「あっ••••あんっあっあっあっ•••」 と言ういやらしい声に興奮


あれは、僕が中3だった時の話です。

僕の家は共働きで、家はいつも僕1人でした。

ある日、仲のいい女子の、Nが家に遊びに来ました。

Nは結構おっぱいがでかくて、Eカップくらいありました。

Nも結構エロくつて、いつものように、すぐチンコを触ってきていました。

その日はちょうど、親が帰ってこれなくて、次の日が休日だつたので、Nが泊まりにきました。

そしてその夜、風呂に、一緒に入ろうと言ってきたので、一緒に入りました。

そこでNが、

「こんなにいい女が裸でいるのに、何もしなかったら損だよね~」

と言っておっぱいとマンコを見せてきて、僕のモノがギンギンになっているのを確認して、笑ってきたので、僕が、

「やってほしいならやってやる~」

と言い、即イレてやりました。
僕は童貞でしたが、うまくやれました。

腰を振るたびに、Nの、

「あっ••••あんっあっあっあっ•••」

と言ういやらしい声に興奮して、もっと激しく腰を振り、思いっきり中に出しました。

もの凄い快感で、死にそうなくらい気持ちよくて、風呂は、それで終わりました。

その後は、ベットでフェラをしてもらい、69でクンニ&フェラもして、パイズリもしてもらい、また、セックスをして、また中で出して、その日は、寝るまでしてました。

それからは、完全に付き合って、毎日ヤッてます。

さっきもしましたw

なのでもう、Nは完全に僕の物です。

Nは、もう、外でもいきなり抱きついてくるほど懐いてきて、僕もそんなNが大好きです。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP