調教され淫乱になった妻と同時に私も妻の中に逝きました


私(45歳)、妻(理恵・39歳)の夫婦です。

妻に私の願望(寝取られ)を説得すること1年・・・

ようやく少しだけ理解してくれました。

妻は私以外の男を知りません。

なので、初めての男性は慎重に選ばなくてはなりません。

まったく知らない男性は『怖い』と言うことで

私の友人の中から選ぶことになったのです。

ベットの中で妻に聞いてみます。

「Aはどうだい?」

「Aさんはよく家に遊びにいらっしゃるから・・それに奥様もよく知ってるし・・・」

「Bだったらどうだ?」

「Bさん?・・・Bさんも奥様を知ってるわよ・・・」

その時、学生時代からの友人の高橋を思いだしたのです。

妻と2~3度は会っているし×1だから誰にも迷惑はかかりません。

高橋は浮気が原因で離婚したそうで昔から女好きでした。

高橋なら私の話しを理解してくれそうです。

「理恵・・・高橋はどうかな?」

「高橋さん?・・・」

お互いの身体を愛撫しながら話しは続きます。

「離婚する前に酒を飲んだ時に『何人かの人妻と付き合っている』って言ってたよ。」

「そうなの・・・結構、遊んでるのね」

妻は感じてくると自分からフェラしてきます。

この時も自分から私の肉棒を咥えてきました。

いつもより激しいフェラに続いて騎上位で自分から挿入したのでした。

「理恵・・・どうしたんだい?」

「パパが、Hな話しをするから・・・欲しくなったの・・・」

「話しだけじゃない・・・理恵は高橋とセックスするんだよ」

「・・・本当に?・・・」

「ああ・・・本当さ・・・」

私の上で激しく腰を振りながら妻は高橋とのセックスを思い浮べているようです。

「アッ・・・アッ・・・アアア~高橋さんとこんなことするの~」

私も下から妻を突き上げ腰を振ります。

「高橋とセックスするんだ・・・いいな、理恵」

「・・・セックスする・・・高橋さんとセックスする・・・アッ・・・アッ・・・パパ・・・イクッ・・・パパ・・・イッちゃう・・・イクッ・・・イクッ・・・アアアアアアアアッ・・・」

妻と同時に妻の中に私も果てました。

ベットの中でまだ舌を絡ませたキスをしていると・・・

「・・・パパ・・・お願いがあるの・・・あのね・・・パパの願望通りするけど・・・パパに見られるのは恥ずかしい・・・家でってのもイヤなの・・・」

私の願望をかなえてくれる妻の要望を受け入れるしかありません。

「本当は・・・セックスしてる理恵を見たいけどしかたない・・・そのかわり帰ったら話し聞かせてくれよ・・・」

「パパ・・・ごめんね」

「いいさ・・・明日でも高橋と連絡をとってみる」

翌日、高橋と連絡をとってお互いの都合のいい水曜日の夜に会うことになりました。

水曜の夜、待ち合わせ場所の個室のある居酒屋に行くと先に高橋が来ていました。

『久し振り』の挨拶を交わしてお互いの近況報告です。

「ところで・・・話しって?」

「いや・・・実は・・・」

事情を話すと高橋は『うん・・・うん・・・』と話しを聞いてくれました。

「とうとう。おまえも『寝取られ』デビューか・・・」

「ああ・・・目覚めてな」

「夫婦も長くなってくるとマンネリになってくるからなぁ。実は俺も元嫁に同じ様な事をさせていたんだ。3Pからスワップ・乱交もさせていたよ。

今回の件で俺に声をかけてくれて光栄だよ。理恵ちゃんは美人だしスタイルもいいから楽しみだ。二人の気持ちが変わらないうちに、今週末はどうだい?」

「別に予定はないけど・・・理恵に聞いてみるよ」

「そうしてくれ・・・パイプカットしているからゴム無しでいいよな?中出しはしないから・・・どうせ、帰ったらするんだろ?」

土曜日の午後、近所にある妻の実家に子供達を日曜の夜まで預かってもらうために連れていきました。

約束の時間は6時です。

家に着くとシャワーを済ませた妻が念入りに化粧しているとこでした。

「パパ・・・本当に高橋さんに会うの?」

「約束したからな・・・今日は帰りの時間をきにしなくていいから・・・」

「パパ・・・怖い・・・」

私に抱きついてきました。

「・・・大丈夫だよ・・・」

待ち合わせ場所まで妻を送って行くと、先に高橋の車が停まっています。

高橋の車の横に駐車し、妻を送り出しました。

妻は高橋の車のドアを開け二言三言言葉をかわして乗り込みました。

二人の乗った車を見送った私は自宅に戻り妻からの連絡を待つしかありません。

8時過ぎに高橋からのメールです。『食事を済ませてラブホに入った。今、理恵ちゃんはシャワー中。

部屋からお風呂が丸見えだけど・・・』妻のシャワーを浴びている写メが添付されていました。

もう少しすると妻は高橋に抱かれると思うと落ち着いた気持ちになどなれません。

それから2時間が過ぎても3時間が過ぎても連絡はありません。

日付が替わった午前2時過ぎに妻からのメールで『これから帰ります』と連絡があっただけでした。

マンションのベランダから下の道を見下ろしていると、隣の公園の前で高橋の車が停まりました。

ハザードを点けてはいるのですが15分経っても妻は降りてきません。

30分過ぎてようやくドアを開けて妻が降りてきました。

妻がマンションに向って歩いてきます。

私はベットにもぐり込み寝た振りをして妻を待ちました。

寝室のドアが開いて妻が入ってきました。

私を覗き込むと黙って裸になってベットに入ってきました。

狸寝入りを続ける私の肉棒に手を伸ばして咥えてきました。

激しいフェラに目覚めた振りをします。

「あっ・・・理恵・・・帰ってきたの?」

「・・・ただいま・・・」

フェラを続けながら答えます。

「どうだった?」

「・・・凄かったわ・・・あんなに逝ったの初めて・・・何十回も逝かされちゃった・・・」

「隣の公園の前でなにしてたの?」

「・・・パパ・・・見てたの?」

「30分も降りてこないから・・・」

「・・・あのね・・・車の中で高橋さんのオチンチンを咥えてバイブで逝かされたの・・・『次に会うまで毎日、オナニーするように・・・』って、バイブをプレゼントされちゃった・・・ねぇ~パパ・・・乗っていい?」

妻は騎上位で私の肉棒を飲み込みました。

「あっ~パパのオチンチンだぁ」

「高橋のはどうだった?どっちが大きい?」

「・・・高橋さんかな?・・・だって、手術して太く長くしたんだって・・・亀頭にも3個の玉を入れてるし・・・パイプカットする時にしたんだって・・・最初に入れられる時、怖かったもの・・・

入れたら凄っく気持ちいいの・・・出し入れするだけであんなに連続で逝ったの初めて・・・パパ、ありがとう」

「また高橋とセックスしたい?」

「パパが許してくれたら・・・セックスしたいの・・・」

「していいよ」

「パパ・・・ありがとう・・・アッ・・・アン・・・これ当てていい?」

騎上位で激しく腰を振りながらクリトリスにピンクのローターを当ててきました。

「アァァァァ~気持ちいいよぉ~あっ、高橋さんに電話しなきゃ・・・」

腰を振りながら枕元の携帯に手を伸ばしました。

「パパ・・・高橋さんがセックス中に電話しろって・・・『・・・・・・・・もしもし・・・理恵です・・・はい・・・はい・・・パパの上で腰を振ってます・・・はい・・・ローターも使ってます・・・アッ・・・アッ・・・気持ちいいです・・・エッ~言うんですか?』パパ・・・高橋さんがね・・・御主人様って言えって・・・いいかな?」

「高橋が理恵のHの先生なんだからいいんじゃない」

「じゃぁ、高橋さんのこと御主人様って呼ぶね、『・・・御主人様・・・はい・・・もうイキそうです・・・はい・・・アッ・・・アッ・・・イク・・・イク・・・イッちゃうぅぅぅぅぅぅぅぅ・・・御主人様ぁぁぁぁぁぁぁ・・・はい・・・イキました。続けて言うんですね。・・・はい・・・私、〇〇理恵は・・・御主人様に・・・調教して・・・頂いて・・・淫乱な・・・性奴になって・・・パパに・・・喜んで・・・もらいます・・・アアッ・・・また・・・逝きそうです・・・御主人様ぁ・・・逝っていいですか?・・・・イク・・・イク・・・また、逝っちゃうぅぅぅぅぅぅぅぅ~」

妻と同時に私も妻の中に逝きました。

たった、一夜で高橋は妻を淫乱な女に変えてしまったのです。

妻と高橋のセックスを覗いて見たくなりました。


PAGE TOP