四つん這いで尻をクネらせ挑発している義母の肉穴に硬く勃起した肉棒を・・


結婚前、挨拶に行った時から妙に馴れ馴れしい義母(55歳)でした。

「アパート代が勿体無いから」と義母の強い勧めで、

結婚後は嫁の実家でマス男さん生活です。

実は料理がまるで駄目な嫁で、

弁当作りまで義母任せ…盲点でした。

出勤時間の早い食品配送の仕事をしているので、

嫁も義父も寝てる中、

裏の車庫まで出て義母がいつも見送ってくれます。

2~3ヵ月すると生活のリズムも出来てきました。

その日も仕事が終わり、2時過ぎに家に帰り着きます。

「お風呂沸いてるわ」と義母の声。

いつもなら風呂に入って仮眠のパターンですが、

その日はシャンプーをしていると、

「背中流して上げるわ~」

と、義母が入って来た気配がしました。

「えっ?…ぁぁ…すいません…」

目の泡を拭いて鏡を見ると、

素っ裸のグラマーな義母が映っていました。

背中に湯を掛けられ、

石鹸を付けた手の平が肩から背中へ。

腰から手が前に回り、

いつの間にか肉棒を掴み扱くように。

義母の巨乳が背中に当たって肉棒が勃起しそうになって、

「お義母さん…もういいです…」

と、急いで泡を流して浴槽に飛び込みました。

義母の体を洗う姿は艶めかしく、

浴槽の中で肉棒は勃起していました。

義母は俺に尻を向けて四つん這いになり、

黒いヒダの肉穴を晒し尻を揺らしています。

惹きつけられる様に浴槽から出た俺は、

四つん這いで尻をクネらせ挑発している義母の肉穴に、

硬く勃起した肉棒を突き挿し、

義母の腰を持って抜き差しを始めました。

「アッアッアッ…」

浴室に響く義母の声。

突いたりコネたりしてると、

「アアッ…ァァッ…光介さん…イク…アァァ…イク…」

イった義母の後を追う様に激しく突き捲り、

義母の肉穴に射精しました。

ぐったりと前のめりにぺたんと倒れ込み、

尻だけ持ち上げてる義母。

肉棒を抜くと肉穴から精液がドロドロっと流れ落ちてきます。

その日は部屋に移り、夕方までヤり続けました。

次の日から、義母の見送りはキス付きになりました。

若いデブの嫁と違い、義母の熟れたグラマーな体は最高です。

時には休みの日に嫁と義父が仕事に行くのを見計らい、

ラブホテルで心置き無くSEXします。

義母も大声でイきまくります。


PAGE TOP