俺イクわ…奥さん中に出すからな…


その日は夫を送り出した後、体がだるくまだ眠かったのでベッドで横になっていたのですが、チャイムが鳴ったのでパジャマの上にカーディガンを羽織って、玄関を開けた途端押し入られました。何が起きたのかわからず、抵抗する間もなく、いきなり押し倒されて口にガムテープを貼られ、一瞬にうちに手には手錠を掛けられました。
気が付くと作業服を着た30代前後の男2人でした。
パジャマと下着をいっきに下ろされ、、一人が後ろから脚を開かせ、もう一人が私の股間に顔をうずめ、クンニされました。
荒々しくクリを吸われながら、指で膣を弄られました。

怖くて声も上げられず、恐怖と嫌悪感で身動きできませんでした。
一人の男に後ろからおっぱいを揉まれ、もう一人の男にクンニされ、二人がかりで執拗に責められて濡れてしまうのが自分でもわかりました。

クンニしてる男が、
「奥さん、すっげぇ濡れてるぞ」
と言って膣に指を突っ込まれました。
わざと音を立てるように激しくかき回されて、思わず声が漏れてしまいました。

指を引き抜かれると、
「じゃあ、俺先いただくわ」
と言ったので、それだけは阻止しないとと思って、抵抗して暴れようとしましたが、後ろにいた男に腕を掴まれてて身動きできずにいると…男のペニスが入ってきました。

「すげぇ、グチャグチャだわ」
私は自然と涙が出てきて泣いているのにもかかわらず、男は私の上に覆い被さって奥まで突かれ続けました。
情けないし、恥ずかしいし、怖いし…涙が止まりませんでした。

「あー、おぉ、イクわ、俺イクわ…奥さん中に出すからな…」
すかさず私は
「ぐぁぁぁぁ、はからけはらめぇぇぇぇ…」
とガムテープで口を塞がれていましたが、声の限り叫びましたが、すでに膣内に射精されていました。
「奥さん、遅いよ…。間に合わなかったじゃん。すげぇ…いっぱい出しちゃったよ」
ヘラヘラ笑いながら男は言いました。

後ろで腕を押さえつけていた男が、私の耳元で
「奥さん、次は俺だよ。俺は優しくするからな」
と言って一人目の男と交代して、ペニスを入れて来ました。
「ぐあぁ…」
明らかに一人目の男のペニスより太くて裂けるんじゃないかと思うほどでした。

「奥さん、俺のブッ太いだろ?だからこのぐらい精子まみれのマンコじゃないと入らないんだよ、あはは…」
と言いながら、ペニスをグイグイ出し入れして来ました。


しばらくすると、
「今度はバックで突いてやるかー」
と言われ、いったんペニスが抜かれ、私を四つん這いにすると、後ろから太いペニスで奥まで突かれていました。
いったん抜いたときにチラッと男のペニスを見たのですが、亀頭が幼児の拳ぐらいありました。

男はそのペニスで膣内を擦り、入口をカリで引っ掛けながら…奥まで突いて来ました。
「あんぐぅぅ、あんぐぅ…」
私は嗚咽しながら、だんだん感じて来ていました。

そしてとうとう
「あぐぅぅぅぅ」
私は体をビクンとしてイッてしまいました。

男たちにもわかったみたいで
「奥さん、イッちゃったんだ。あはは…、犯されてるのにイッちゃったんだ…、すげぇ淫乱だなぁ~、もっと欲しんだろ…」
と言いながら、すごい激しく後ろから突かれて、半分意識が飛んでグッタリしてしまいました。
「おぉぉー、もうダメだ…。奥さん、俺イクからな…」
その男にも膣内に射精されてしまいました。

その後、口からガムテープを外されて、私たち夫婦の寝室のベッドの上で二人の男に口とアソコに同時にペニスを入れられ、交互に交代しては何度となく膣内に射精されました。

私は暫く失神していたみたいで、気が付くともう夕方でした。
起き上ろうにも足腰が立たず、放心状態で涙も枯れ果てていました。

主人に連絡を取ろうと、枕元にあったケイタイを手に取って画面を見ると…私が男たちに犯されている写真が待ち受け画面になっていました。
一瞬にして血の気が引いて、いろいろケイタイをいじってみると、フォルダにいっぱい写真が入っていました。
さらにムービーまで撮られていました。

そのムービーを見て、私は主人にも言えないと悟りました。
なぜなら男たちに犯されているのに…男の背中に手を回して抱きつきながら自ら腰を動かし、はしたない言葉を発し、明らかに感じて絶頂を迎えながら満足している自分の姿が写っていたのです。

それからその男たちに写真やムービーをネタに脅かされ、何度も呼び出されました。
主人とはもうずっと以前からセックスレス状態だったので、何か私の中で吹っ切れてしまっていたのでしょうか?

男たちからの連絡が途絶えると、自分から求めるように連絡してしまうほど淫乱な女になっていました。
その後、本当に連絡が途絶えたので、男たちはどこかで捕まったのかもしれません。


PAGE TOP