと思ってしまったが、覚悟を決して

「帰ってからSから話を聞いた」と言うと、

急に怯えた声になって、

「な、なんて言ってたの?」とか聞いてくるから、

「お前、フェラ2回だけとか言ってたけどばっちり本番してたみたいじゃん。

しかも朝は自分から寝てるSのを咥えたらしいし。何で嘘ついたん?」

と言うと、「ごめんなさい!ごめんなさい!」と、

今までみたいにつぶやくような感じじゃなく本気で謝ってきた。

「ごめんなさいごめんなさいって、

お前本気で謝ったら許して貰えると思ってる?

俺がどういう気持ちであの夜家に帰ったと思う?

鈍いから大丈夫とかふざけたこと抜かすくらいだから

本気で謝るつもりもないんだろ?」

と、普段は感情をあまり表に出さない俺も

さすがに言ってるうちにカッとなって語勢が強くなってしまった。

Mの泣き声が途端に聞こえなくなり、

どうも普段怒らない俺が本気で怒ってるのを感じたせいか固まってるようだった。

そのまま十数秒くらい経って、ようやくMが口を開いた。

「だって、酔ってたんだもん…抵抗出来なかったんだもん…」

とか、また嘘をついたので

「ふーん、私も欲しくなって来ちゃった、って抵抗出来なくて言う言葉なんだ?」

って言ったら今度はガチで泣き始めたみたいで、

しばらく電話口からは嗚咽だけが聞こえてた。

「電話代の無駄だからそろそろ切るけど、

酔ってセックスしただけでも正直許せないけど、

それ以上に何度も嘘をついて

ごまかそうとするようなやつと付き合ってくつもりないから。じゃあね。」

とだけ言って電話を切った。

その日のうちは電話は来なくて、

ただ「ごめんなさい、もう飲みになんていかないから許して下さい」

ってメールが来ただけ。

次の日から電話やメールがウザかったけど、

電話で中学の頃振りにキレてすっきりしたせいか

なんかそれが面白くて着拒とかせずにそのまま放置してた。

ただ、どうも一緒に学祭に行った高校の時の友達の内の女友達に、

「俺くんが確証もないのに私が浮気したって言って一方的に振られた」

みたいな話をしたらしく、

詳しく聞かせろと言ってきたからSに貰ったムービーをそのまま送りつけた。

その友達は俺と違って優しいからMとまだ友達として普通に付き合ってるが、

さすがにムービーを見た直後にMを呼び出して

数時間に渡って説教、勘違いしたことを俺に謝罪してきた。

まあMを説教するときにあのムービーを見せちゃったらしく、

Mはそれ以来彼氏がいると気持ちよくなりたいときになれない、

と間違った方向に解釈したらしく、

彼氏は作らずセフレを数人作るビッチに成り下がった。

一応年に1回くらいは高校の友達と集まる関係で顔を合わせるんだが、

会う度に「彼氏みたいな人」

って言ってるのを見るとまだそんな状態は続いてるらしい。

以上です。

制裁は…強いていうなら友達に件のムービーを送りつけたことと

Mがビッチに成り下がったことくらいでしょうか。

もうこのときはMのことを好きとか全く思ってなかったけど、

それでもやっぱりこれ以上に何かをしようとは思わなかったです。

むしろ純愛専門のエロゲ厨でロマンチスト(笑)だった俺は

こんなやつとはもう関わりあいたくないって気持ちの方が

強かったからかもしれません。

良くある話だと思いますが、他の男と寝たって事実もショックですが、

それ以上にそれを隠すために何度も嘘をつかれたってことの方が辛かったです。

「嘘をつかれずに自白されたら許してたか?」

と聞かれるとやっぱり微妙なところですが。


PAGE TOP