夫の目の前でワニ男にマーキングされた妻


隣の湯船にいたワニ男。
しばらくは妻を眺めているだけでした。
しかし・・・。

「よいしょっと」

男はそう言いながら隣の湯船から体を出すと・・・。
なんと我々の湯船に入って来ました。

「えっ・・・?」

思わず、自分も妻も目が点です。
妻はあまりのことに、つい笑ってしまってました。
あまりの状況を前にすると、人間こうなってしまうものなのかもしれません。

「はぁぁ・・・」

男はそう言いながら同じ湯船でくつろいでます。
ここの温泉、一つ一つの湯船はそんなに広くありません。
普通の家の湯船と、そこまで大差もありません。
ある意味、家の風呂に一緒に入っているような・・・。
妻を同じ家で共有しているような・・・。
そんな感覚に陥りました。

妻の胸も局部も、すべてが目の前でまる見えで。
今さら隠すのも不自然なのか、すべてを晒しっぱなしでした。
男はさらに気をよくしたのか、セクハラな質問が飛び出しました。

「奥さん、胸キレイですねぇ。いい乳首してるし」

以前に温泉でそれに類することを言われたことはあるのですが、ここまで目の前で言われたのは初めてです。

「もしかしてオッパイ出たりします?(笑)」

そのようなことまで言われました。
たぶん何を言っても怒らない2人だと思われたんだと思います。
妻も返す言葉も出ず、ただ苦笑いするしかありませんでした。
ただ、その突き刺すような視線が辛かったのでしょう。
それから逃れるように妻は一人、前に向く体勢になりました。
しかし、ほっと安心したのも束の間・・・。
男も、妻を追うように体勢を変えたのです。

「いい景色ですよね」

男はそう言いながら妻の真横に来て、同じ体勢をしました。
まさか、そこまでやるとは。
あまりの状況に固まります。
こんなとき、どうしていいのか分かりませんでした。
2人の間に入って妻を守ろうにも、湯船が狭くてそんな隙間はありません。

「この温泉、気持ちいいですよね?」

男は妻に話しかけ続けます。
自分のことはまるで眼中にないように、妻とだけの空間を作っていました。

「あ、はぁ・・・。まぁ・・・」

無視するわけにも行かず、妻はそれっぽく会話をしていました。
全裸で真横で入浴している姿。
この状態を見た人間がいたら、間違いなく彼らが夫婦で、後ろにいる自分の方がワニだと思われるでしょう。
しかし今さらながらに会話に入ることもできず、指を咥えて見続けることしかできませんでした。

「あ~・・・」

しばらくすると、妻の反応があまりなくなったからか男が静かになりました。
景色にでも集中しているのか?
思わずそう思いました。

しかし・・・。
妻がなんかモジモジしています。
そのとき気づきました。

(まさか・・・!)

お湯の中なのでよく見えませんが、男と体が当たっているのでは!
そう思いつつも、もちろん確証はありません。
少なくともこの状態を許してしまっているのに、「妻に触れるな!離れろ!」なんて言えません。

(いや・・・触れているなんてことはないだろう・・・。まさかなぁ・・・)

そう願いつつ、ただ2人を見ていました。
ただ途中から男の息が少し荒くなったのと、男の右手がお湯の中に入ったのが分かりました。
少しだけ嫌な予感はしましたが言葉にはできません。
不安に思いつつも、せめて夫としての所有を示したかったため、自分は妻の足を触っていました。



すべてが分かったのは、最終的に妻と別の湯船に移った後でした。
妻曰く、男は話しながら、妻の足に自分の足を擦り付けていたそうです。
妻も最初のうちは、狭いからしょうがないかな、それを言うのも雰囲気を壊すかな、と思って言わなかったとか。
すると男はどんどん調子に乗ってきたようでした。
やんわりと当たっていた足が少しずつ少しずつ動き、ぐいっと押しつけられてきたそうです。
太ももだけでなく、お尻に擦るように当たってきた・・・と。
妻は少し気持ち悪かったようですが、言うタイミングを逃し、何も言えなかったそうです。

でも、それだけではありませんでした。
しばらくすると、「明らかに足ではないのが当たってきた」と。

(まさか・・・?男性器まで当てられたのか!)

「硬かった?」

「・・・分からないけど、硬かったかも・・・。・・・でも、手かもしれない」

(本当に手だったのか?)

そうあって欲しいと思いつつ、納得できない自分がいました。

「もしかして・・・アレかな・・・?」

そう言うと、妻は静かに言いました。

「そう・・・かも・・・」

返事が心に刺さりました。
呼吸を整えて、また聞きました。

「大きかった?」

妻はしばらく躊躇っていましたが、言いました。

「・・・うん・・・」

ショックでした。
この「大きい」は、間違いなく自分と比べてだと思うからです。
自分も自信がない方ではないのですが、男のはそれ以上だったと・・・。
男は最後まで自分に性器を見せることはなかったのですが、まさか妻に触れさせていたとは・・・。

「どこに当たってた?」
「・・・足とか・・・」

「それだけ?」
「・・・少し・・・お尻とか・・・」

この男は自分によく見えないのをいいことに、夫の目の前で裸の妻に、夫のより大きなサイズの性器を擦りつけていたのです。

「・・・どんな感じだった・・・?」

「なんか・・・。少し動いてたし、ヌルってしたかも・・・」

そのときに気づきました。

(まさか・・・!湯船に入っていた男の右手は・・・!)

「え・・・。もしかして何か出したりとか・・・してた・・・?」

すると妻は慌てて言いました。

「えっ・・・!そんなの・・・分からない・・・」

しかしそのとき、妻の表情が確かに曇ったことを自分は見逃しませんでした。

まさか・・・。
擦りつけるだけでなく・・・。
自分が惨めに足を触っているあいだに・・・。
男は妻の尻を触りながら・・・。
まるで犬が縄張りにマーキングをするように。
電柱にオシッコをするように・・・。
格下のオスに立場を分からせるかのように・・・。
妻の裸に向かって自分の精液を出し、擦りつけていたかもしれないのです・・・。

「あ・・・でも、気のせいかもしれないから・・・」

慰めるかのように妻は言いました。
そのとき、妻は自分の性器をチラッと見た気がしました。
もちろんそんなつもりはないと信じたいですが・・・。
性器を比較されているかのような気持ちになりました。

『私が全裸のままマーキングされちゃったチンポは、もっと大きかったよ』

そんな妻の言葉が心の中に響いた気がしました。

タイトルとURLをコピーしました