あの子も処女だからね、気になるんじゃない?


初めて高校の時に彼女が出来て、その当時学校でもno1のかわいい彼女だった。
高校2年の頃、修学旅行の季節が来て二人で楽しみにしていた。俺達はお互いに
童貞・処女だったのでその修学旅行で何かあるかと俺はドキドキしていた。
そしてかなり先生達の厳重な警備を抜けて彼女のいる部屋に着いた。
その時はまだ携帯もなくてそこまで行くのに2時間もかかった。
3人部屋の彼女のいる部屋には
当時彼女の親友(ヤリマンと呼ばれていた清美)がいて彼女以外は寝ていた。
彼女の布団に潜り込みキスして胸を吸ったりしていたら、その清美が起きていて
突然声をかけられた。

「何してるの?」
びっくりしてしばらくじっとしていたが、布団を剥ぎ取られて下半身裸の状態で
二人で固まっていた。大きくなった俺のものをじっと見られて俺はかなり恥ずかしかった
が、何だか変な気分だった

清美は俺達がまだしたことがないのをしっていたので、ニヤニヤしながら「今から
するの?」と聞いてきた。その時は言い訳できずに「そうだよ」と答えたが正直
やり方が分からずなかなか穴に入らなかったのだ。

そこで俺の彼女が突然清美に向かって「なかなか穴に入らないんだけどどうしたらいい?」
と聞き始めた。
動揺した俺は恥ずかしいのと情けない気持ちでチンコが小さくなり始めていた。
それを見た清美が・・・
「そんなにやわらかかったらはいらないよ」
と言い出して、俺のちんこに手を当てた。
彼女もびっくりしていたが、その時は恥ずかしい気持ちでいっぱいだったのか、じっとそれを見ていた。清美は「フェラのやり方教えてあげる」と彼女に言って俺のちんこをフェラし始めた。

彼女も少し興奮気味で丁寧に清美の説明を受けながら、二人でフェラしだした。
俺も少し大胆になってきてビデオの中でしか観た事のない3P状態に何だか頭が
わけのわからない状態だった。

彼女はフェラ、清美は乳首をなめ出して、彼女のぎこちないフェラよりも清美の
やわらかいフェラの方が気持ち良かったが、さすがにそんな事はいえない。
彼女が一心不乱にフェラを練習している中、清美はこっそり俺の耳元で「あんたと
一度やりたかったの」と言い出した。
もう頭がいっぱいの俺はどうしていいか分からなかった・・

初めてのセクースがこんな状態になるとは思っていなかったが、体勢を入替えて彼女を
したにしてゴムをつけようとしたが、なかなかつけられずにいたら清美がゴムを口に
くわえてつけてくれた。彼女のあそこは触ってもいないのに、かなりグチョグチョでその
時初めてそんなあそこをまじまじと見た。

おそらく彼女もこの異常な状態に興奮していたんだと思う。
清美が俺のちんこを持ち彼女の穴に差に向けた。
ヌルッて感じで入りだして彼女も最初は痛がっていたが、だんだんなれてきたのか黙って目をつぶって口をつぼめていた。
腰を振るけどなかなかうまくいかなかった。
清美はそんな俺達をみながら、胸を触りオナニーをしていた。

初めて見た女のオナニーに興奮した俺は、更に激しく腰を振りとうとういってしまった。
彼女は放心状態でぐったりしていたが、清美は俺のちんこをまだゴムのついた状態でフェラしだした。

ゴムをとり精液を飲みほしてくれて、さらにちんこも綺麗にしゃぶってくれた。
そのまま押し倒された状態になり丹念にフェラされていて、いってすぐにも
かかわらずちんこは勃起してしまった。

そのままゴムをつけられ清美が上に乗り、勃起したちんこを自分のマンコに入れ出した。
初めての感覚に俺は何も出来ずに、腰を激しく振り乱れる清美に身を任せていた。
そしてまたいってしまった。

その時は頭がボーッとしていたがふと頭を横に向けると彼女とその向こうにはもう一人女の子がいました。
3人部屋なので当たり前だが、すっかり忘れていた。
布団の中から俺と目が合った。さっと隠したが確かに目があった。
清美はまだ物足りなかったのか、いったあとのちんこをまたフェラしていた。

彼女はまだ放心状態で目をつぶり胸をおさえていた。
清美に「あの子起きてるよ。見られてるかも」と伝えた。
清美は笑いながら、「あの子も処女だからね、気になるんじゃない?」と小声で
俺に言った。

そして清美は「あの子あんたにほれてたんだよ」と言った。
俺は驚いたがその当時あまり目立たない子でかなりの優等生であった。
顔は今で言うと眼鏡をかけた安達裕美みたいな子で小さい女の子だった。

清美は突然裸で立ち上がりその子の布団を剥ぎ取った。
やはりL香は起きていて裸の俺を見て恥ずかしそうにしていた。K美は俺に清美にキスする様に言った。彼女も起きてきてみんなで結夏のところに集まった。
何だかその時は開放的な気分に皆なっていたんだと思う。
少し抵抗していた結夏を裸にして、清美は俺に目の前で結夏とする様にうながした。

彼女と清美に見られながら俺は恥ずかしかったけど結夏のマンコを舐め清美は乳首を舐め出した
彼女は何だか別人の様に結夏にキスしていた。結夏も皆に攻められているのが何だか感じているのか、息が荒くなっていた。

いよいよ本番になり結夏は俺の目をずっと見ていたが目を閉じたのでそのまま入れた。
3回目でなんとなくこつをつかんできた俺は結夏が歯を食いしばって
痛がっていたが、ただただ気持ちよくなり一生懸命腰を振った。

彼女を清美はキスしながらオナニーし俺と結夏とのセクースを見ていた。
結局最後までした俺はその晩に3人の女性と関係をもった。

修学旅行は4日間続いたが、そのうちの2日間はそんな状態になりすっかりなれていた。
今となっては4人の秘密だが、この間のGWの同窓会にはまた集まり結局同じ事をしてしまった。


PAGE TOP