異常な状況が生み出した快楽


職場の飲み会で酔っ払った。そのまま家に帰りたくない気分。
女を抱きたかった。射精したかった。風俗店に寄った。
熟女が売りの店だった。写真指名のシステムは無かった。
いい子をつけるといわれ、金を払って店に入り、待った。
出てきた女性は綺麗で色っぽい感じがした。
最初は分からなかった。
でも、しばらくすると暗さに目が慣れてきて分かった。
うちの社のパートの女性だった。それも人妻だ。
今日の職場の飲み会に来ていなかった。

相手も自分に気付いた。他の人には内緒だと言われた。酔いも手伝って、異様に興奮した。

指と口で喜ばせた。
その声は普段からは想像できないくらいはしたなく、猥らで、艶っぽかった。
今まで経験したことが無いくらいに硬く勃起した。

彼女がいいというので、突っ込んだ。
出したり抜いたり、抜いたり出したり、馬鹿みたいに同じ動作を延々と繰り返した。

動くたびに硬黒棒の先に硬いコリコリとしたものが当たった。
普段は乱暴なことはしない。だけど、酔いのせいか、やってしまった。
狂ったようにように腰を振った。振って振って振りまくった。

後で考えれば、アドレナリンが出まくっていた。
互いの股肉がぶつかり合う音が店中に響いた。
ソファがぎしぎし、ばたばた音をたてた。


自分の腰の動きのせいでソファがどんどんずれ動いていった。
我慢なんてできなかった。思い切り出した。頭の中が真っ白になった。
自分の下腹部がどこかへすとんと抜け落ちてはるか遠くへ飛んでいった感じがした。

腹の下では彼女が弓なりになり、ビクビクと痙攣した。
全身をわななかせ、うち震えていた。
振動が自分にも伝わってきた。射精後の敏感肉棒の気持ちよさが倍増した。

彼女の目は堅く閉じられ、口からは言葉にならない言葉が漏れていた。
そして、筋肉という筋肉が硬直していた。
真実は小説よりも・・・
異常なシチュエーションに興奮しすぎた。

また彼女としたい。彼女もそう思ってくれているだろう。
いや、それはうぬぼれか。
だが、あれだけの快楽はなかなか味わえないもの。
それは彼女も分かっているはず。

自分のテクニックではない。
異常な状況が生み出した快楽。

回を重ねればマンネリ化し、つまらないセックスになるだろう。
いいのは最初だけだ。

自分の欲望を抑え、職場ではあの日のことをおくびにも出さずに互いに仕事をしている。
ときどき、互いに目だけで語り合う。
それがまた淫靡で、自分としては最高だ。

あの店には近づかない。職場の飲み会で呑み過ぎない。
それが、この淫靡な不安定を継続さえる自戒だ。

彼女の名前は知っている。だが、どこに住んでいるか知らない。
携帯番号も知らない。
家庭背景も知らない。
だが、それでいいと思っている。


PAGE TOP