もう乳首コリコリに立っているじゃん!


丁度、昨年の夏頃にあった出来事を書きます。
僕と好恵(当時の彼女)ゆかりあとはヒデ・カズ・タケの男3人、計6人で飲んでいました。以前に二度程、こうした飲み会はあったので、誰も気兼ねなどすることなく普通に乾杯で始まりました。僕とヒデ・カズ・タケの4人は昔からの友人で、彼女の好恵とゆかりは二人ともヒデの同僚でした。
初めて会ったときから、僕は(他の友人らもきっと)好恵を気に入りました。
きっとヒデも好恵を狙っていた為にセッティングしたのだと思います。

好恵は顔がとても小さく、眼がぱっちりとしたかわいい系といった感じです。
藤本美貴(字合っているか不安)似だと言っても、過言ではないと思っています。
胸が大きい上、身体全体の肉付きがよく(といっても決して太ってはいない)
服の上からでも身体は実に色っぽかったです。

同僚のゆかりは、好恵の会社では後輩でしたが年齢は2つ上で色黒のスレンダーといった感じです。

僕と好恵は二回目の飲み会で、アドレスを交換し、翌日には二人だけで食事に行きました。そこで好恵の気持ちを聞き、僕は迷うことなく即答しこの日から付き合うことになりました。

それから一ヶ月経たないうちに、今回の飲み会となりました。
まだ好恵は同僚のゆかりにさえ、僕と付き合っていることを話してはいませんでした。

僕もヒデを始めとする友人らにはまだ話していません
(間もなかったので)そんなうちに飲み会が始まり、お互い目配せで合図したりと非常に心地よかったので、そのままにしておきました。

僕はお酒が強いわけでも好きなわけでもなく、いつも付き合い程度飲んでいました。

二時間程経ち、皆ホロ酔い加減で居酒屋を出ました
(タケは既に泥酔しており僕とヒデとで肩を支えてやっと歩ける状態でした)
これからどうする?と言う事になりましたが、好恵は僕の顔を見るので
「まだ大丈夫だよね?」と言ってしまいました。

好恵は「うん」と頷いてくれ、ゆかりも好恵がいるのならといった感じでもう一軒行くことになりました。

とりあえずタケを帰そうとしたのですが、泥酔のタケは聞き入れません。
しかし、このままタケを次のお店に連れて行く気には誰もならず、
カズが「仕方無い、コンビニで酒や食糧大量に買い込んで、皆でラブホ飲みするかー」
と提案しました。

彼女の好恵にゆかりも、ラブホと言う響きに抵抗はあったようですが、タケの状態に加え、皆いるし仲間のような雰囲気になっていたので、変に断る様子もなく決定しました。

僕もこの時は特別抵抗も無く、これだけの人数で一部屋に入れるのかな?
などと暢気なことを考えていました。

歩いて10分くらいで、一軒のラブホに到着しました。
入った途端、独特の雰囲気に飲まれ、皆無言となりました。

無事二つの部屋をとり、眠くなったら男と女に分かれよう!
と言う事になりました。

酔って歩いたせいかクタクタになり、初めから分かれてしまおうと男女分かれました。
男四人で入ったその部屋は、なんとSM部屋でした。
僕は生まれて初めてSM部屋に入り(他の友人らもそうだったと思う)
ただただ周りを眺めるばかりでした。

するとヒデがゆかりに「おいこっちは凄いぞ!SM部屋だー面白いものが一杯あるぞ」
などと電話していました。

ゆかりも興味が湧いたらしく、「見たい!」と言いだし「それならこっちに来れば?」と・・・。
案内にヒデが部屋を出、好恵ゆかり二人とも、このSM部屋に招き入れてしまいました。

即効でフロントから電話が鳴り、ヒデが交渉し追加料金を払うことでまとめました。

部屋では、お酒どころではなくなり、大して広くも無いその部屋を各自探索しまくっていました。

ヒデがゆかりに「ほらここに手を置いてごらん。どんな気分になるんだろう?」
レンガ調の壁にあるXの木の板に手械足枷を見つけ言いました。
手械足枷は、革でもビニールでもないモノをベルトで止めるタイプでした。

「ほらほら」とヒデが笑いながら言い、
ゆかりは「えぇ?」と言い合うのを一同爆笑して見ていました。

あっさりとゆかりは両手に手械をはめられ、万歳の格好になりました。
白いブラウスにジーパンといった、一見色気とは無縁のような格好ですが、両手に手械があり身動き取れない・・・といった姿は、とんでもないくらい興奮しました。

すると、ヒデは「俺、知ーらない」と僕らのいるベッドに来て、一緒に飲むような仕草をしました。
ゆかりは「嫌だー外してよー」と笑って言い、僕らも好恵も笑っていました。

ヒデは「そうだなぁー言う事聞いたら外してやるよー。
そうだ!酒一気飲み!!」
と自分用に買ったワンカップの蓋を空けました。

ゆかりの「じゃあ少しだけで勘弁してよ」
という言葉を受けヒデはゆかりの口にワンカップを口付けました。
両手の自由を奪われ、ごくっと飲むゆかりの喉越しがとても色っぽく感じられました。

それでもヒデは止めず、どんどんワンカップの角度を上げてゆきます。
こぼれ出し、ヒデはさすがに止めました。
それでも半分くらいは飲んだでしょう。
残りの半分はヒデが一気に飲み干しました。

ゆかりが手械をされ、上着を日本酒で濡らしている様子に、カズはかなり興奮したようです。

カズは「おれも」と言い、飲んでいたチュウハイの缶を持ち手械をされているゆかりに近づきました。

僕も欲求が沸点にまで到達していましたが、好恵の手前、苦笑いし酒を飲み続けることで誤魔化すのが精一杯でした。

ゆかりは顎の辺りから、ポタポタと日本酒を垂らしながら
「もうさっき飲んだじゃーん外してよー」

手前まで来たカズに言いましたがカズはもう聞く耳を持っていないようで、
「では」と言ったが早いか、チュウハイの口をゆかりの口に付け流し込み始めました。

ゆかりはジュースと勘違いしたかのように、さっき以上にこぼしながらゴクゴクと飲み続けました。
お陰でカーペットは勿論、ゆかりの服はジーパンの辺りまで濡れてしまっています。

上着のブラウスは所々透け、濃いブルーのブラジャーがくっきりと浮き上がりました。
ゆかりは咽たようで、咳をし始めたので、カズは少しの間手を止めてから
「また、はーいまだいっぱいあるよー」
とチュウハイをゆかりの口に近づけると、なんとゆかりは自分から飲まされ易いように、口をあけ、カズは容赦なく、しかしこぼさないよう丁寧にゆかりの口にチューハイを注いでいます。

ゴクゴクとゆかりが両手万歳の格好で上を向き飲み続けます。
顎から喉のラインが実に、妖艶な活動をしています。
チューハイも飲み終わりカズが戻ってくると、既にゆかりはぶらーんと、手械だけで立っている状態でした。を開け首を上に向けていました。

当たり前ですが、ゆかりはかなり酔ったようです。
好恵は少し呆然としていましたが、
その時ゆかりが「トイレェェー」と言い出しました。

ヒデはすかさず「どうしようかなぁー。
でもここで漏らされても困るしなぁー」とニタニタしています。

他の皆も、好恵以外はきっとニタニタ顔だったでしょう。
ヒデは「よし!じゃあゆかりがトイレ行っている間、好恵が代わりに張り付けの刑だ!!」

「好恵が嫌だと言ったらダメー」一瞬えっ!?と思いましたが、普段お酒を飲まない僕はかなり飲んだ為に、このまま楽に横になっていたい。
そう身体が訴えており、頭もボーッとして何かフワフワな状態でした。

ゆかりは「好恵お願いー漏れちゃうーホントにホントにお願いだよー」
好恵は「えぇー!?でもお酒は飲めないからね。
ただ少し待っていれば良いだけだよね!?」
と困りきった表情でヒデに言いました。

ヒデは「絶対に大丈夫、ゆかりが戻ったら直ぐに開放するからさ」
とゆかりに聞こえないよう囁きました。

好恵が観念しゆかりの元に近づきました。
ヒデはこの時、ゆかりの片方の手械を外すと、好恵の片方に手械をするというようにしていました。
やがて好恵が独り、万歳の格好になりました。
ゆかりは我慢できない様子でトイレへ駆け込みました。
するとヒデは好恵の足にも、足枷をはめました。

好恵は「えっ何!?」と言いましたが、
ヒデは「だって身代わりだもん、両手両足だよ」
と好恵の両足に足枷をはめてしまいました。

好恵はゆかりとは違い、デニムのミニスカートなのでヒデが屈めば直ぐに下着は丸見えです。
好恵は、完全にXの木板に身動きが取れないようになってしまいました。


「ホントに直ぐ離してね」と好恵は懇願しています。
僕は、この状況を何とかしなければと思いますが、身体が思うように動きません。
でも意識があるのに助けなかったのでは、後で好恵に合わす顔もありません。
もうヤケクソで寝たふりを決め込むことにしました。

ヒデはその間に、最初に見つけた目隠しを好恵に付けました。
「暗いー怖いって。ねぇ外してよ」

するとゆかりがトイレから出てき、
ヒデに「もうホントに漏れるところだったんだからー」
すると好恵の様子に気づき「あっ好恵、いい格好じゃない?」
「ふぅー」などと叫びながら好恵の胸を鷲掴みました。

好恵は「ちょっと止めてよーゆかりもう酔っ払い過ぎよ。
ヒデ君、約束だから外して」

するとゆかりは「ダメー。このままで、い・い・の」
ヒデは唖然としていると、
ゆかりは「だって好恵、さっき私が困っている時助けてくれなかったじゃない?」
「私、すんごい飲まされたんだからー」好恵は「代わってあげたじゃない」
と言い返しますが「ダメーもう遅い」と笑い始めました。
ゆかりは完全に泥酔状態です。

次の瞬間、ゆかりは好恵の水色のニットを捲くりあげました。
好恵は胸が大きいとは思っていましたが、予想以上に大きい白のブラジャーが眩しく視界に入りました。

ゆかりはそれでは飽き足らないのか、その白いブラジャーを下そうと、ゆかりの手が好恵の白いブラジャーを下すまさにその瞬間、
好恵は「あっっ」と吐息のような声を漏らし、瞬間赤ら顔になり俯きました。

好恵の薄ピンク色の乳首が露になり、初めて見る好恵の乳首に、発射寸前にまで興奮していました。
好恵は下を向いたままですが、両手万歳両足も開いている状態でニットが上に捲くられ、ブラジャーは下され乳首も露になっています。
ニットとブラジャーに挟まれ余計に好恵の胸は、はち切れんばかりになって見えます。

その状況ではヒデカズタケは堪りません。
タケは必死に僕を起こそうとしていましたが、僕は寝たふりに徹しました。
カズはタケに「寝ているヤツは寝かせておけよ」とタケを制止しました。
三人の男はもう、酒どころではありません。
ギラギラとした目つきで、好恵の露になった上半身を眺めています。

「ホント謝るからゆかりちゃん、止めて。ヒデ君、早くこれ外してよ」
目隠しをされているせいか、あちこちに顔を向けます。
「ほらほら好恵って胸、おっきいよねー。
男の人ってやっぱり胸が大きい子が好き?」
と、ゆかりは手のひらで、好恵の乳首をころころと転がし始めました。

ゆかりは好恵のスポットを見つけたらしく、笑みを浮かべ得意げに手のひらで乳首を転がしています。
好恵は俯いたままでしたが、やがて「うっ」と小さく声が漏れ出しました。
ゆかりの手のひらに感じ始めたようです。

ゆかりはさらに調子に乗り、さっきよりも激しく動かしています。
それまで俯いていた好恵の頭がやがて小さく揺れ始め、頭が上がった瞬間、額にほんのり汗を浮かべ、うっとりとしている好恵の表情が頬にベタついた髪の隙間から確認できました。

「あれっ、好恵感じているじゃん」とカズが囁くと、ヒデとタケがクスクス笑いました。
その小さな笑い声が聞こえた瞬間、好恵は全身をビクっとさせ、さらに声が大きくなり「あっあぁぁ」今度は全身が揺れていました。

ゆかりは「もう濡れているんじゃないのー?」
と今度はデニムのスカートを捲くり始めました。
しかしデニム生地は上手く捲れないようで、ゆかりはなんと好恵の腰に手を回しスカートのフックを外し、チャックを下すような仕草をしました。

次の瞬間、バサッと好恵のデニムのスカートは滑り落ち、好恵白い下着が露になりました。
しかも足枷により足を開いている為、不恰好な状態に脱げそれがいっそ卑猥に見えました。

好恵は「はぁぁ」と息使いが荒くなっています。
すると、我慢しきれなくなったカズが
「どーうれ、濡れているのか確認してみようか」
ヒデタケは、もはや笑ってはいません。

ゆかりは「もう絶対濡れているに決まっているよー。
きっと凄いことになっているよ」
「ねっ、好恵」そう問い掛けると好恵はまた「はぁぁぁ」
と一段と大きな声を発しました。

ゆかりは「何か段々面白くなってきちゃった」と本気で楽しんでいる様子です。
気がつくと好恵の周りには、ゆかりは勿論のことヒデカズタケの四人が囲んでいます。
すると、タケが急にしゃがみだし、何やらゴソゴソと始めました。

タケは足枷を外していたのでした。
タケが両方の足枷を外し、好恵の足を揃えると好恵の穿いていたデニムのスカートがカーペットに滑り落ちました。

今度はYの字になっている好恵に、タケはついに下着の上からアソコをタッチしました。
瞬間ビクンと好恵の全身が強烈に波打ったように見えました。
ゆかりは「下しちゃえ下しちゃえ」と笑いながら急かしています。

タケは「この木綿のパンツが良いんだよな?」と言い下着のラインを舐め始めました。
いつの間にかカズは、好恵の乳首を吸い付くように舐めていました。
ヒデの「もう乳首コリコリに立っているじゃん」
の一言で、好恵はまた小さくビクンとしました。

タケは好恵のアソコを下着の上から、ちゅうちゅうと音を立てて吸い付いています。

「うぶっ」と好恵の声が聞こえたと思ったら、ヒデが好恵にキスをしていました。
ヒデが口を離しまた口付けようとすると、好恵は待っているかのように口を大きく開け舌を出し濃厚なディープキスをしていました。
ゆかりは「ねぇ、こんなのもあるよ」とローターらしきモノを取り上げました。

「おーお、これは良いものを見つけたねー」
とヒデがそのローターらしきモノの電源を入れました。

ブーンンと機械的な音が聞こえ始め、やがてヒデはそれを好恵の耳元にもってゆきました。
ゆかりは「好恵、これなんの音かわかるー?」と聞きますが、好恵は答えず顔を横にします。

ヒデはそれを好恵の首筋にあてた瞬間、好恵の身体はビクンと揺れました。
ヒデはそのまま、胸の辺りまでゆっくりと這うように好恵の身体に沿わせました。

すると好恵の首筋は後ろ反りはじめ、やがて身体全体が後ろに反り始めました。
「もう超ー感じているじゃん」とゆかりがはしゃいで言うと、好恵は、もはやその言葉にすら身体が反応してしまっているようでした。

ヒデは胸のところで円を描くようにしながら、だんだんと円を小さくしていき、最後にそれが乳首に達すると、好恵は「くっっっ」と声を出し、体をよじりました。

ヒデは左右の乳首を弄ぶと、それを下の方へと移動させます。
ゆかりは「さぁ次はどこかなぁ」と言いながら、好恵のパンツに手をかけようとしました。
好恵は「ぃやぁぁ」と声を漏らし、体を捩じらせます。

このままだとホントにヤバいと感じた僕は、いちかばちか、少し大きめの寝言という感じで「好恵」と言ってみました。
すると、その声に好恵は「おはようくん‥」と返事してきました。

僕は今だと思い、たった今目覚めたふりをして体を起こしました。
「みんな、何してんだ。やめてくれよ」そう言いながら、僕は何とか好恵の方に近づきました。
まだお酒が残ってキツかったのですが、寝たふりしている間に少しは回復したようです。

僕はみんなが固まっているうちに好恵のところに行くと、好恵のニットを下ろしてから、みんなに「黙っててごめん。俺たち付き合いだしたんだ」と告白しました。

好恵が「おはようくん」と少し安心した声で答えます。
ヒデは「何だよ、知ってたらこんなことしなかったのに」とバツが悪そうです。
カズ、タケも口々に謝ってきました。
ゆかりも「ちょっとヤリすぎたかな。好恵、ゴメンね」と言いました。

僕は、いいよいいよと言いながら、好恵のニットに手を入れてブラジャーを上げ、デニムをはかせてから、手枷を外し、最後に目隠しを外しました。

好恵はみんなの顔を見回しました。
みんなは少し申し訳なさそうな顔をしていました。
最後に、横にいた僕の顔を見ると、緊張の糸が切れたのか泣きながら僕に抱きついてきました。
僕はやさしく好恵の頭をなでてあげました。

こんなことがありましたが、今でもこのメンツで仲良く飲んだりします。
誰もこの日のことには触れようとしません。
僕も寝たふりがばれるとまずいので、もちろん一言も口に出しません。

そして、僕は今も好恵と付き合っています。
しいて言うと、このことがあったおかげでHし易いかなと思います。
それから、ときどき、Hのときに目隠しを使ったりしています(笑)。


PAGE TOP