貯まっていた精子が中に流れ込むwww


高校二年の修学旅行で憧れの由衣と同じ班になった。
由衣は性格も明るく、成績優秀長澤まさみ似で可愛かったのでクラスの男子達のアイドルだった。で、修学旅行前に由衣が俺の事を好きだという噂が流れた。あんまり信じられなかったが、周りの男子女子の話を聞いてるとどうも結構マジらしい。噂を知ってか知らずか由衣と登下校や会話する回数も増え、いい感じになってきた。
そして修学旅行の夜。
旅館ではみんな男女関係無く部屋を行ったり来たりしていた。
俺もあちこちウロウロして騒いだ後、疲れて部屋に戻った。

部屋には別の班の沙希がいた。
沙希とは一年の頃からの友達で由衣とは違う可愛いさを持った子だった。
芸能事務所からもスカウトされた事があるらしい。

「オーッス、何してんの?」
「騒いでたら疲れちゃった」
「お前酒飲んでんのか?酒臭ーよ」
「うるさいなー」沙希の短パンやシャツの隙間からチラチラ下着が見える。
俺より少し低いぐらいの長身。
足がかなり長く見える。

「パンツ見えてんぞ」
「カズキ、エロすぎー」どーでもいい事を喋ってたら廊下から声が。
「誰か来た!?」
「押し入れ隠れよ!」沙希が襖を開け、押し入れに押し込まれる。

声を潜めていると、部屋に誰か入ってきた。
二人・・・女の声はどうも由衣のようだ。
男の方は・・・彰か。
彰はかなりのイケメンで、女子達の人気も高かった。

襖を少し開け、部屋を覗くとベロベロに酔っ払って騒いでる由衣を彰が布団に寝かせているところだった。
「ココどこー?」
「由衣酔いすぎだって」
俺が襖から出ようとすると沙希が俺の腕を引っ張り、囁く。
(もう少し見てようよ)(え、でも・・・)(いいから、いいから)
沙希は反対側の隙間から部屋を覗く。

俺は嫌な予感がした。
彰は酔った由衣の上に覆い被さり躊躇いなくキスをした。
俺の胸に締め付けられるような痛みが走る。
彰は更に由衣のシャツに手を入れ、身体をまさぐり始めた。

「彰!止めてよー!」由衣はフラフラの手で彰を退けようとする。
「誰にもバレないって」彰を止めないと・・・今すぐにでも飛び出さなければいけない。
しかし由衣のキスシーンに俺の頭からはキーーンと耳鳴りがし、手足は痺れたように震えて動かなくなっていた。

沙希を見ると、沙希も固まったように部屋を覗いたままだ。
彰は由衣のシャツとブラを取ると由衣の胸を揉み、舐め始めた。
あれが由衣のおっぱい・・・適度に膨らみ、柔らかそうな胸。
それが今、他の男にチュパチュパ吸われ、もみくちゃにされている。

「アッ、ンッ、止めて!」彰は弱々しく抵抗する由衣を抑え、愛撫を続ける。
そして由衣のジャージに手をかけると、パンツごと一気に脱がせた。
由衣のお尻がゴロンと転がり、全裸となった。
「いやぁっ!ダメ!見ないでっ!」彰はアソコを隠そうとする由衣の手を掴み、由衣の足を開くと間に座り込むと、アソコに顔をうずめた。

「ヤァッ!そんなところ舐めないでぇ!」足をバタバタさせるが、彰は動じる事なく由衣のアソコを舐め続けた。
「濡れてるぜ」
「アッ、ンッ、そんな事、ない、ンッッ!」由衣の腰がピクン、ピクンと跳ねる。

彰は由衣のアソコを舐めながら自分のズボンを脱ぎ、チンポを取り出した。
俺は自分の心臓のバクバクしてる音が聞こえ、呼吸はハァ、ハァと激しく息切れしている。
彰は舐めるのをやめ、正常位の体勢になる。
それを見た由衣が慌てて起きて逃げようとする。

「ダメっ!それだけはダメ!私好きな人いるから!」俺の心臓がズキッと痛む。
止めろ!止めろ!時間よ止まってくれ!俺の願いも虚しく、彰は由衣の身体を抑えるとゆっくり腰を進ませた。

次の瞬間「痛ーっ!止めて!入れないで!」由衣の絶叫が部屋に響き渡る。
彰は由衣の腰を掴むと更に腰を進ませた。
「痛い!痛い!抜いてよーっ!」由衣は彰の腕を必死に掴み、首を振りながら泣いている。
俺の目からも涙が溢れた。
大好きな由衣が他の男に無理矢理処女を奪われた・・・。


「痛いっ、痛いっ、動かないでっ・・・!」泣きながら歯をくいしばり、布団を掴む由衣の腰を掴みながら、彰はゆっくり腰を振り始めた。
「ウッ、ウッ、ウッ!」由衣は必死に痛みに耐えているようだった。

彰と由衣が繋がっている証拠に、彰の腰の振りに合わせて由衣の身体も動いている。
もう俺の恋は終わった・・・俺の頭は急激に冷め始めていた。
不意に俺の手を沙希が握る。
いつの間にかすぐ隣に来ていたようだ。

沙希の顔を見ると沙希も額に汗をかき、シャツが透けてブラが見える。
(私達もしよっか)沙希の目は潤んでいた。
俺が何か言う前に沙希の顔が近付き、キスで唇を塞がれる。
恐る恐る舌を差し込もうとすると沙希が顔を離す。

(カズキ、キスした事あるの?)(初めてだよ)(そっか、私も)
沙希はゆっくり唇を重ね、舌を絡ませてきた。
そのまま押し入れの中で押し倒される。

(これじゃ、私が襲ってるみたいだね)(狭いんだからしょうがないじゃん)
俺が寝ながらズボンを下ろすと勃起したチンポがそそり立つ。
(ちょっと、大きくない?コレがアソコに入るんだ・・・)
沙希は感心したようにつぶやくと短パンを脱ぎ出す。

暗い押し入れの中、覗いていた隙間からの光だけが薄暗く押し入れの中を照らす。
沙希の下半身が素ッ裸になる。
膝まづいているが足はかなり長い事がわかる。
沙希のアソコに手を伸ばすとヒダがヌルヌルしている。

(アッ、声出ちゃう)沙希は俺のチンポの上にまたがると片手でチンポを掴む。
(カズキの童貞頂きね)(お前だって初めてのくせに)
沙希がゆっくり腰を落とす。

(ウゥゥーーッ・・・!)チンポの先がヌルッと温かくなる
(おい、無理すんなよ)(大丈夫、大丈夫・・・)
沙希の顔が苦痛に歪ませつつも、更に腰を落とす。
チンポがミシミシと軋むような感覚。
(ウゥゥ、全部入ったー)
涙目の沙希がため息をつく。
沙希の体重が俺の腰にかかる。
チンポは全て沙希の中に包まれ、沙希の暖かさを感じている。

(ホントに痛いねー、アソコ裂けそう・・・)
俺はゆっくり腰を持ち上げ、沙希を突き上げる。
(ちょっと、まだ痛いって!)しかし俺の腰は止まらない。
沙希を抱きよせると、ゆっくり腰を振る。

(痛っ、ウッ、ウッ!)沙希の吐息が俺の耳元で聞こえる。
「アッ、アッ、アンッ、ダメ!外に出して!」部屋の中から由衣の声が聞こえる。
「イヤァァーッ!」由衣の絶叫に俺は思わず襖の隙間を広げ、中を覗く。
彰が由衣の上に覆い被さり、密着したまま腰をピクピクさせていた。
由衣の足も彰に合わせてピクピクしている。
中で出されたのか・・・。

俺は急に射精したくなり、沙希の尻を掴むとピストンを早める。
(アンッ、アンッ、ちょっと待って・・・!キツイよ・・・!)
そして必死に俺にしがみつく沙希の腰を思いっきり突き上げた。
貯まっていた精子が沙希の中に流れ込む。

(ウッ!・・・・・・出したの?)
沙希が不安そうな顔で聞く。
(ああ・・・。)沙希は何も言わずに俺を抱きしめる。
部屋を覗くと彰が部屋を出ていくところだった。

去り際に一言「ごめんな」と言って部屋から出ていく。
由衣はしばらく放心状態だったがゆっくり起き上がるとティッシュでアソコを拭き、使っていた敷布団を抱えると、すすり泣きながら出ていった。

その後、修学旅行から戻ると俺と由衣を盛り上げようとする奴はいなくなった。
彰と由衣がセックスしていた事が学年中に広まったらしい。
あれだけ堂々とやっていたのだから覗いていた奴がいてもおかしくない。

しかしその部屋の押し入れで、俺と沙希が初エッチをしながら覗いていた事は誰も知らない(はずだ)・・・。


PAGE TOP