配達先の巨乳人妻にボッキを見せたら、中出しまで行けた


この夏の出来事、配送先の担当者の三枝子さんとの話。
三枝子さんは42才で、細身ですが中々の巨乳!
その日は遅れてしまい、いつもは受け取る人が何人もいるのだが、
到着した時には三枝子さんひとり。急いで荷物を下ろし、仕分けを手伝っていると、
三枝子さんの襟元から胸の谷間が見えている。いつのまにか、元気になっていたムスコ。

「しかし、三枝子さんの胸大きいな~さっきから胸の谷間が見えてたよ」
「エッ!見えてた」

「うん、見えてた。だから立って来たよ」
「またまた、こんなおばちゃんの見て立たないでしょう」

「そんな事ないよ、魅力的ですよ!」と話ほら見てとテントを張ってるのを見せた。
「え~何で?こんなおばちゃんで立つの?」

「三枝子さんタイプだし」
「ズボンの中に何か入れてるんじゃないの?」

俺は半信半疑の三枝子さんの手をとり、本当にだよ!と手を持って行った。
三枝子さんは、ほんとだ、とびっくりして手を放した。
因みにこの場所は、この荷物の小部屋なので他には誰もいない。

俺は三枝子さんに「少しでいいから、触って」と頼んで見ると、
少しだけならと、触り始めた!

「本当に硬いね、こんなに硬いの久しぶり」
「久しぶりなら直に触って」
とチャックを下ろし取り出した。

「凄い元気だね」
と少しこすってると、次第に三枝子さんが静かになり黙々と触り続けている。

「どうしたの?急に黙って、もしかしたらエッチな気分になって来たかな」
「そんな事ないよ」

「じゃあ三枝子さんのも触って良いかな、もしかして濡れ出来たかな」
「そんな、濡れてないよ、触っただけやもん」

それじゃ、と俺は三枝子さんのズボンの中に手を入れ、パンティの上から触ると、
少し湿っているような感じがする。

「なんだか湿ってるよ」
「そんな事ないよ」
と三枝子さんが顔を赤らめる。

パンティの中に指を入れ触ると、そこはすでに大洪水。
指もすんなりおまんこに入るほどの濡れ方。

「ほら、濡れ濡れじゃないか」
「あっあっ!だって久しぶりだもん、ちんこ触るの」

俺は、三枝子のズボンを下ろした。
少し強引だが三枝子さんを後ろ向きにして、パンティを横にずらして、
ちんこを入り口に当てる。

「入れていい?」
「駄目、こんな場所で!」

しかし俺はたまらず、一気に奥にねじ込んだ!
「あ~ハァン駄目だって!」

俺は腰を激しく動かす。
「アッアッ駄目、アッアッいいアッ凄い」
と感じ出す三枝子さん。

しかしそこから無理やりに抜いて、
「このままじゃそろそろ配達の人が帰って来るから、
この先のスーパーの駐車場で、待ってて」
と言って、三枝子さんは部屋を出た。俺も続く。

しばらくスーパーの駐車場で待って居ると、横に車が止まった。
三枝子さんが手招きをしたので車に乗る。

「もお~あんな場所でするとは思わなかったよ。会社に連絡しようかな!」
と、ちょっと怖い顔の三枝子さん。

「ごめんなさい!許して下さい!」と俺が青ざめて謝っていると、
「あはは、ウソウソ。でもびっくりしたよ!今から時間大丈夫?続きする?」
とラブホに向かうことになった。



部屋に入るなり濃厚なキスをしながら、ベットに向かい服を脱ぎ捨てる。
おまんこを見るとすでに乾いてると思いきや、びっしょりで触ると糸を引く程!

おっぱいを揉みながら
「三枝子さんのびっしょりだね、少し時間経過したのに」
「だって久しぶりてのも有るけど、意外にあなたのちんこが良くて疼いちゃった!」
とちんこを握りペロペロとフェラをし出した。

三枝子さんのフェラは中々。吸引したり先っぽを唇で、クチャクチャしたりで危うく出しそうになる。

俺もお返しとばかりに69体制になり、おまんこを舐める。
クリに吸い付きながら舌でクリを舐め回すと、
「アッアッいい凄い気持ちいいアッアッ」
と、顔はあっという間に三枝子さんのエッチな汁でベタベタに!

「三枝子さんはフェラ好きなの? 凄いテクニックだ」
「うん、大好き、何時間も舐めてたい」

そろそろ入れて、と我慢できなさそうな様子。
入れると、一段と感じ声を上げました!
「アッアッ凄いアッアッいい」と、激しく腰を振る三枝子さん。

「アッアッイクイク、ハァハァアッイク~」とおまんこが激しく締まり、
三枝子さんはイッた様で、俺もラストスパートで激しく腰を振りお腹に出した。

「ハァハァハァ、でも凄く相性のいいちんこだわ!何年ぶりかな、エッチでいったの」
と、汗を流しに三枝子さんは風呂に行った。

シャワーの音が聞こえ、俺も風呂に向かう。
三枝子さんは俺のちんこを見て、
「さすが、若いな~まだ、ギンギンだね」

俺は後ろにまわり「おっぱいを揉みながら入れてもいい?」と。
「どうぞ!」
と風呂場に三枝子さんの声が激しく響く!
二回目はお尻にかけた。

その後でシャワーで身体を流し、ベットに横になった。
三枝子さんも横に来て、色々話をした。
「まだ、出来そう?」
「三枝子さんとなら何回でも」

三枝子さんは、携帯を取り出し電話をした。
「あなた、仕事で、トラブルがあったから帰り遅くなります」
と旦那さんと話をしていた。
俺は、ゆっくり指をおまんこに入れて遊んでいた。

電話が終わり、
「もぅ~声出そうになったよ」と三枝子さん。
再びフェラをしてから三枝子さんは自ら上になり、激しく腰振り始め、悶え出した。

しばらくすると、「イっちゃうイっちゃう!」の声。
激しく腰を振る三枝子さん。

俺も出そうだったが、三枝子さんの動きはよりいっそう激しくなり、
我慢出来ず中に出してしまった!

「ハァハァ、イッちゃった。あなたはまだかな?もう少しかな?」
「三枝子さんが激しくて、気持ち良すぎて中に」
「エッ!出ちゃったの?中に」
「うん」
「アチャ・・・まぁ仕方がないか、私も夢中になりすぎたわ!」
「良いの?」

俺がキスをすると、三枝子さんは抜かずに腰を振り出した。
さすがに四回目は少ししか出た感じがしなかったが、また中に出した。

帰りに携帯を教えてもらった。
それからは三枝子さんとはセフレとして付き合っている。

タイトルとURLをコピーしました