打ち上げで酔った勢いで4Pレイプされたセックス体験談


以前ちいさな劇団でお芝居をしてたことがある。
女の子は私をいれて二人、男の子は四人のほんとに地味な劇団。

あんまりお客の来ない公演の
あんまり盛り上がらない打ち上げは
稽古場として借りていた倉庫で行われた。

誰が言い出したのか、打ち上げは
芝居でつかってた衣装を着て参加するという決まりがあった。

衣装は何着かあったが、
みんな水着で出るシーンがあったので、水着がいいということになった。

倉庫でお酒飲むのに水着はどうかとは思ったけど、
季節は夏だったし団員の六人以外は誰も参加しないと言うので従った。

やっぱり海パン一枚の若い男四人と、
ビキニの水着の若い女二人の酒の席は、少しやばい空気が最初からあった。

みんな照れをなくす為にハイピッチで酒を飲んでた。
ことは一番酔ってたAがふざけて私の胸にさわったことから始まった。

他のみんなは「やめろよ」とか言ってたけど、
本気で止めようとする者はいなかった。

私も本気ではおこれずに「高いわよ」とか冗談めかしてたしなめてた。

Aがやめずに私の体に触りつづけていると、
BとCが「Aだけずるいぞ」と言ってAを私から引き離した。

その瞬間、Aが私のブラに手をかけたために胸が出てしまった。
私はあわてて隠したが、それを見たAが
「ごめん、俺も脱ぐから許して」と言って海パンを本当に脱いで全裸になった。

それを見た私が笑ってしまったのがいけなかった。
本当はおこってたのに。

それまで傍観していたDが言った。
「よし、みんな裸になるぞ」
ただの酔っ払いの戯言も時と場合によってはおそろしい。

男達は皆それに従って全裸になった。
私ともう一人の女の子は従わなかったが、
男達は「女の子も裸になれよ」等と言っている。

おこって帰ってしまってもよかったのに、
仲間だからという意識があってそうはしなかった。

私達二人はおこっているとも笑っているともつかない言い方で、
「やめてよ」とか言うだけだった。

Aはエスカレートしてオチンチンを私達の体にこすりつけたりしてきた。

全裸になってしまった男達は、Aの行為を否定することはもうしなかった。

ついにもう一人の女の子はTシャツとスカートを水着の上に来て「帰る」と言った。

そして「一緒に帰ろう」と私に言ってくれたが、
私がそれに答える前にDが「ごめん謝るから」と言った。

彼女はその言葉に余計憤慨したように私を待たずに出ていってしまった。
Dはあわてて服を着ると、それを追って出ていった。

彼女はDのことが好きだったのだ。
もしかしたらDと関係があったのかもしれない。
だからその場の状況に本気でおこってしまったんだろう。

私も皆が少しおとなしくなった隙に服を着ようと立ち上がった瞬間、
Aが無理矢理私にキスしてきた。

Aの顔を押し戻そうと抵抗していると、
誰かが後ろからブラを外して胸を鷲掴みにした。
それがBとCのどちらかは覚えていない。

さすがに「やめてよ」と大きな声を出したが男達はひるまなかった。

三人で私を床に押し倒して押さえつけながら、
「もうここまできたらさ」とか「お願いだから」とか言っていた。

その「お願いだから」という言葉が何故だか妙に印象に残っている。
もうどうしようもなかった。その後は誰に何をされたのか覚えていない。

三人で争うように胸を揉み、乳首を口に含んだ。
抵抗はしていたが、その状況に興奮している自分にすぐに気が付いた。

以前から一人エッチのときに、複数の男に同時に愛撫されていることを想像することがあった。

強姦願望のようなものはあると思っていたけれど、
本当にそんなことになったら感じるわけがないと思っていた。

でも感じてしまっていた。
酒がはいっていたからなのか、男達が知り合いだからなのか、
それとも私の強姦願望が本物だったからのか、それは分からない。

下を脱がされた時には、私はもう完全に抵抗する意志を無くしていた。

ものすごく濡れてしまっていることは分かっていた。
それを彼等が知ったからには途中でやめることはしないだろう。

誰かの指があそこをいじりだすと、
その音が他の二人にもどれほど濡れているかを伝えた。

ついに挿入されると頭の中が真っ白になった。
一人がセックスしている間も他の二人は胸を愛撫している。
たまらずに時折大きな喘ぎ声を出してしまっていた

二人目がセックスしているとき、Dの声と女の声が一瞬聴こえたのを覚えている。
姿は見てないけど、二人が帰ってきたのかもしれない。

すぐに声は聴こえなくなったけど、二人は私が輪姦されているのを見たのだろうか。

全てが終わるまでに五、六回は入れ替わった。
一人二回はしたんだろう。

誰かが私に服をかけてくれた。
私は疲れていたが眠れずに、朝がくるまでぼーっとしていた。

やがて素面のAの声がした。「帰ろう」見ると三人は既に服を着ていた。

私はかけられていた服で裸をかくしながら起きて、倉庫の隅の死角へ行って服を着た。
そして四人で駅まで歩いて、同じ電車に乗った。ずっと無言のままだった。

私が最初に降りる人だった。
駅について電車のドアが開いて、降りようとすると
三人は口々に「それじゃ」とか言った。

私もまるで何事もなかったかのように「じゃ」と応えて電車を降りた。


PAGE TOP