チャットで知り合った彼氏とのエロ体験


私は中学3年。

チャットに手を出したのは中2のときだった。
チャットでセフレを作った時期があったが、ある男の発言でやめた。

そうして時期が過ぎたある日・・・。
チャットで東京住みの大学生がいた。
彼とは意外と話が合った。
だんだん話していくと・・・。

[adrotate group=”1″]

「◯◯のメアド教えてw」と私はチャットに書き込んだ。

すると「いいよ」と返ってきたので、それからしばらくして彼のメアドが届いた。

そうして数日後、あたしはメールで「◯◯にあってみたいw」とメールしました。
そしたら・・。

「いいよwいつあう?」
「まだわかんないけど私の家で日曜日どう?◯◯駅に11:30w」
「わかったw」

日曜日はたまたま母親がいなかったので日曜日にした。
母親は会社員で、上司のお見舞いに行っていた。

そうして当日・・・。
彼からメールが届きました。

「ゆう(私の名前)って甘いものすき??」
「うんwすきw」
「ケーキ買ってからいくからw約束の時間には間に合わせるからw」といって彼との待ち合わせの場所に行きました。

彼との待ち合わせ場所は私の家から10分ほどの駅にしました。
ベンチに座ってると彼がついた。
彼の手にはケーキの箱がしかも大きかった。
そうして家に着くと・・・。

「どうぞwはいってwちらかってるけど・・・」
「おじゃまします」

あたしの部屋が汚いため、リビング(母親の部屋)にすわった。
彼は窓側にすわった。
私と彼の距離は1m。
すごく近かった。

「ケーキたべる?」
「うんww」

私はフォークと麦茶を持ったきた。
彼が箱を開けるとシュークリーム・ショートケーキ・チーズケーキが入っていた。

「おいしそぉww何から食べよう・・・」
「ゆうは好きなのたべていいよw」
「じゃあ・・・。チーズケーキww」
「俺もチーズケーキからw」

そのあとシュークリームも食べた。

「ショートケーキあとでたべよwおなかいっぱいw」
「そうだねw」

あたしはショートケーキを冷蔵庫にしまった。
そうしてリビングにもどった。

「ゆう。髪見せて」といわれたので、あたしは彼のそばによった。

そうして彼は髪をさわった。

「髪をととのえてあげるw」といわれたので彼の言うとおりにしました。

するとだんだん私の体がうずうずしてきました。
マンコが反応してきたのです。

「どうしたの?」
「・・・セックスしたい」
「だめだよ。ゆう。俺をすきにならないと・・・」といわれましたが私はすでに限界。

すると彼が耳を舐めてきました。

「ああん。ああああ!」

すでに私は彼の言いなりになっていました。

「すきだから・・。セックスしたい・・・」
「いいの?」
「うん。して・・・」

彼は胸に手をかけ胸をもみはじめました。

「あああん。あん」
「・・・」

すると彼が私のズボンに手をかけました。

「私今日ノーパン・・」
「うっそぉ?お・・。ほんとだw」

そうしてズボンを脱がされ私は顔を赤くしていました。
クチュX2と彼がマンコを触ってきました。
私は気持ちよすぎて抵抗ができません。

「ゆうのおまんこすごくぬれてるw」

彼は私に濡れた手を見せてきました。

「やあん・・・」
「まだゆびでいい?」
「うん・・・」
「ほんとに?そろそろ俺のがほしいんじゃないの?」
「・・・・」
「言わないとずっとこのままだよ?」

彼は指をピストンしてきた。
それが気持ちよすぎてあたしはなにもいえなかった。

「このままでいいの?」
「・・・お願い。・・いれて」
「なにを?」
「◯◯のチンコをあたしにいれて・・・。」
「どこに?」
「あたしのおまんこに・・・」
「よく言えましたwえっとたしか・・」

彼は財布を取り出した。

「コンドームは・・・。あったw」
「うん・・・」
「開けてくれたらいれてあげるw」

そうしてコンドームを開けた。

「よくできましたw」

彼はコンドームをつけて

「足開いて?」
「うん」

すんなり入ってかれはうごきはじめました。

「ああああん!」

10分くらいピストンして。
頭を窓側に向けまた再開。

「あん。ああ」
「きもいい?」
「うん」

彼はあたしを持ち上げソファーの手前に私を座らせました。

「ゆう?」
「なに?」
「かわいいよ・・」
「ありがとう」

すると彼がキスしてきました。
私はまだキスをしたことがありませんでした。
入れなおして再開。
私は全裸になりました。

「俺も脱ごうかな」といって彼も全裸になりました。

私はよけいにいやらしくなりそうになった。

「ゆう。俺の目を見て」

目を合わせた瞬間顔が真っ赤になり顔が見れませんでした。
また窓側に戻り騎上位をすると私は逝ってしまいました。
そのあと服を着て最後のショートケーキを食べました。
2人で交互に「あ~んして」をして楽しみました。

玄関で彼は強く抱きしめてくれました。

そのあと遊園地にいき、彼と楽しいひと時を過ごして駅に向かいました。
今でも彼とは、カレカノとして付き合っています。



PAGE TOP