奥さん こんどは四つん這いになってくれませんか?


私と妻は結婚して10年が経ち、夫婦ともに30歳台になりました。
結婚10年を祝うつもりで近くに住んでいる共通の友人たちを家へ
招き、ちょっとしたパーティーを開くことにしました。
私たち夫婦を入れて総勢6組の夫婦たちが当日用意した妻たちの手
料理に舌鼓を打ちながら、ビール、焼酎、ウィスキー、日本酒へと、
かなりのハイスペースで進んでいきました。
日ごろ、こんなに揃う事の無い妻たちは、笑い転げながら、
昔話に花が咲いていました。
パーティーが始まってから約5時間経ったころ、さすがに友人たちの
多くは帰り支度を始め、妻もほろ酔い気分で片づけを始めていました。

そんな中、私の親友、富田は、まだ飲み足りない様子で、妻に日本酒を催
促していました。富田は、友人たちの中でも一際酒に強く
私もそんな富田にペースを合わせ、呂律は廻っていなかったと思います。
富田の嫁はそんな富田に呆れ顔で「先に帰るわよ。」と告げ、私の妻に申し
訳なさげに挨拶をし、帰っていきました。

私の家にはこの時点で私たち夫婦と富田の3人になっていました。
富田と昔話をしていくうちに、富田はこんなことを話し始めました。
富田「いいよな あんなきれいな嫁さんで。」
私「何言ってるんだよ お前の嫁さんだって美人じゃないか。」
富田「顔はな。しかし、カップがないんだよ。子供ができれば少しは大き
くなると思うけど、そんな様子もないし。」
私「がんばって、子作りに専念しろよ。お前たちまだ若いじゃないか」
富田「がんばろうと思っても、俺の趣味に合わせてくれないんだよ。」
私「なに?その趣味って」

富田「エプロン」
私「はぁ?」
富田「裸にエプロンが俺の趣味なんだ!!」←絶叫に近かった。
妻が片づけをひと段落させ、私たちの間に入ってきた。
妻「なに?エプロンって。」
私「富田の嫁さんが富田の趣味に合わせてくれないんだって。」
富田「奥さんはエプロンが似合いますよね。うちのはエプロン似合わない
んですよ。」

妻「エプロンに似合う似合わないってあるの?」
富田はニヤっと笑って言いました。
富田「違いますよ奥さん、裸にエ・プ・ロ・ン!!」←また絶叫に近い。
妻「いや〜ね。AVの見過ぎなんじゃないの?」
富田「そんな事いって 試したことありません?」
私「おいおい何言ってるんだよ」
妻「1度か2度あったよ。」
私「お前も酔ってんじゃないのか?なに真面目に答えてるんだよ!」

富田はこの私たちのやり取りを見て、うらやましそうに、そして懇願する
ように言った。
富田「見たい。見たい。奥さんの裸にエプロン。見たい。見たい。減るもん
じゃなし、一度でいいから生の『裸にエプロン』が見たい。見たい。」
富田は、まるで子供のようだった。

私は内心妻のそんな姿を見たいと思った。富田にも見せてやりたかった。
実際2度は私たち夫婦も「裸にエプロン」プレーをしたことがある。
これもコスプレなのかな?と言い合いながら...。
しかし、妻は、当然断わるとも思っていた。
隣の妻を見ると、口元がニヤけていた。まさか、まさか? まさか??

妻「いいわよ。でもまさか友達に裸を見せるわけにはいかないから、
富田シャツにエプロンってどう?」
妻は乗り気だ。乗り気になっている。
私はドキドキしながら、こう言った。
私「でも、裸にエプロンじゃないと意味が無いんじゃない?」
自分でも何を言っているのか分からなくなった。でも興奮していたのだ。
妻「ちょっと着替えてくる。」
妻はそう言い残し、席を立った。
まじで?まじなのか?

富田「ノリで言ったのがこんなことになって、お前はだいじょうぶか?」
私「今更何言ってるんだよ。まあいい。楽しんでいけ。」
そう言うのがやっとだった。
二人で待っている時間が長く感じた。
妻は数分後、リビングへ戻ってきた。
私は妻の姿を見て驚きと動揺の入り混じった複雑な気持ちになった。

その姿は、紛れも無く「裸にエプロン」だった。が、パンティーは穿いていた。
私と富田との間にゆっくりと歩いてきた妻を横から見ると、妻の
Eカップの形の良いおっぱいが乳首のところを除いて露になっていた。
息を呑む富田と私。

興奮している私たちを上から見下ろす妻。こんな光景にめぐり合うなんて...。
妻「これが『裸にエプロン』って言うんでしょ? どぉ?」
妻は確実に酔っていた。そして、興奮していたんだと思う。
富田のほうをを見ると口をアングリ開けて呆然とそんな妻を眺めていた。


富田は上ずった声で言った。
富田「奥さん。これですよ。まさに『裸にエプロン』です。とてもきれいですよ。
でも、まだ足りないものがあります。パンティーを取らなくちゃ。」
私も酔いが回ってたんだと思う。追い討ちをかけるようにこういった。
私「そうだよ。パンティは脱がなくちゃ。」
妻「無理よ これ以上は。これ以上脱いだら圭介(私)も富田さんも止まらなくなるぅ。」
妻は何かを期待していた。ノーブラでエプロンを着た時点で確実に。
私はいたずらっぽく言った。

私「パンティーを脱ぐのは簡単だけど、富田よ、俺はこのふりふりのついたエプロン
に、赤い富田バックのパンティーの組み合わせが大好きなんだが、お前はどぉ?」
富田「あっ!それいいかも。奥さんリクエスト リクエスト!!! 赤い富田バック!!」
妻「もう しょうがないわね。でも私だけこんな格好はイヤ。あなたたちも着ている
ものを脱いでよ。そしたらリクエストに応えるわよ。」
私も富田も即答だった。一瞬で妻の前で男二人がパンツ姿になっていた。

妻はしょうがないなといった感じで、私たちパンツ野郎を尻目に部屋を後にしようと
したので、すかさず私はこういった。
私「ここで着替えればいいんじゃない?」
妻は少し怒った様子で私をキッと睨み、「じゃ、赤いの取ってくる。」と言い残し、
部屋を出て行った。

富田と私はパンツ1枚でさらに日本酒を進めていた。
数分後、妻はさっきより赤い顔をしてリビングへ戻ってきた。
裸にエプロンの妻が片手にクシャクシャと握りつぶした「赤い富田バック」を持って。
妻「これでいいの?」
と私と富田の目の前にその赤い富田バックを恥ずかしそうに広げて見せた。
富田はニンマリと笑みを浮かべ、子供のように舞い上がっていた。

富田「早く 早く着替えてください 奥さん。」
私「後ろを向いて着替えるんだよ。」
妻「恥ずかしいから見ないで。」
私「いまさら何を言ってる。富田に興奮してもらえ。」
妻「バカ!圭介が一番興奮してるんじゃない。」
富田「そんなこと無いですよ。私もほら!」
と言って、富田は、パンツをずらし、その半立ちの大砲を妻に見せた。

私はその時、妻の正直な感想を聞き漏らさなかった。
妻「大きい...。」
私「富田も半立ちになってるじゃないか。早く後ろを向いて着替えなさい。」
この時、私は理性が飛んでいた。そして、これから起こることに期待もしていた。
妻は後ろを向き、前かがみになって穿いているパンティーを脱ごうとしていた。
その時、富田と目が合ったのだろう。
妻「いゃ〜。富田さん、鼻の下が異様に伸びてる。」
富田「奥さん、伸びてるのはこいつも同じだよ。」
と言い、80%完成系の大砲をしごいていた。

私の持ち物とは比べ物にならないほど、本当に大砲だった。
妻はそのまま富田に自分のヴァギナを見せ、そして、赤い富田バックをスルスルと穿いた。
穿き終わったと同時に富田にこう言った。
妻「富田さん 興奮した?それ起った?」
富田「まだ80%くらいかな? 奥さん こんどは四つん這いになってくれませんか?」
富田はもう既に遠慮という気持ちは無かった。
妻も恥ずかしいのだろう、私に目くばせしていた。

私も妻にうなずき、「見せてやれ」と目でエールを送った。
妻は真っ赤な顔をして、富田のほうへ四つん這いになりながら向かった。
私からの角度だと、妻のおっぱいはもう既に見えていた。
富田からの視線はどんな感じかと、富田の斜め後ろへ移動したが、もっとエロいものだった。
エプロンの谷間の奥には、妻のたわわなおっぱいの谷間が見え、富田を挑発していた。
富田「これだよ圭介、エプロンの醍醐味だよ。」
といい、しごく手の動きを早めていった。妻の前かがみの光景が富田の勃起を助け、富田の大砲は、100%の大きさになっていた。

妻は、その大砲に魅了されていた。目がとろんとなっていた。私に許しを得る前に、
その大砲にキスをしていたのだ。
私は妻に何かを言おうと思っていたのだが、言葉が出てこない。そのままその光景を見ているしかできなかった。
妻は、愛おしそうにその大砲に自分の唾液をかけ、次の瞬間、亀頭を口に含み舌を絡めていた。おいしそうに。おいしそうに。

そして、時に、ディープスロートに挑戦するが、私との時のように、全てを咥え込む事が
できず、3分の1は残して、上下運動を繰り返していた。
富田はうれしそうに、時に悶絶しながらも、妻のエプロンの横から、たわわな妻のおっぱいをもんでいた。時に荒々しく、そして乳首をころころさせながら。

妻はその度に眉をひそめて口から吐息を漏らしていた。
富田はセックスが強い。
富田の嫁が1日中富田に責められ、5回ほど失神したことを富田から聞いていた。
妻はどんな感じになるのか、見てみたかった。


PAGE TOP