外でするのも、立ちバックもすごく興奮


この間初めて野外エッチを経験。

車で遠出して花火大会の帰りに、海辺の公園へ。

途中、彼がコンビニに一人で寄って、しばらくして手ぶらで戻ってきた。

夜の公園は人がポツポツ人がいて、遠くで花火もやっている音がした。

二人、体育座りでまったりしていたら、彼が後ろから胸を揉みだして、

「しよっか?」って耳元で言う。

ほんとのところ、ちょっとはそういう期待もしてた。

「…ここで?」

「いや?」

「…だって人いるもん」

「じゃトイレで」

「…すけべー」

OKしたら変態ってあきれられるかな?

でも、ちょっとしてみたい…
その公園のトイレは新しくて清潔で。

しかも広くて、すごく明るくて。

個室に入って、脱がされながら、こっそり彼のを見ると、もう元気いっぱいで。

個室とはいえ、やっぱり外で。

考え出したら、正直ちょっと興奮した。

私だけ裸にされて、彼が指を入れてきた。

立ったままなんて、なんかいつもと違ってさらに興奮。

(はやく、はやく入れて)

もっと喘ぎたいけど、さすがに声は出せない。

「オレのも舐めて」

ジーンズを下ろして、トランクスを下げて、仁王立ちの彼に、ひざまづいてフェラ。

あぁ、そういえば、エッチするの2週間ぶり。

(これで早く突かれたい)

彼は満足げに私を見下ろしてる。

そして、ジーンズからコンドームを出した。

さっきコンビニでこれ買ってたんだ。

もう、あのときすでに「ヤる気」だったんだ。

「後ろ向いて」

私はもう濡れすぎてて、なかなか入り口が定まらない。

突然、ぐっと彼のが割り込んできた。

(おちんちんだ…)

最初は腰の高さが違うから、ぎこちなかった。

でも、途中からコツをつかんだ彼が下からガンガン突き上げてきた。

(すごい奥まで届いてる)

(私、今立ちバックしてるんだ)

押し殺してた声が漏れ出す。

同時に彼が激しくし、さらに私を鳴かせる。

(きもちいい)

(もっと、もっと、もっと奥まで…)

「顔見てしたいの」

「えーじゃあ、片足上げて」

「でも」(そんなのはずかしい)

「いいから、早く」

私は対面座位のつもりっだったのに。

でも、立位はやっぱり腰の位置が合わなくて、彼がうまく動けなかった。

少し疲れた彼が便器に座って、私は彼にまたがった。

クリトリスを擦り付けて。

時々彼が、私にあわせて下から突き上げてくる。

(たまんない)

近くの洗い場で、人の声と水音がした。

さっきの花火の人たちかな。

黙って、腰の動きを止めて、人がいなくなるのをやり過ごそうとすると、

彼が、下からつきあげてきた。

(ひゃぁう)

絶対わざとだ。

(声、出したらまずいのに)

いなくなってから、背面座位に移ったけど、

二人ともそれじゃ我慢できなくて。

また立ちバック。

バックて、おなかの裏側をおちんちんでこすられるから好き。

気持ちよすぎて、膣がぎゅーってなる。

あと、犯されてるって感じがして、興奮する。

今までずっとラストは正常位だったけど、この日は、バックだった。

外でするのも、立ちバックもすごく興奮する。気持ちいい。

でも、あんまり抱き合ったりできないのがちょっと残念。

いつか外で思いっきり声上げて、したいな。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP