キュッと締まるアナルを目の前にして興奮したw


嫁の父が経営する会社へ転職が決まった。

現在はその準備中で、一人で片付け等をしている。

嫁は仕事に出ている。

嫁にはまだ女子大生の妹がいるのだが、

俺と出かけたいと言ってきた。室内プールに行きたいだと。

夏は体調を崩し入院したので新しい水着は一度も着ていないらいし。

義妹は嫁より巨乳。

考えるだけで勃起しそうだ。

そろそろ出発する。

さっそく乳を当ててアピールしてきやがる。

とんでもねえビッチだな。

ちろっちろっと股間触ってきやがるし、

やりたくてやりたくて仕方ないみたいだぜ。
さあ どうする

これからラブホ行ってくるわ。

生理前で我慢出来ないんだとw

色々考えながら遊んでいたら、

やっぱり勃起してきて。

仕方ないから一人でジャグジーに移動。

室内のジャグジーだからガキが邪魔くさくて、外のジャグジーへ。

気持ちよくて寝ちゃってたら、義妹が

「溺れちゃうよっ!」

って横に入ってきて、腕をつかんできた。

あ、嫁から電話。ちょっと失礼。

俺の寝方は、ずるっと中に入りそうで危かったらしい。

義妹『溺れちゃうよ、そんなに眠たいの?』

俺『う~ん、ご飯食べた後だから仕方ない。昨日も遅かったしな。ごめん。』

義妹『ふ~ん。じゃぁ帰る?それとも肩貸してあげようか?』

俺『ハハ、肩借りたら興奮して目が覚めるって!』

義妹『私、妹だよ。反応したらやばいじゃん♪』

俺『そう、やばいからいいよ。』

義妹『○○くんて、えっちだねぇ~』

(義妹は俺のことを名前にクンをつけて呼ぶ)

ここまで話してマジで目が覚めてしまった。

結局、その後少ししてから出ることになった。

しかし運転中にまた睡魔が来た。

それを察した義妹が休めと言う。

これはチャンスか?と思い、

俺『俺が寝てる間どうするのよ?悪いじゃん。』

義妹『いっしょに寝ても良いし。テレビ見てるよ。』

よし、言っちゃえ!

俺『じゃ、ホテルにするか。』

一瞬沈黙、やばいか?

義妹『そうだね。でも、お金払ってよ。』

俺『あ?勿論だけど。』

義妹『あ、でも、また逆に興奮して寝れなかったりしてぇ♪』

俺『その時は襲いそうになるからすぐに帰ろ・・・(笑)』

って事で、ホテルに入りました、結局さっきまで♪

一応風呂入っておかなきゃいけないし、

嫁はフェラが大好きだから、ポコ○ンはよーく洗っておかなければww

と、忙しかったよ♪

で、今は既に嫁が帰ってきてるし、

露骨にコソコソ書き込み出来んじゃろが~♪

ホテルに入って取りあえず寝ることにした。

ジーパンでベッドに入りたくなかったので、

ズボンを脱ごうとしたら義妹が

『やだぁ何で脱ぐの?ねぇねぇ、やっぱり○○くん、えっちぃ~?』

と言うので、無理かな?と思った。

でも、布団に入るから見えないだろと言うと納得していた。

義妹はテレビの音を小さくしてベッドの下側の端に座った。

俺もやっぱり無理だよなと、眠ってしまった。

多分20分ぐらい経った後だと思う、義妹が隣に来て横たわった!

(掛け布団の上だったけど)

目が覚めた俺は眠気眼で

『風邪ひくと困るから中に入りな』

と言った。義妹は無言で中に入ってきた!眠気どころじゃないわな!

無言でベッドに入ってきた義妹は、
こちら側を向いて目を閉じた。

よし、勘違いした事にしよう!と心の中で決意し、そっと口付けをした。

ハッと目を開いた義妹は少し驚いた表情だったので、俺は

『あ、ゴメン』と言い、

“目を閉じたから勘違いしちゃった”

と言い訳をしようとした瞬間、

義妹はカワイらしい表情と声で

『エ~ン、キスして謝られたぁ~』。

俺『ゴメン』

義妹『あぁ、また謝った~w♪』

激萌えやんけ~!!けど、

ここで一気に行くと俺のほうから・・・となっても・・・と冷静になって、

『ゴメン、襲いそうになっちゃっうから・・・もう帰ろう』

と言ってみた。

義妹『え?』

俺『え、じゃないよ。朝だち・疲れマラでおっきくなっちゃってるから。やばいでしょ?』

義妹『・・・』

俺『あぁ、嘘嘘、ゴメンね。○っちゃんカワイ過ぎて興奮♪興奮♪さ、帰るよ。』

義妹『私まだ寝てない・・・』

ここで確信した。と、言うか、頭の中でナニかがはじけた。

俺『じゃぁ、まだ居たいの?でも、居てもいいけど寝れないゾ♪』

と言って一気にディープキス。義妹は嫌がるどころか、俺のナニをグッと掴んできた。

“あぁ~、もぉ~、いぃやぁっ!!”と心の中で大きく叫んだ。

さすが姉妹ですな。

乳首の色・カタチまったく一緒。

胸の大きさは義妹のほうが大きいけど、カタチは一緒。

胸の愛撫を始めた時はこんな“なんだか嫁と同じじゃん”的な感想で、

ちょっと興醒めしそうだったんだけど、下半身に移ったら違った。

嫁はアナルが脱肛気味で、

舐める時もバックで挿している時もどうしても気になってしまっていた。

しかし義妹のそこは出ておらず、

69でクリやバギナを舐めると

キュッと締まるアナルを目の前にして興奮した。

そしてバックで挿す時、

動かすたびにすごく大きく締まって奥まったり緩んで広がったり。

いやぁ、興奮しました。

いつも始めての女を抱くときは申し訳ないぐらい早くイッちゃうんだけど、

今回はすごーく激しく突いても大丈夫だった。

嫁と似てるからかな?でも、

よがり声はちがったけどね。

義妹、言葉にならないの。

あか『イッ、イッ、イッ、イヒィ~』とか

あか『アッ、アッ、アッ、アハァ~』とか、息苦しそう。

そしてイキそうになると

『アァ~~~ン』

を連発し最後に

『イッちゃう、イッちゃう』

と連呼。そしてしばらく動かなかった。

嫁の場合は

『イクゥ~、イクゥ~、イっていい?、イックゥ~』

と言葉になるんだが。あ、描写は余計だったか・・・?

というような感じで結局ヤッてしまった。義妹は、

『やっちゃったねぇ~』

と言った以外は特に変わった感じは無く、

ホテルを出てからも家に帰ってからも普通にしていた。

そして、昨日初出社した。

義父の会社本社と同じ敷地内に家があるの

(広いので門は別にもあるが)で、

義妹とは必ず会うはず。

昨日は昼前に駅まで送らされたが、

特に変わったことも無く、その話題にもならなかった。

ただ、

『○○くん、これからもお願いしていい?送るの。』

と言われた。何を考えているのか?どうなんでしょうかねぇ。

こんな接し方でいいのか?

これからハラハラする毎日なんだろうな。


PAGE TOP