ああ・・子宮に当たってる・・こんなすごいチンポ初めて・・


その女性を意識するようになったのは、中●に上がってからだった。

近所に住んでいた35、6歳のおばさんで、

その人の息子とはよく遊んでいた。

離婚をして父親が息子を連れていき、

その女性は一人で暮らすようになっていた。

20代にしか見えない素晴らしい美貌と豊満な肉体・・・名前は理香。

彼女を見たら、抱きたいと思わない男はいないだろう。

事実僕は、オナニーを通算500回以上はしていたと思う。

いったん始めると2度、3度と繰り返し、

終わるとベッドにはティッシュがいくつも散乱した状態になった。

中2の5月ころ、僕の成績がトップクラスだというのを聞いた彼女が、

息子の勉強について聞きたいことがあると声をかけてきたのが、

理香が一人の家に上がり込むきっかけになった。

勉強についての質問に答えながらも、

僕は服の上から想像される理香の肉体を思い浮かべずにはいられなかった。

お茶を飲みながら話していると、

少しずつ際どい話題も出てきた。

もう僕の股間は十分に反応していた。

そして理香が前かがみになって、

巨大な胸の谷間が目に入ってきた時

自分でも驚く言葉が出たのだった。

「僕・・・おばさんのことを考えて・・・毎日オナニーしてるんです・・・」

きまずい空気になった。

しかし、理香は僕の手を取って、

「ほんとう。ありがとう。嬉しいわ」

と言いながら、微笑んでくれた。

その日はそれだけだった。

しかし、少し吹っ切れた僕は相変わらずオナニーを繰り返しつつ、

何かと理由をつけては理香の家に行くようになった。

彼女の方も、その度に

僕が淫らな視線を送るのをさりげなく楽しんでいるようだった。

ある日まさにオナニーをしようとベッドに横たわった時、

理香から家に来ないかと電話があったのである。

「ねえ、ずっと私のこと思って・・・してるの?」

家の中で向かい合うなり、

理香が尋ねてきた。

その一言で股間はビンビンになり、

動悸が高鳴ってきた。

「うん・・・実はさっき電話かかってきた時、オナニーするところだったの・・・」

「まあ・・・」

理香は僕のそばに寄ると、

僕の肩や胸をさすり、

だんだんその手は下に降りて、

ついに股間をさすり始めたではないか。

「触るだけね。ねえ・・・ズボンも脱ぎましょう」

理香は僕を椅子から立たせると、

優しくズボンをおろしてくれた。

その時思いもよらず、

ピッチリしたズボンをはいていたため、

パンツも少しずれてしまい、

パンツの上の方に硬直したチンポがはみ出してしまった。

「!・・・そんな、こんなに・・・」

しばらく見つめていた理香。

次の瞬間、パンツをはぎ取るように降ろすと、

信じられないことを口走った。

「別れた夫のずいぶん大きかったのよ。でもきみの方が一回り大きいわ・・・素敵・・・ほんとにパンツの上から触るだけにしようと思ってたのに・・・こんなの見せられたらおかしくなっちゃうじゃない・・・食べちゃいたい・・・食べてあげるわ!」

理香の強烈なフェラが始まった。

1分ももたずに理香の口の中へ射精した。

それからは、夕方理香と連絡がつく日は、

家に行って口内射精をしてもらっていた。

そして1ヶ月くらい経った日、

その日もたっぷり口の中へ放ち、

それをゴクリと飲み干して理香が言った。

「次の日曜日の午後に来て。それまでオナニーしないで溜めておいて。」

その日までの3日間、

言われた通りオナニーをせず、

期待に胸をはずませて、

理香の家に行くと、

すぐに寝室に連れていかれた。

互いに裸になり、

理香の肉体を堪能し、

初めてクンニもした。

そして、ついに彼女が上になって、

チンポを跨いだ。

「ああ・・・すごいチンポ・・・ねえ、きみのチンポが今からあたしのオマンコに入るのよ。いい・・・」

僕はうなづいた。

次の瞬間、チンポはなんとも言えない温かな感覚に包まれて、

そして一気に根本まで理香の中に進入した。

すごい締め付け。

すぐにでも出してしまいそうだった。

しかし、理香が腰を動かしながら放った言葉に、

男として奮い立った。

「ああ・・・子宮に当たってる・・・こんなすごいチンポ初めて・・・中●生なんて思えない・・・こんな気持ちいいなんて・・・行きたくなったら中に出していいわよ」

5分・・・もっと経ったか。

でも、もうだめだと思った時、

「ぎゃあぁぁぁ・・・すごい!・・・おばさん行っちゃう!!いぐうぅぅ・・・いぐぅぅぅ・・・うわあぁぁぁ!」

その叫びと僕の射精が同時だった。

理香が倒れてきて重みを感じながら、

童貞でなくなった幸運と喜びをかみしめていた。

しかし、その後体位を変えながら僕たちは更に4回交わった。

いつの間にか眠りについた後、

僕はめくるめく快感とともに夕方目覚めた。

なんと先に起きていた理香がチンポをしゃぶっていたのである。

再び勢いを取り戻し、激しく抱き合った。

それでもおやつを食べて帰るころには、

またお互いどうにもたまらなくなり、

もう一度だけオマンコの中に放出させてもらってから、

僕は家に帰ったのである。


PAGE TOP