奥まで激しく突くと絶叫みたいな喘ぎ声を響かすwww


ゼミで仲良くなって、

映画とかそこらへんのカップルがしてるような

デートするようになった女の子がいた。

面倒だからここでは綾とする。

綾は彼氏持ちだけど、

彼氏が公務員の勉強だかで忙しいらしく、

あんまり会えなくて寂しい、みたいな事を言っていた。

4回目くらいのデートで、

俺のバイクでどこか行こうって話になった。

とは言っても片道1時間くらいの距離だけど。

季節が夏だったから、お互い肌の露出が多かった。

最初は意識してなかったけど、

ブレーキの度に肌が触れ合う感じがエロかった。

適当にブラブラして映画を観て、出た時にはもう夕飯時。

で、俺ん家の近くの飲み放題格安店で飲みまくって綾が完全に酔っ払った。

終電までに酔いを覚ますため、ひとまず俺ん家に。

2人掛けソファに座ってTV観てたら、綾が俺の膝の上に倒れてきた。

酔ってるから仕方ないかと、適当に放置。

トイレに行きたくなって、トイレから帰ってくると、綾はソファに座ってる。

んで、再び俺が座ると綾が俺の膝に倒れてくる。

「なんで?」

「落ち着くから」

そのまま寝入った綾を起こそうと思い、体を揺らすと腕を握ってきた。

「どうした?甘えてんじゃないよ笑」

なんて言うと、少し間を置いて

「…甘えてもいい?」

と返答。

後々面倒だから自分から犯そうとは考えなかったけど、

これはイケる!と踏んだ俺は綾の体をひとまず起こして、

肩を組んで、こっちに引き寄せた。

綾を引き寄せ、綾の色白でわがままな体が絡み付いて来た。

「甘えていいの…?」

俺は軽く頷いて軽くキスすると、綾もそれに応える。

徐々に混ざり合う互いの舌…。

同時にブラのホック外して背中をまさぐっていると、綾が

「…前、触って」

とボソッと呟いた。

キスしながら、綾の喘ぎが始まる。

服を捲って露わになった胸を見て、

「舐めてほしい?」

と聞くと、綾が静かに頷く。

乳首を周回するように舐め回していると、綾の呼吸が乱れていくのが分かる。

綾がズボンを脱ぎ始めた。

綾の手は俺の左手を陰部に案内する。

優しく弄り出す左手…。

綾の口から唾液が垂れる。

俺は机の上にあったお茶を口に含み、綾の口に無理矢理流し込む。

ゴクゴク…と美味しそうな喉の音に興奮する。

急に綾が俺の手をどけて

「…脱いで」

と言う。

言われるがままズボンとパンツを脱ぎ、綾が俺のモノを舐め始めた。

「おっきい…」

俺は綾をソファから下ろし、正面から舐めるように指示。

すると

「…もう入れてよ」

と言う。

俺は綾をベットに倒し、キスをした。

手でしごき続ける綾。

ゴムを出そうとベット上の棚をガサゴソしてると、

綾は俺の固くなった部分を必死に舐めようとしている。

すぐさまゴムを着けて綾の足を開き、入れる。

「はぁあぁ…」

目を閉じ、感じている。

その後対面座位に移行すると、

「もっとぉ…もっとやってよ…」

と言いながら綾の動きが加速。

すげー濡れてくのが分かった。

太ももの付け根の辺りがビショビショだったし。

色んな体位を試しながら、最後は正常位でってイキそうになってた。

「そろそろヤバいかも…」

と言うと、

「もっと、奥までやってよ…奥まで突いてよぉ…」

と汗だくになって懇願してくる。

足を目一杯開かせて、奥まで激しく突くと、

綾が絶叫みたいな喘ぎ声を響かす。

俺が逝ったのを悟ると、強く抱き締められて、

口の中をペロペロ舐めてくる。

「いいのかよ、こんな事して」

「いいよ…したかったから。

気持ち良かったし…」

ゼミのメンツにはもちろん内緒。

綾とのエッチはなぜかそれっきり。

(俺がビビってるだけかもしれないけど)


PAGE TOP