40代半ばとは思えないほどキレイでしかもエロい・・


結婚してはじめてのお盆に、奥さんの実家に泊まった。
家のことはほとんど奥さんとお義母さんが片付けてくれるので、僕はほとんどすることがない。
着いて早々、お義父さんの仏壇に手を合わせる。亡くなってもう5年が経つというお義父さんは、やっぱり奥さんによく似てる。……あっ、逆か。
初日の晩、奥さんは早々と寝てしまった。
アッチのほうは最近ちょっと御無沙汰だけれど、さすがに奥さんの実家ではそういう気分にもなれない。
肝心の奥さんはとなりですやすや寝ているし。
昼間、よっぽど疲れたんだろう。

こっちは昼寝のしすぎか、いっこうに眠くならない。
のどがかわいたので、奥さんを起こさないように気をつけながらそっと下の台所に降りる。
水を一杯飲んで戻ろうとすると、仏間を通りかかったあたりで何だか妙な声が聞こえた。

女の人の声だ。しかも、妙に色っぽい。
――あぁん、あぁん――
それが喘ぎ声だと気づいた途端に、忘れかけていたはずの性欲がムラムラとこみあげる。
中にいるのはもしかして……。

襖をほんの少しだけ開けてみる。
すき間から見えたのは、信じられない光景だった。
お義母さんがほとんど全裸(要するにパンティ1枚)の姿になって、仏壇の前でオナニーをしているのだ。

パンティの上からでも、なまめかしい指の動きがはっきりわかる。
豊かでハリのあるおっぱいは、40代半ばとは思えないほどキレイで、しかもエロい。

「あぁん……はぁん……あんっ?」
思いがけず、お義母さんと目が合った。
リズミカルな指の動きがとまる。

反射的に、僕は襖を閉めた。
もうこれ以上、お義母さんの秘密を覗いてはいけない。

「……いらっしゃい」
襖のむこうから声がきこえる。
あきらかに誘いかける声だ。
迷った挙句、僕はまた襖を開けた。

お義母さんは全裸だった。
ピンク色のパンティが足もとに落ちている。
奥さんが下りてきたら大変だ。
仏間に入って、あわてて襖を閉める。


「こんな姿、見たくなかったでしょう」
「いえ……」
「天国にいるお父さんがさみしいだろうと思って、週に一回ぐらいこうして楽しませてあげてるのよ。ほら、あなたも手伝って……」

うっとりと言いながら、お義母さんは僕の股間へと手をのばす。
器用な手つきでズボンを脱がされると、充分にいきり立ったミサイルが思いっきり露出した。

「ほら、こんなに硬くなってる……」
「お義母さん!」

とうとう我慢できなくなって、お義母さんを畳のうえに押し倒した。
少し乱暴かなとも思ったけど、欲求はもうおさえきれない。

「ちょっと、まだ早いわよ……」
お義母さんは戸惑いながらも、僕のすべてを受け入れてくれた。
長いこと使っていないはずのアソコはほどよく引き締まっていて、僕のミサイルを絶妙に刺激してくれる。
少しも垂れていないおっぱいはFカップ以上はありそうで、揉み心地も最高だった。

「今度は私が上ね」
オーソドックスな体位はもちろん、AV顔負けのアクロバティックな体位もお義母さんは楽しみながらこなした。
エロいエキスで充満したアソコでかきまわされるとミサイルが今にも暴発してしまいそうで、僕は奥さんとやる以上の快感に酔いしれていた。

「……いっぱい出していいわよ……私、もう終わってるから……」

絶頂のなかで、息も切れ切れにお義母さんが言う。
妊娠の心配がないのはありがたい。
お言葉に甘えて、溜まっているカルピスを存分に放出。

「若い人って、やっぱり元気なのね」

次の夜も、その次の夜も、お義母さんは貪欲にもとめてきた。
もちろんゴムなしの中出しだ。
天国のお義父さんもきっと喜んでいるだろう。

奥さんの実家に泊まるのがこれからは楽しみになりそうだ。
ひとつだけ困ったことがある。
それは、お義母さんとの秘密の交わり以来、奥さんでは物足りなくなったということだ……。


PAGE TOP