境内の裏で彼女を上半身裸にして・・


もう、10年くらい前の話です。

職場に某乳飲料の営業の女性が出入りしていました。

これって、子持ちの方がやっていますので、

普通はそれなりの年齢の女性が来るのですが、

彼女は子持ちながら22歳という若い女の子でした。

いっつも笑顔で愛想が良く、

小野真弓に似た感じの彼女は、

当然ながら職場のおじさんの人気者でした。

いっつもお尻を触るおじさんもいたのですが、

明るく切り返していましたね。

おれは当時26歳ですでに結婚していましたが、

それでも可愛くて性格の良い彼女に惹かれていました。

そんなある日、いつものように階段を上がってくる彼女。

階段を下りていたおれと目が合い、

「こんにちは~」と声をかけてきました。

「またお尻触られちゃいましたよ」

明るくこぼす彼女。

いつもの乳飲料をもらい、お金を払っていると、

彼女がちょっと小さな声で言いました。

「こんど遊びに連れてってくださいよ♪」

おれ、喜びのあまり、何を言ったか覚えていません。

自覚するほどニヤけた表情で席まで走って戻り、

名刺に携帯の電話番号を書いて渡したことだけは覚えています。

で、数日後、平日に仕事を休んで彼女と遊びに行くこととなりました。

イタ飯屋で食事をとり、あらためてお互いの自己紹介。

「遊びに連れてっということは・・・あれだよなぁ」

間違ってもゲームセンターとかじゃないよな、と思いつつ、

どうやって切り出そうか思案した挙句、店を出て

、裏の駐車場で歩いてる最中に突然肩を抱き、

キスをしてみました。

「!?」

驚きを隠せない彼女。

唇を離すと、「びっくりした」との一言。

それでも、怒るわけでもなく一緒に車に乗り込みました。

「突然でびっくりしましたよ~」

いつもの笑顔。

車内でもういちど肩を抱き寄せてキス。

今度は少し長い間、唇を重ねていました。

ゆっくりと車を走らせ、そのまま近くのホテルへ入りました。

「え・・・」

明らかに動揺している様子。

どうやら、彼女の言う遊びとは、ここではなかったらしい・・・。

仕方ないので、「どうする?嫌なら入らないけど」と尋ねると、

彼女はちょっと考え込み、

「あたし、上手じゃないですよ?」と申し訳なさそうにつぶやく。

「いいよ、嫌なことはしないから」と言い、

チェックインすることとした。

部屋に入ったものの、シャワーを浴びるでもなく、

恥ずかしそうにベッドに座っている。

そっと抱きしめて、あらためてゆっくりと軽いキスを交わした。

徐々に吸い始め、舌を入れると、「んっ」と声が漏れる。

そのまま服の上から胸に手をあわせ揉む。

出産後の女性の胸って、すごく柔らかいんですね。

何度も何度も、気がすむまで揉ませてもらい、

その後、ボタンを外してシャツを脱がせた。

首筋から肩、丁寧に舌の先で舐めてくと、

彼女は気持ち良さそうに目をトローンとさせる。

ブラを外した。

形の良い胸だった。

ほんとに柔らかい。

乳首もきれいでしたね。

若いからなんでしょうか?

乳首の先端を、舌の先で転がすように舐めると、

可愛く声をあげてよがる。

そのまま乳首に吸い付き、強く吸いだす。

おれの頭にしがみつくようにして大きな声で喘ぐ。

あまりにも感度が良いため、「全身、丁寧に舐めてあげよう」と決意。

細くくびれた腰を舐め、今度はつま先に舌を這わせた。

丁寧にふくらはぎから太もも、内股へと続ける。

スカートをまくり上げながら、内股を舐め上がる。

濡れまくり、染みのできた下着の脇に舌をかけ、あそこを舐める。

「あんっ、あんっ」と身をよじらせて喘ぐ。

スカートを脱がせ、下着を脱がせ、

さらに吸い付くように舐めまくった。

そして指を入れ、中の蜜を掻きだす様にかき回すと、

「あ・・・・」と首筋をピンと張りつめていってしまった。

相当に感度良し。

からだの痙攣が収まると彼女を起こし、

おれは彼女の前に立ち上がった。

ぎこちなくおれのベルトを外す彼女。

ズボンを下ろし、パンツを下ろし、

ビンビンに勃起した息子に手を沿わせた。

「うまくないですよ?」

彼女は言いながら、ぱくっと咥えこんだ。

ゆっくりと深く咥えこんだあと、

「んっ、んっ」と頭を前後にして吸い付く。

特にテクニックに走るわけではないが、

唇が柔らかく気持ちいい。

イキそうになってしまったため、

唇から外し、玉を舐めてもらうことにした。

ペロペロと玉を舐め上げ、

そのまま竿の付け根あたりまで移動、

陰毛に顔をうずめながら竿の部分まで丁寧に舐めてくれた。

彼女を寝かせ、腰の間に入り込み、ゆっくりと挿入。

締まりが良く、気持ちいい。

「パンパンパンパン」と突きまくる。

子宮が弱いらしく、

グリグリと押し上げるようにすると、すぐにイッテしまう。

「あぁぁぁぁぁ!」

大きな声を上げたり、シーツを握り締めたり、

おれの背中に爪をたてたりと、おれも約30分の間、

汗まみれになりながら腰を振り続けた。

体力あったね、あの頃は・・・。

最後はお腹の上に放出し、

彼女に覆い被さりながらゼェゼェと息を荒げてしまった。

彼女もハァハァと息を上げながら放心状態。

彼女の横に仰向けになり、

なおもハァハァと息を整えていると、

彼女が横に抱きついてきてた。

「優しくしてくれたから良かった^^」

そして、「ねぇ、もう一回しよ♪」と・・・。

ものすごく可愛かったものの、すでに限界を超えている。

「ごめん、もう、無理だよ~」

なおもハァハァと息が上がったまま、彼女を抱きしめた。

こうして、彼女とのセフレ関係が始まったのだった。

彼女はあいかわらず、おれの職場に販売に来る。

たま~に、職場の倉庫に連れていき、そこでキスをしたり、

指マンでイカせてあげたりしていた。

口紅がはげるので、キスやフェラはできなかった。

立ちバックで挿入したのが、一回あったかな。

会うのは、仕事が終わった夕方以降だった。

ホテルでエッチをするのが基本だったが、たまには外でやったりもした。

ふたりで人気のない神社にいき、境内の裏で彼女を上半身を裸にした。

ひざまづいてフェラをしてもらい、

その後、柱につかまらせて立ちバックでエッチをしたこともあった。

裸にスカート、ブーツというのが異様に萌えた。

また、夕方の山の中にて、

車の中で全裸にしたものの、狭くて挿入できず、

そのまま靴を履かせて外に出し、

車のボンネットの上に手をつかせて挿入なんてのもあった。

誰かに見られるんじゃないかという危機感が、興奮を煽った。

とにかくセックスの相性がよく、常に、お互いが大満足だった。

しかし、そんな楽しい時間も、長くは続かなかった。

いつも明るい彼女だったが、

実は夫は今で言うDVの傾向があり、

彼女に相当ひどいことをしていたらしい。

借金を重ねていて、家にお金を入れてくれないため、

彼女が子供を養っているのだという。

「それなら別れたほうがいいんじゃないか?」と勧めたものの、

「でも、そうすると子供を取られちゃう。

それは耐えられない」と哀しそうにつぶやいた。

浮気なんて許されることではないが、

おれとの時間は彼女にとって、

数少ない楽しみだったそうだ。

そしてある日、突然彼女は仕事を辞めてしまい、

連絡がとれなくなった。

どうしてしまったんだろうか、

元気にしているんだろうか、と今でも気になる。

もしかして、

借金のせいで風俗なんかに身を沈めていなければいいが・・・

と、悪い方に考えが及ぶと、いたたまれなくなる。

おれに、彼女を幸せにすることはできないが、

自分の妻はしっかりと幸せにしようと心に誓った。

「じゃぁ、浮気なんかするなよ」とか

「おまえに、そんな資格ねぇよw」と言われるのは目に見えているが、

若気の至りということで勘弁してほしい。

以来、浮気は全くしていない。

ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP