生暖かい感触が俺のアナルを襲って・・


2〜3ヶ月ほど前、都内の某性感店でのことです。
そこは行ったことない店ので、まずは電話で内容確認。
リップサービスは一切なしで、指先と言葉だけのサービスと説明うける。
俺はアナルはもちろんのこと、乳首舐められながらのシゴキもウルトラ感じる人間です。
いつもなら、指だけでは・・・と思うが、なぜかその時は「舐め無しなら、ルックスはかなり期待できる」と思い込みいざ店へ!
ホテルプレイなのでまずはチェックイン。
待つこと20分ほど・・・。
(毎度のことだが、どこのホテル性感行ってもこの待ち時間は、
これからどんな女が来るのか、どんなプレイを堪能できるのか・・・と
想像してかなり興奮する)

ピンポーン!

・・・ガチャ・・・
「由紀子です。こんばんは」

現れた女は俺の想像をはるかに上回る良い女だった。
カワイイ系では無く、あきらかにキレイ系、上品系といった感じ。
年齢は聞きもしなかったが26、7歳ぐらいか。
顔立ちも良く、ニキビ跡とかその類のモノは一切無いサラリとした
美白美人。

ほんの少しだけ茶色で肩までのストレートの髪。
身長は155〜60cmほど。
白のノースリーブに水色のカーディガンみたいな上着。
スカートは膝うえ10cmぐらいの白のタイトスカート。

由紀子はこちらを向かって微笑むと、カバンを置き おもむろに上着を
ハンガーにかけた。

見てみると、ノースリーブの脇から白のブラがチラチラ見える。
胸のあたりもをよく見ると、ブラのカップ模様もうっすら透けている・・・。
スカートを後ろから見ればパンティーラインもそれと分かる。

由紀子「じゃ早速ですけど○○○○○円いただけますか」
言われた通りの金額を渡した。
俺はまだスーツのまま。
すでに勃起しているため、前がかなりふくらんでいる。

金を受け取りながら、由紀子は俺の股間を見た。
由紀子は俺の股間が勃起状態であるのを確認したはずだが、
すぐに視線をはずし、バッグの中にお金をしまいこんだ。

そして由紀子はイスに座り、また勃起状態を見ながら
由紀子「・・・もう大きくなってるんですね」
俺「これから由紀子さんに何されるか期待しちゃうと・・・」
と言いながら、ミニスカの奥をみつめる俺。
ストッキング越しだがかすかに白の三角形が確認できる。

由紀子「どんなことされたい?」
俺「アナルと乳首を攻めてほしいな、でもアナルは指入れまではまだ無理」
由紀子「じゃあ、乳首とおしりの穴をさわったりでイイ?」
俺「ハイ」
由紀子「じゃあシャワー行こうか、脱がせてあげるね」
と言い由紀子は近づいてきた。

由紀子は俺のYシャツとズボンを脱がせてくれ、ハンガーにかけた。
靴下は自分で脱いだので、残るはTシャツとトランクスのみ。
由紀子はTシャツを脱がせてくれると思ったら、乳首のあたりまで
めくっただけで、露出した俺の乳首を指先でツマんだ。
そして自分の身体を俺の左側に押し付けてきた。
俺は視線を由紀子の胸元に向けると、ブラと上乳が丸見えだ。
由紀子はオッパイを俺に押し付けながら乳首をつまんでいる。

由紀子はちょうど俺の左脇腹あたりにオッパイを押し付け、
左手で俺の右乳首をいじっている。
そして余った右手は、俺の背後にまわし、股間のあいだから
チンポ全体をトランクス越しにさすり始めた。

俺は「あぁぁぁぁ」と声が出てしまった。
由紀子は俺を見つめている・・・。
すると全く期待してなかったが、由紀子は俺の左乳首を舌全体で
舐め始めた!
(たしかここはリップサービスは一切無しのハズ・・・)
そして由紀子は右手を俺のトランクスの中に侵入させ、玉袋を
やさしく揉みはじめた。

由紀子は着衣のままだ。
俺は右の乳首をツマまれ、左乳首をなめられ、袋を後ろから
もまれている・・・。
俺はリップサービスがNGというのは、あえて触れずに
由紀子にされるままにされようと思った。

そして玉を揉んでいた由紀子の右手は、そのままサオを
やさしく触り始めた。そして・・・
「感じやすいのね・・・」と言い、すべてをやめてしまった。
由紀子「さぁ、シャワー行こ」
俺「・・・ウン」

由紀子は俺のTシャツ、トランクスを脱がせ、自分のミニスカートを
下ろした。
そしてストッキングを下ろすと今度はノースリーブのシャツを脱いだ。
脱ぐときに脇の下も見えた。
見事にキレイだった。
最後にパンティを下ろして、キチンとたたんで俺の手を握りバスルームへ
向かった。

俺は風呂場のイスに腰掛けると、由紀子は手に石鹸をつけ、
俺の身体を洗ってくれた。
由紀子の胸はCカップぐらいだろうか?俺は由紀子の身体全体を
なめるように見た。


由紀子の手が俺のチンポとアナルは洗っている。
うぅ〜石鹸で洗ってもらうだけで、かなり気持ちがいい。
すると由紀子が、
「はいキレイになったよ。そしたらソコに両手をついて、
お尻をこっちに向けてもらえますか」

どうやら浴槽の縁に手をついて、尻を向けろと言っている。
俺はかなり興奮しながら言われた通りに手をついた。

俺がその体勢をとると、由紀子は俺の尻を左右に手で開いた。
俺の肛門が丸見えだ・・・。
玉袋も裏から見られてるだろう、と思うと興奮した。

そして次は何をされるのだろうと思った瞬間、
生暖かい感触が俺のアナルを襲った!!
由紀子が俺のアナルを舐めている!!
自分からはよく見えないがこの感触はそうだ!と思い
横を向いたら鏡があったことに気づいた。

そして鏡を見ると、やはり由紀子の顔は俺の尻の中に埋まっていた!
こんなキレイな女の暖かい舌が俺のアナルをなぞっている!
舌は先っぽが動いているかと思ってると、今度は舌全体が俺の
肛門に押し付けられてる。
そうかと思うと、今度はくちびる全体で肛門に吸い付きながら、
玉袋を手でやさしく揉みはじめた。

由紀子に後ろからアナルを吸われ、玉をもまれている姿を鏡越しに見る俺。
由紀子の残った手は、玉だけでなく、サオにも向かった。
シゴいてうるのではなく、やさしくサオを触っている。

さらに由紀子は肛門吸いと舐めをしばらく繰り返す。
俺はシゴかれるともうイク寸前だった。

すると由紀子は肛門から顔を離し、
由紀子「気持ちイイ?」
俺「もう出る寸前!」
由紀子「まだダーメ。じゃあ私もシャワー浴びるから先に
出て待ってて」
と言い、俺をバスタオルで拭くとまた風呂場に入っていった。

「リップサービスNGは言ってるだけか?」と
俺は自分で身体を拭きながら思った。
でも今はそんなことはどうでもいいから。
しばらくすると由紀子がタオルを巻きながら
風呂場から出てきた。
「じゃあ今度はこっち来て」と由紀子が言った場所は
洗面台だった。

このホテルの洗面台はかなり立派で前面には大きな鏡がある。
洗面台の前に行くと、由紀子はタオルをとり、俺の背後にまわった。
そして後ろから左手を伸ばし、俺の左乳首をつまみだした。
そして今度は右手も伸ばし、俺のチンポをさわりだした。
背中にはオッパイがあたっていて、スゴクやわらかい。

全て目の前の鏡に映っていて、鏡越しに俺と視線を合わせる。
由紀子は愛撫を続けた。
由紀子「そのまま洗面台に片足あげて・・・」
言われる通りに俺は右脚を乗せる。
由紀子はチンポを触っていた右手を今度はアナルのあたりに
もっていき、今度はアナルと乳首への同時攻撃だ。

「あぁぁぁぁぁl」
やっぱり俺は声が出た。
由紀子「そのまま洗面台に乗っちゃって」
俺は洗面台に乗った。
由紀子「うん、それでしゃがんでみて」
俺は洗面台のうえでう**座りの体勢になった。

すると由紀子は腰を低くして、
「おしり、突き出して」
俺は言われたとおりに突き出すと、肛門が全開だ。

ある程度、予想はできたがやはり由紀子は背面の下から
俺の肛門に顔を近づけて来て、また舌で俺の肛門を
愛撫しはじめた。
今度は唾液も たくさんついてる感じがする。

ジュルルル。・・・ジュルル・・・。

少しだが舐めている音も聞こえており、舐めているところ
が鏡に映っている。
例によって舌の先、舌全体、くちびる全体を交互に織り交ぜ
俺の頭の中は真っ白だ。

「ぐうぁぁぁぁぁっぁぁ!!!」
俺は耐えられなかった。こんなに優しく、激しく、舐められて。
由紀子は唾液の量を増やし、さらに激しく俺の肛門を吸ってきた。
そして・・・

右手をサオ、左手を玉袋に伸ばし、舌の先が少しアナルの
中に侵入してきた!!!
チンポの感触が妙に良いので、見てみると由紀子の手には
既にローションがついていた。

俺は鏡に映りながら、後ろから肛門を吸われ、玉とサオを
シゴかれていた。
くちびる全体で吸い付いて、かつ舌は肛門の中に少し入れ、
ローションをつけた手で玉をもまれ、サオをシゴかれている。

サオをシゴく手が早くなってきた。
「もうダメ・・・出したい!!」俺は叫んだ。
由紀子は一瞬だけ口を離し、
「いいよ。出して!!」と言い、また肛門を吸い始めた。

ジュルルルル・・・ジュルルル・・・・

肛門への吸い舐めがいっそう激しくなる。
サオをシゴく手も激しくなる。
背中から頭のせきに電流が流れるようだった!!!!
「あぁぁぁぁっぁぁぁl!!!!!」
俺はチンポから大量に出した。
と、同時に由紀子の吸い舐めが激しいものから優しくなった。

チンポから精子が全てシゴき出されたが、由紀子の舌はまだ
肛門を優しく舐めている。

「いっぱい出たね・・・」
快感の余韻を噛みしめている俺に、由紀子がにっこり笑いながら言った。


PAGE TOP