黒いブラジャーからはちきれんばかりの巨乳が現れて・・


平日でしたが会社が休みで、
昼過ぎに起きて暇だったので近所のショッピングセンターにて、
一人で買い物をしにいきました。
郊外に大型のショッピングモールができたためか、お客は少なめでした。
2階の服飾売り場を歩いているときに、ぽっちゃりめの熟女の姿が目に入りました。
44歳ぐらい、顔はそんなに美人ではないけど、
セーターの上からでもわかる巨乳で、大きく張り出したお尻。

長めのタイトスカートには、
ぴっちりとパンティのラインが浮き出ています。

ぽっちゃり熟女好きの私は、
なんとなく彼女のあとをつけていました。

しばらく服や下着を見ながら、服飾売り場をうろついていた後、
本屋を回り、女性誌を立ち読みしてから、
売り場全体からは影になっているトイレの方へ歩いていきました。

そして、障害者用のトイレに入っていきました。

とりあえず私もトイレに行ってから、先に出て待ち伏せようと思い、
もっとも奥にある男子トイレに入ろうとしたその時、
障害者トイレのドアが急に開き、手を引っ張られました。

「ついてきてたでしょう?」

そういいながら、
右手が私の股間に伸びています。

「え、いや・・」


とっさのことに動転していた私とは対照的に、
ゆっくりと彼女が迫ってきます。

後退りしながら後ろの壁に突き当たると、
彼女は「いいことしてあげる」と股間を撫でながら言いました。

そして、しゃがみこむと慣れた手つきで私のベルトをはずし、
ジーパンを下げました。

カチカチに勃起した私のアレをパンツの上から撫でながら、
「私のどこ興奮したの?」と聞いてきます。

私が「おっぱいとお尻です」というと、
「見たい?」といいながら、
答えを待つまでもなくセーターを脱ぎました。

すると、黒いブラジャーからはちきれんばかりの巨乳が現れました。
おそらくHカップはあるんじゃないかという大きさです。

その大きな胸を股間に押し付けてきました。
次に、おもむろに私のパンツを下げると、
がっつくようにギンギンのアレにむしゃぶりついてきました。

かなり熟練の舌技で、いきそうになったので、
「おっぱいでいきたい」というと、ブラジャーをはずし、
パイズリフェラをやってくれました。

とても激しいパイズリフェラにあえなくいってしまい、
その大きな胸にたまったものを吐き出しました。

彼女はそれをふき取ると「連絡ちょうだいね」と電話番号の書いた紙を渡し、
服を着て去って行きました・・・。


PAGE TOP