母さん!僕まただよ!ビクンビクンてなるよ!


過去のトラウマです。
中1の夏休みでした。実家は群馬県のM市はずれ片田舎の広い農家です。たぶん夜中2時ころだったかもしれません。寝苦しさで目を覚ますと、廊下の向こうで苦しそうなうめき声のようなものが聞こえていました。
寝ぼけていたのではっきりと聞き取れませんでしたが、声の主はL字の廊下の突き当たりの母親の部屋からもれているようでした。
昔のふすまは薄い障子紙でしたので抜き足差し足で近づくと、まさに間違いなく母親のうめき声が漏れていました。
最初「うぅん・・。うぅん。」と苦しそうな感じでしたが、なぜか本能的に「自分を気づかせてはいけない」と感じて、しばらくじりじりとして聞き入っていました。
そのときはわかりませんでしたが、母は自慰をしていたのです。
不思議と母の体を心配することよりむしろ声が変化してゆくのをじっと盗み聞くような不思議な感覚でした。

今思えば、6年生の真冬、農作業中脳溢血で父が突然の他界をし母の体はどうしても肉欲の満足できる男を求めていたのでしょう。
ふすまの隙間から漏れる薄暗い月明かりのなかで思春期のわたしには、あまりにも刺激の強い母の下着姿がうねっていました。

上半身は完全に乳房もあらわに右手で乳首をつかみ親指でこりこりと、ときには摘まむように・・。下着は年齢の割にはなにか水着のような縁取りが派手な飾りのついたものでした。
月明かりのせいか黄色に近い色だったような記憶ですが生地の色なんかより、太ももの間から染みでているところの濡れ具合に目が釘付けになりました。
意味がわかりませんでした。
ただ母が股の間を指で上下にさすると、眉間に苦しそうな表情をうかべ「うぅん。うぅん。」とうなります。

しばらく続けると下着の中へ自分の手を入れて女のおちんちんあたりを揉んでいるようでした。
自分はのどがカラカラに渇き、ふと気づくと自分のペニスがおなかの辺りまでおっ立って、皮の先のピンクの実がでていました。
ちょうどパンツのゴムに実があたり痛いんですが、なぜかパンツの生地でそこをこすると気持ちよく、母の白い体と下着の張り付いた割れ目を見ながら本能的にこすり続けました。

すると突然ツーンとするような頭を突き抜ける感覚と同時に両足のつま先までがピーンとつるような感覚になり、次の瞬間・・・ビュクッビュクッ。と痙攣と律動が繰り返しました。

初めての射精でした。
わたしはさすがにびっくりして「助けて母さん!」と叫んでふすまを開けて母に抱きつきました。
母は動転し、「りょう! 何してんの。こんな遅く!」次の瞬間、私のベトベトした精液の匂いに気づき、
「!!りょうちゃん?もしかして・・」
「ああ・・やっぱり・・大人になったんだねぇ」

わたしは何がなんだかわからず母に抱かれながら母の女のいい匂いに包まれつつ、またしても乳房の感触でペニスがコチコチになりつつあるのを気づかれまいとしました。
しかし数分前まで自慰をしていた母もむせぶ精液の匂いには敏感で、
「りょう。何してた?いってごらん。怖がることはないよ。」
と蛇に睨まれたかえる状態にされました。

わたしはとにかく先ほどの痙攣と白濁したウミのような液体におびえ自分がどんな怖い病気に冒されたと錯覚していました。
わら尾もつかむ思いで母に打ち明け、それと同時に母は「りょう。見てごらん」といい、自分の下着をおろすと、股間の陰毛をかき分けなくても一筋の割れ目がきれいに見えるほど毛が薄い薄い性器を見せてきたのです。

「ここにおちんちんを入れると気持ちよくなって、りょうがさっき出した精子がでて・・母さんのここに当たると母さんも気持ちよくなってね。そうすると子供ができるの」
わたしは母の裸に・・というか割れ目を目の当たりにして心臓が止まるほどドキドキ
していて、ペニスの勃起も最大となり我慢できませんでした。

次の瞬間母にしがみついてゆきました。
本能はペニスを母の腰あたりをこすりつけ、ひくひくと前後に・・まるで犬のさかりのようです。
母は笑いながら、
「りょうちゃんやめてっよっ!くすぐったいじゃない。ちゃんとやって!」

わたしは喉がカラカラでしたがもう何も回りは見えていません。
母の下ろした下着に割って入り、太ももと太ももの間にペニスを押し付けました。
「りょうちゃん。んっ。んっ。」
母は私の細い腰を抱き、自分でひきつけます。大人の力を感じました。

おっ立って皮のむけたペニスの先端を母は優しく握って、割れ目に導きました。
若くて立つ角度が鋭すぎてうまく入りません。
なお母はわらいながら「りょう。ちゃんとして。ここに入れるの。ここ。」母は割れ目を浮かしながら開いています。

「くすぐったいよ。りょう」
何度かこすり付けると、とうとう母の割れ目に入りました。
気持ちよくなるので思い切り押し付けると母は、
「あっ。りょう。いっ。いっ。いいっ。」
とさっきの割れ目を一人でこすっていたときの声に変わりました。

もう母から笑いは消えました。
「ああっ。りょう。てんで具合いいよ。りょう。もっと強く押していいよ。思いっきりだよ。ああ・・。」
わたしは狂ったように腰を前後に押し付け、汗びっしょりで母の乳房にむしゃぶりつきました。

「ああっりょう。どんなだえ。気持ちいいかい? ・・・・ああ・・かあさん今なら安全だよ。」
わたしはもう射精に向かっていました。
母のよがる顔を見るともうすぐまた「あの」瞬間がくるのがわかりました。
「母さん!僕まただよ!ビクンビクンてなるよ!ああっ。あっ!!」

びくっびゅくっ
瞬間母も、
「ああ! りょうのかい。ああ・・なんてあったかいんだい! りょう・・。今なら・・今ならたくさんだして大丈夫だよ!ああっ。いっ・・いっくっ!」
母もビクンビクンと揺れています。
わたしは自分のペニスが引っこ抜かれるような感覚を覚えながら母のオーガズムを感じました。

 母とはその後結婚直前まで関係していましたが、わたくしはすでに現在二児の父となり、なるべく過去を妻に感づかれたくないため、帰郷は盆と正月のみにしております。
もう時効ですよね。母さん。(マジ実話です・・)


PAGE TOP