熟女系の性感マッサージ風俗を体験しました


熟女系の性感マッサージ風俗を体験しました。
50分8000円の店でした。客引きだから怪しいなぁとは思ってたし、30代からの人妻や熟女のサービスだと言われたんだけど、店に行ったらまぁ・・・40半ばくらいのおばさんからって感じでしたね。そん中でも綺麗目な美熟女エスティシャンを選んで部屋に入る。
しばらくして現れた綾子さん。胸はおっきいしムッチリタイプでまじ俺の好み・・・
「あらぁ・・・お若い方かな?」と言われて「いや、30過ぎてますよ」と言うと、
「若いじゃん!しかもカッコいい」ちとお世辞は上手い。

「大沢たかおに似てるって言われない?」と言われたけど、何人かには言われたことはあるから「たまに」と返す。

「似てるよぉ。あたし好き」と話すと綾子さんは「脱いで」と服を脱がしてきて「シャワー浴びよ」と。

綾子さんは巨乳だけどちょっと垂れぎみなおっぱいで乳輪も乳首もおっきめ。でもやっぱり俺の好み。少し崩れたところがたまらないんだ、熟女は・・・

シャワーを浴びてベッドに戻ると綾子さんはキスをしてきて、首筋から耳元に舌を這わせて来て「かっこいい」と囁きながら、股間を触りだしてきた。

優しく丁寧で、さすが熟女。
がっかりした俺の息子はムクムクと膨張しました。

「元気なオチンチン」と綾子さんは撫で回しトランクスを脱がしてきて「おっきいね?」
「長いオチンチン」と綾子さんは丁寧にしゃぶりついてきた。

「上手い」と声を上げると「ありがとう」と起き上がるとおっぱいを顔の前に。
俺がしゃぶりつくと「アンッ・・・アンッ」と声を上げる。

俺はそっと股間を触りながら、既に濡れている花弁を撫で回した。
「いゃん・・・」と綾子さんは声をあげながら濡れている花弁に指をいれてかき混ぜた。
綾子さんは「気持ちいい!」と声を上げあっという間にグチョグチョに。

そのままベッドに寝かせてキスをして・・・性感マッサージの店じゃないのか?もしや・・・
ベッドに寝かせてキスをしておっぱいを再びしゃぶりつき、足を開かせてクンニ。
「アアン!気持ちいい!」と綾子さん。
「凄い濡れてる」と話すと綾子さんは「入れて」と。


「いいの?」
と話すと「うん・・・」と頷き、俺は足を開かせてゆっくりと。
ゴム着けてとも言われずにすんなりと結合すると、濡れた熟女の花弁の中は襞がたくさんありウネウネと絡み付く感じでした。

「アアン!おっきい・・・」と綾子さんは声をあげながら濡れた中に入れて声をあげていた。
「アアン!いい!凄い硬い!」と声を上げる綾子さんに突き入れていった。
お腹には余分な肉もありおっぱいは下向きではあるが、好みだから充分に楽しめる。

「チンポ硬い!凄い!」と声を上げていやらしい。
「綾子さんのオマンコも気持ちいいよ」
「いゃん・・・。」と笑みを浮かべた。

グチョグチョに濡れた花弁に挿入して突き上げ、綾子ちさん上にし、バックでおっきいヒップを掴みながら突き上げた。
そして正常位で激しく突き上げていくと射精感が高まりだしてきました。

すると「アアン!いいわよ!いっぱいちょうだい!」と綾子さんは射精感をわかっていた。
「いいの!」
と聞くと「いいわ!欲しい!」と両手で背中に手を回してきた。

そして俺も気持ちよくなり、綾子さんがしがみつき待ち受ける中で射精。
「アアン!いい!気持ちいい!」と綾子さんは射精をされながら声をあげて両足で俺の背中を挟み込みました。

「凄い・・・いっぱい出てるわ」と声を上げながら舌舐めずりしていた。
「出してよかったの?」
「タイプだし・・・こういう楽しみがあるから仕事も楽しめるの」
溢れ返る精液を触りながら「熱冷めてないわね?」と笑っていた。

「大丈夫なの?」と妊娠を心配すると「40も半ば過ぎたら簡単に出来ないわ。」と笑っていた。
どスケベな上に生本番中にだせて8000円なら、スタイル云々抜きで大満足。

「また来ちゃおうかな」
「来て来て!あなたタイプだから・・・あたしにまたあっついの出して」
俺はハマってしまい、今は月2回通っています。


PAGE TOP