彼とエッチができると思っただけで濡れてしまって・・


私の彼は13歳年上です。

会社の元上司で、既婚者です。

現在は転勤で、遠距離恋愛中です。

1ヶ月に1回、帰ってくるのですが、

先日は私の為にお忍びで帰ってきてくれました。

『今着いたよ。ホテルで待ってるから』

とメールが届きました。

急いで用意をして、ホテルへ向かいました。

部屋の前に着いてチャイムを押すと、待ちくたびれた彼の顔が。

『ごめんね~』と抱きつくと、彼もぎゅっと抱き締めてくれて、

そのままベッドへ押し倒されました。

抱き合ったまま、しばらくキスをしたり、

私の耳を舐めたり、体を撫で回されました。

耳がすごく感じるのですが、特に彼に舐められると

すぐにエッチモードのスイッチが入ってしまうんです。

彼ひげがあるのですが、

ひげのチクチク感と唇の柔らかさと、

舌のねっとり感がたまんないんです。

「ぁぁ・・・たまんないよぉ~」

「もぅ感じてるの? 夕食どぅする? 

食べる前にする? 食べた後ゆっくりする?」

今すぐしたかったけど、

「今夜はずーっと一緒だし、

ご飯食べてからゆっくりする・・・」

ちょっと不満げに言うと、

「ちょっとだけ舐めてあげよぅか?」と、

キャミとブラを一気にめくって、

乳首をペロペロ舐め始めました。

「あああ・・・」

「はい、おしまい。

さっご飯食べに行こう」だって・・・。

しぶしぶご飯を食べに出掛けたのでした。

ちなみに私のおまんこはぬるぬるになってました・・・。

夕食を終え、部屋に戻るなりそのままベッドへ・・・。

キスをしながら体を撫で回され、唇が耳へ・・・

「あああ・・・」

再度エッチモードのスイッチが入りました。

 ブラのホックを外され、

お互い上半身裸になりました。

胸を両手で揉みながら、

乳首を舐めたり、口に含んで吸ったり・・・

「あぁぁぁん・・・」

「こぅすると感じる?」と言って乳首を摘まれると、

「ああああ!!!!」

「気持ちいいの?」

「ぁ…う・・・ん、、、すごく感じる・・・」

しばらく乳首をいじめられると、

次はジーンズのボタンを外し、

ジッパーを下ろして、脱がされました。

ピンクのTバック1枚の姿になると、

「今日はピンクだ。

かわいい・・・」そぅ言いながら、

足やお尻を撫でたり、揉んだり。

彼の指がパンティの上から割れ目をなぞられ、

敏感なクリトリスを触られると

「あぁぁぁぁぁぁ・・・・」

声が漏れ、息が激しくなってしまいました。

 パンティの横から指を入れて、

「すっごく濡れてるよ・・・」と言って、

濡れ具合を確かめると、そのまま指を抜いて、

パンティを食い込ませたりして遊び始めました。

四つん這いにさられると、

「びらびらがはみ出してるよ。

やらしぃな・・・」と言葉で攻めてきます。

ココの言う通りに試したら出会えすぎてヤバい!

「お願いがあるんだ。

ひとりエッチ見せて」

「ぇ・・・はずかしいよ・・・」

「お願いだから・・・」

「わかった・・・」

横になってしぶしぶ胸を揉み始めると

「乳首摘んだりするの?」と

言って彼に乳首を摘まれました。

「ああああ!!!!! う・・・うん・・・・」

「それからどぅするの?」

「次はクリトリスを触るの」

パンティの上からクリトリスを触りました。

「指を入れたりするの?」

「うん・・・」

 パンティの横から指を入れて、愛液で指を濡らすと

おまんこに指を1本、2本入れて掻き回しました。

「よく見せて」と言ってパンティを横にずらして、

おまんこを覗き込んでました。

「そのままやめないでね。

今日はプレゼントがあるんだ」

と言って小さくなローターを持ってきました。

「もっと気持ち良くなるよ」と言って、

ローターのスイッチを入れてクリトリスに当てました。

「ああっぁぁぁぁあ!!!!」

小刻みな振動がクリトリスを攻めます。

「気持ちいい?」

「う・・・うん・・・」

 そのまま自分の指とローターでいってしまいました。

「まだいけるだろ?」とローターを直にクリトリスに当て、

パンティではさんで固定して、いったばかりのおまんこに指を入れて

掻き回し始めました。

「ぁああぁ、いくぅ!!!!」

いったばかりだったのですぐにいってしまいました。

次は私が彼を攻める番です。

彼のパンツを下ろし、

おちんちんを舌でツーと舐めました。

上目使いで彼を見ながら、

右手でおちんちんを握って、軽くしごきながら、

たまたまを舐めたり、口に含んで舌で転がしてると、

「やらしぃな・・・もっと見せて」と私の長い髪を払いました。

それから、彼の先っぽを口に含みちろちろ舐めてると、

「久し振りだから我慢でない。

入れたい」と、

私を押し倒しぐっちょり濡れたパンティを脱がして

一気におまんこへ押し込みました。

「あぁっぁぁぁぁあ!!!!! ゆ、ゆっくり動いて・・・」

ゆっくり彼が突いてきました。

時々腰を回して、おまんこを掻き回したり・・・

「後ろ向いて」と言って、

四つん這いにさせて上半身をうつ伏せて腰を突き出させ、

「やらしい格好だな・・・」

と言って、そのまま後ろから一気に突いてきました。

「あんあんあん・・・」

しばらく突くと、「ぁ、いきそぅ」と言っておちんちんを抜くと

私を寝せて正常位で入れてきました。

さっきのローターのスイッチを入れて、ク

リトリスに当てながら、突いてきました。

「あっ・・・ああああ!!!! いくいく!!!!」

いったのを見届けると、彼が一気に突いてきました。

「俺もいくよ」

「う・・・ん・・・きて~ぁああぁっぁ」

彼と一緒にいってしまいました・・・。

1ヶ月振りの彼とのエッチ。

すっごく気持ち良かったです。

彼が帰ってくる数日前から、彼とエッチができると思っただけで、

濡れてしまって・・・ひとりエッチしっぱなしでした。

彼に会う当日の朝までひとりエッチした位。

彼とはまだたくさんエッチをしたわけじゃないんだけど、

だんだん彼がエッチになっていくの。

私もエッチにさせられて・・・

毎回彼とのエッチが楽しみなのです。

次の日目が覚めると、寝起きのエッチ・・・

ん~気持ち良かったぁぁぁ。


PAGE TOP