ネットで覚えた莫大なエロ知識を総動員し精一杯愛撫して・・


俺は今高1でよくここの体験談見ては抜いてた

そしてその体験談みたいなシチュにそなえて

(アホだな俺)

毎日必死にチントレしてた

学生は金が無いからサプリなんかは買えないわけで、

俺はコツコツと息子を引っ張ったりして

チントレに精進してた

髪型や服とかにも結構気を使ってたつもり

そんな努力があってか、女友達の先輩に紹介された

内心ガッツポーズして飛び跳ねてたねw

俺はまだ十分に成長してなくて、

体格が小さくて慎重も165cm無かった

でも、中2病の延長で始めたテコンドーのお陰で

カツアゲ返ししたこととかもあってみんな一目置いてた気がする

本題に戻るか

俺が紹介された先輩は2年の先輩でキレイな人だった

さすがは元女子高である、選んでよかったよ

先輩の名前はしおりさんとしよう

しおりさんは鎖骨くらいまで髪が長くてどんな髪型でも良く似合ってた

その時はポニテで、今でも印象に残ってる

とりあえずメアド交換して少し話してその日は終わった

帰ってからしばらくすると早速メールが来た

同学年の女子とメールするのより何倍も楽しかった

お互いの趣味とかについてメールしあった

駅とかであうと手を振ってくれたりした

その時はまだ先輩後輩の関係を保ってたけどさらに1週間くらいすると学校の外では普通に話す仲にまで発展した

週末にデートに行った

人生初である

しおり(プライベートでは呼び捨て、俺はけーちゃんて呼ばれてた)と買い物したり、ゲーセン行って遊んだりした

すごく楽しかったなぁ

デートの4日後にしおりから告白された

俺はその場でオーケー出した

その日から学校のやつらがいても手繋ぎして歩いたりした

しおりとはどんどん親密な関係になっていった

ファーストキスもしおりだった

しおりは二人ほど元彼がいたらしいケドね

俺がしおりにリードされるのが定石になった

しおりの家にはじめて入った

しおりの部屋はそんなに広くはないけどきちんと整理されてて、いいにおいがした

しおりの両親は結構若くて、こういったことに関してもオープンだった(自分たちも毎晩ハッスルしてたんだろうw)

しおりの家で一泊したこともあった

そのときは変な下心とかもなくてしおりに甘えたくて少し甘えさせてもらうだけだった

しおりのベッドで寝たんだけど狭くてずっと体が密着してた

俺はすごく落ち着いて安心してた

夏休みになると私営プールに行ったりもした

プールの帰りについにその時がやってきた

プールから帰ってしおりの家に行くと、しおりの両親は遠方の身内の葬式が急に入ったとかでもう家を発っていた

ソファで座ってテレビを見ていた時に俺はしおりをそっと引き寄せた

しおりもそれに答えてキスしてくれた

一旦唇を離し目を合わせるとお互いにスイッチが入った

激しく舌を絡め、唾液を交換するようなディープなキスをしたしおりが俺を押し倒し、より熱いキスをする

俺もそれに応えて舌を絡めるやわらかなカーペットに転がり、俺が上になる

しおりが「好きにしていいよ」そう言った

俺はしおりのシャツのボタンを外していく

しおりも俺のTシャツを脱がす

俺がシャツを脱がすと程よい膨らみを覆うブラが露わになった

しおりがブラを外し、俺は乳首の愛撫をはじめる

左の乳首を舌で転がし右手でも刺激をあたえる

しおりが吐息をもらし俺の息子をズボンの上からさすりはじめる

しおりがズボンのベルトとチャックを外し脱がせる

そしてトランクスに手を入れ息子をそっと掴んだ

「けーちゃん…おっきいんだね」

そしてトランクスを脱がしいきなり息子をフェラし始めた

突然の刺激に一瞬驚き、しおりの口の温もりを感じる

舌で亀頭をチロチロなめ回し裏筋を刺激される

俺は初めての快感にぼーっとしたが日々のチントレを思いだしここは耐える

69の体勢にチェンジししおりのマンコと対面する

毛はかなりうすく生え揃ってもいない

パイパンの白人画像しか見てなかった俺には幸運だった

手で模索しクリトリスを発見

唇を使いネットで覚えた莫大なエロ知識を総動員し精一杯愛撫した

しばらくすると塗れてきたので指を一本挿入する

しおりの体が揺れ吐息を漏らす

指を2本に増やしピストンさせてみる

しおりのマンコが収縮し指を締めつける

「もういいよ、入れてごらん」

正常位にシフトしおそるおそる挿入を試みる穴の位置を入念に確認し挿入していく

亀頭が埋まりさらに進む

「けーちゃん…太いぃ」

しおりが腰をくねらせて吐息まじりに言った

無事最後まで挿入し終えたので少しずつ動いてみる

はじめは最深部を中心に小刻みに腰を動かす

コッ、コッと亀頭に何かがぶつかる感触が伝わる

子宮口だろうか

しばらくそうしているとしおりが上の騎乗位になり、しおりが動いてくれた

胸がぷるん、ぷるんと揺れるのが見えた

俺の限界が近づいた

「しおりっ、俺もう限界だよ」

「いいよけーちゃん、そのまま出して!今日は安全日だから大丈夫っ!」

そして俺はしおりの中で果ててしまった

が、興奮が冷めずにすぐまた復活した

今度は一度めより持つはずだ

「バックから突いてみたい」

「いいよ」

しおりが尻を突き出すと、なんというか、そのラインがとても美しく、エロかった

さらにアナルまで丸見えだった

俺はしおりに後ろから挿入し動きはじめた

「おもいっきり動いて!」

しおりの言葉通りに俺は全力で腰を振った

子宮口の刺激がさっきよりも強くかんじる

ヌチャヌチャピチャピチャといやらしい音がする

俺は一段と興奮しさらにピストンに力を入れる

しおりの吐息が喘ぎ声に変わった

嬉しくて俺はもっと激しく動いた

しおりが自ら腰を振り、大声を出したかと思うとぐったりと崩れた

イッたようだ!俺のピストンでしおりがイッた!

ぐったりしているしおりの腰を持ち上げ、またピストン運動をはじめた

「あぁ…まって、まだ…イッたばかりで…」

しおりの言葉などおかまいなしに腰を振り続ける

しおりがまたイッて、俺も果てた…

この後は体力が続く限りずっとセックスした

しおり、俺を男にしてくれてありがとう

乱文ですまなかった


PAGE TOP