痴漢のおじさんに処女を奪われました・・

今年高校に入学し毎日電車通学してる高校1年です。

私は通学初日にいきなり痴漢され1時間ちょっと触られ続けました。

指を中に入れられビックリして「痛っ」と微かに言うと中には入れてこなくなりました。

エッチの経験はないけど人並みにオナニーくらいはします。

触られれば自然に濡れるし感じます。

でもそれは当たり前の生理現象で嬉しいわけじゃありません。

初日でいきなりされ私はショックでした。

何が「おっぱい大きいね」「感じやすいんだね」だバカヤロー。

車両の少ない電車で場所を変えても効果テキメンとはいきませんでした。

入学から1週間位はされおっぱい揉まれ時には私の手を男の人のチンチンに無理矢理触らせたりチャックの中に入れさせられたり手はヌルヌルになるしスカートは固まったようにカピカピになるし…そしてあの悪夢に…

その日も乗った瞬間に男の人が後ろに回り込んでくるのがわかりました。

私は何とか壁際のドアに逃げ込みましたがついてこられてました。

やはりその日も最初から触られお尻の穴に指入れたり手を前に回しオマンコを触られいじられました。

でもその日は何か違くてお尻にはわざとチンチンを押し当ててる感じがありました。

電車が出発して20分位でしょうか目をつぶりながら私は抵抗しながら手を後ろにやると生温かいのに当たりました。

そうチンチンを出していて私はビックリして手を前に戻すと腰に冷たい鉄のようなのがふれました。

私が周りにを見ると角っこなので近くの人は音楽聴いたり携帯いじってたりと誰からでも死角になってて気づいてもらえませんでした。

その時私の耳元で声が…「動かないで可愛いお尻に傷がついちゃうよ」と40代位のおじさんの声。

私は怖くなり震えてるとチョキンと言うような感覚が両腰に。

下着がはだけるのがわかりました。

私は落とすわけにはと股を強くしめましたが男の人に足元に足を入れられしめられず下着が落ちてしまいました。

私は恥ずかしさと悔しさと色々なものが混ざり涙がでました。

そのまま生で触られいじられ濡れました。

ふと手が離れ終わったと思い安心するとまた声が「ハァハァ…ずいぶん濡れてるね…パンティ取らなくていいの?」

私は好きで濡れてるわけじゃないと思いながらも置いとけない下着を取ろうと壁際の狭い所に頭を入れて手を伸ばしまして下着を取った瞬間に激痛が体を走りました。

私は驚いて大きかったか小さかったかわかりませんが声を出しました。

「痛いっ」と私は腰を引きましたがそのまま壁際に当てられ余計に動けなくなりそれよりも痛みで動けませんでした。

思いました…これがエッチなんだと…

痛いとは聞いてたけどここまでとは…さらにこんなおじさんにと絶望しました。

構わずおじさんは動かし続け実際には短かったんだろうけどその時間は長く感じました。

下半身はどんどん熱くなり下を見ると足をつたって血が…おじさんは構わずおっぱい鷲掴みにしたり奥まで深く入れたり…

そうしてる内に動きが止まり下半身がかなり熱くなりました。

その時私は痛みで熱いと勘違いしてました。

抜かれていく感じがして私はグッタリし同時に終わったんだと少し安心しました。

おじさんはまた耳元で言いました。

「血たくさん出てるよ。処女だったんだね。朝から抜けて気持ちよかったよ。」

と手に握っていた私の下着をとりました。

ふざけるなと思いながらも言えない私を最後まで触り続け最終駅に到着。私は痛みでまだ動けずしばらく硬直。

動けるようになると血が垂れた足を少しでも隠しながら早足でトイレへ。

スカートをめくると目を背けたくなるような光景…

太ももからお尻側まで血だらけで足まで垂れさらにはドロドロしたような物が下から垂れてきて拭き取ってもどんどん出てきた。

私は泣きに泣いて学校を休んだ。

それからはまた電車に乗り帰り、下着を買い夕方まで覚えてないけどフラフラしながら時間を潰し家に帰りました。



ブログランキングに参戦中!この3つポチッとお願いします^^




官能小説ランキング


アダルトブログランキング

PAGE TOP