おまんこに締め付けられながらドクドクと奥へ俺の熱い分身が流れこんで・・


俺、土曜日にカノの女友達の誕生日祝いにカノ(恵美子)と2人で、カノの女友達(里佳)のマンションに行ったんだ。
3人ともカナーリ飲んで、恵美子はすっかり酔いつぶれて寝てしまった。
それからしばらくして里佳がトイレに行ってフラフラな足取りで戻ってきたんだけど、俺の横に座ってこう言ったんだ、「ねぇ、わたしにも池田君のおちんちん見せて~」と。
俺はハァ?と思った。なぜ突然そんなこと言うんだろうと思って「冗談だろ?」と言った。そしたら里佳はこう言った。
「さっきわたしが無くなったビールの買出しに行ってるときに恵美子にフェラしてもらってたでしょ?」とね。
俺は「え?」と思った。
でも里佳が言うとおり途中でビールが無くなって、俺が買ってこようとしたら、
里佳が「お客さんにそんなことさせられないから」と里佳が買出しに行った。
里佳が買出しに行ってるあいだに恵美子といちゃいちゃしてたら
俺もつい我慢できなくなって恵美子にフェラさせたんだよね。

で、終わってしばらくしたときに里佳が買出し終わって帰ってきた
まさか見られていたなんて思わなかった
里佳は俺が恵美子にフェラしてもらってる最中に戻ってきてて、それを見ながらオナったらしい、、、

俺たちが終わったのを見計らって帰ってきたように装って現れたんだと。

話は戻るけど、それで激しく興奮した里佳は恵美子が寝てたのをいいことに俺に迫ってきた。
でも俺はいくら酔ってるとはいってもそれはマズいと思ったから、
「おれは恵美子と付き合ってるわけだし、それに横で恵美子が寝てるのにそんなことできるわけないじゃん」
そしたら里佳は「見るだけだから、、、お願い、、、」なんて悲しい顔して悲願してきた。

俺が困った顔してると里佳は「こっちに来て」と手を取られて里佳のベッドルームへ、、、
俺は「やっぱりマズいよ」って言ってるんだけど、里佳は「見るだけだから」
と言って立ったまま俺のジーンズに手をかけてきた。

俺も恵美子以外の女から迫られたことなんて生まれて初めてだったから、
まんざら悪い気はしなくて、里佳にされるがままジーンズもトランクスも脱がされてしまった、、、、

里佳は「ふーん、これが池田君のおちんちんなんだー」と嬉しそうに見ている。
俺は「もう満足しただろ?」と膝まで下げられたトランクスに手をかけたんだけど、
「まだだめだよー!」って言っていきなり俺の息子をつかむとぱっくり口に咥えた。

俺はとっさのことに慌てたけど、里佳の口の中にすっぽりと収まった
俺の息子は意思とは無関係にムクムクと膨張し始めた。
つーか、男ならそこまでされたら後には引けないよな、、、、

ジュポジュポといやらしい音をたてながら夢中で俺の息子を咥える里佳にされるがまま、
やがて絶頂を迎えた俺は里佳にイキそうなことを伝えると
里佳は息子を咥えたまま「うん」と首を縦に振った。

俺はそのまま里佳の口の中で果ててしまった、、、、
里佳は俺の出したものをそのまま飲み込むと「いっぱい出たねー」と
嬉しそうに笑いながら再び俺の息子を咥えるとバキュームしながらキレイに舐めてくれた。

里佳のあまりのフェラの上手さに言葉にならないくらいの快感を味わったものの、
息子が萎えてくるにつれて俺は目の前で起きている現実に我に返った。

最後までしていないとはいえ、まさか恋人がいるのに他のオンナと、、、
それも恵美子の親友とフェラ友になるなんて、、、、
それにもまして隣の部屋には恵美子もいるっていうのに俺はorz

現実に戻った俺は愛しそうに息子をしゃぶり続ける里佳に
「ありがとう、気持ち良かったけどこれでおしまいにしよう」と言って、
名残り惜しかったけど息子を里佳の口から抜いてトランクスを履こうとした。

里佳はそんな俺の行動をどう感じたのか知らないが、里佳は俺に抱きつきながら、
俺の手をつかむと里佳のミニスカートの中へと差し込んだ、、、、

里佳のパンティーはすでにおまんこから溢れ出た液体でしっとりと濡れていた。
そして里佳は一言こう言った。
「池田にバレたら池田君も困るよね」と、、、、
困惑する俺に里佳は「池田君のおちんちんがほしいの、、、」と言いながら再び抱きついてきて、俺の手を引きながらそのままベッドに二人で倒れこんだ。

戸惑う俺を尻目に里佳は発射したばかりですっかり萎えた息子を再び口に含むと、
普段恵美子とするときはそんな短時間で2回戦目なんてとても無理な俺の息子が、
今日に限って再び臨戦態勢になってきた。

里佳は俺の息子を咥えたまま俺にまたがってきて69の体勢になって、
俺の目の前にお尻を突き出しながらクネクネと振って要求してきた。
そうなると男としてはもう止まらない。

俺はそのまま里佳のパンティーを脱がして夢中でおまんこを舐め回した。
里佳は息子を咥えたまま「んぐんぐ」と声にならない声でで喘ぎながら感じているようだった。

息子もビンビンになり準備OKになると里佳は「はやく池田君のおちんちんがほしい」
と言うと、そのまま俺にまたがり自分からゆっくりと腰を沈めてきた。
息子がおまんこに入る瞬間里佳は「ああっ」と深いため息を漏らした。

俺の息子が里佳のおまんこの奥まで入ると里佳はゆっくりと腰を上下に動かし始めた。
里佳のおまんこは恵美子のおまんこよりもすごい締まりがよくて、
俺もつい「おおっ」と変な声を出してしまった。

俺も両手で里佳の胸を揉むと里佳もますます感じてきたのか、
「はぁはぁ」と荒い息を吐きながら激しく腰をグラインドさせてくる。
里佳はよほど男に飢えていたのか無我夢中のようだったさ。

ほどなくして里佳を仰向けに寝かすと正上位で激しく突き立ててやった。
息子がおまんこの奥を突くたびに里佳は「あふんあふん」と声にならない声を出しながらよがっている。

俺も息子をギュウギュウと締め付けながらまとわりつく、
里佳のおまんこの生の感触をたっぷり味わいながら快感に酔いしれていた。

やがて里佳も絶頂を迎えつつあるのか、息もますます荒くなり、
「ああーすごくいいの」とかなんとか言っている。
俺もさすがに腰が疲れてきたのと、里佳のおまんこのあまりの気持ちよさにラストスパートに入った。

激しくピストンするとほどなくして里佳は「ああーっいっちゃうよー」と言ってきた。
俺もそれに答えて「俺もいきそうだよ、どこに出してほしい?顔か?胸か?」と聞くと、
「中におねがい!大丈夫だから!」と言ってきた。

さすがに俺もビビッたけど、生まれてこのかた恵美子とセクースするときは生で入れても
さすがに中では出させてもらったことがなかったから、ちょっと怖い気もした。
けど、禁断の「 中 田 氏 」の誘惑には男の性として勝てなかった。

俺は最後の力を振り絞り激しくピストンをすると、
里佳は「ああっー」と言ったかと思うとイッてしまったようだ。

里佳がイッたとたんおまんこが今までよりもさらに俺の息子を激しく締め付けてきた。
俺もたまらず「中に出すよ?出すよ?」と聞くと、里佳もぐったりしながら「うん」とうなづいた。

絶頂を迎えた俺はとうとう恵美子にすらしたことのない「中田氏」で、
里佳のおまんこの奥深くに俺の分身を放ってしまった。。。
里佳のおまんこに締め付けられながらドクドクとおまんこの奥へと・・・
俺の熱い分身が流れこんでいくのがたまらなく気持ちよくて、そしてとても長い時間に感じた。

俺の分身がすべて出尽くすとぐったりと里佳の上に覆いかぶさった。
里佳は俺をぎゅっと抱きしめて、「池田君のおちんちん最高だったよ」
と言って唇を重ねて舌を入れてきた。

俺もそれにこたえるように舌を絡ませ、二人で余韻に浸りながら長い時間キスをした。
長いキスが終わると里佳は俺に「最後までしちゃったね・・・ごめんね」と言ってきた。
俺はその言葉で我に返り、恵美子に内緒でほかの女、
それも恵美子の友達とこんなことをしてしまったことを申し訳なく思った。

でも、里佳の「ごめんね」の言葉に俺も「気にするなよ、池田には悪いことしたけど、
生まれて初めて中に出してすごく気持ちよかったから」と、つい言ってしまった。

里佳は「そうなんだ?じゃあたしが池田君の初めての相手になったんだね」
と嬉しそうな顔で抱きつきながらまたキスしてきた。
俺は「しまった」と思ったが、そのあと里佳が
「池田君とのことは池田には言わないから安心して!そのかわり・・・たまに相手してくれたらそれだけでいいから」
なんてこと言ってくる。

結局意思の弱い俺はそのあと里佳をもう一回抱き、いい加減恵美子が目を覚まして起きてこないうちに何食わぬ顔で部屋に戻ると朝まで眠りについた。

その後何回か里佳と関係を続けたけど、やっぱり秘密はいつかはバレるもので、
結局里佳との関係がバレて別れてしまった。

そしてその時の里佳が今は本命の恵美子だったりします・・・。


PAGE TOP