不思議でHな出会い…ナンパから始る奇跡の物語


大学1年の夏、初めてナンパした。

田舎育ちの自分は大学で楽しい生活を夢みて、
上京し、典型的な大学デビュー野郎ですw

この時が、ナンパも初体験だし、
SEXも未経験の童貞だったw

初ナンパで最初から上手く行く程あまくないかと
何組にも話し掛けては玉砕し、諦めかけたところに、
女神がやってきた。

合コン帰りの3人組をナンパに成功し、
居酒屋へ連れ込みました。

ちょうど3:3だったし軽く飲んでてノリも良かった。

話によると、合コンにやってきた男達と喧嘩をしたらしい。

3人の中で1番可愛い娘がいて、その子がブチギレちゃったんだって。

「そんな触りたきゃ風俗かキャバクラにでも行け!」

やたら触ってくる隣の男にそうブチギレ、帰る途中で俺らがナンパ。
俺達は機嫌を取るように盛り上げ、2時間ぐらい飲んだ後カラオケへ行った。

ナンパした女性達のスペック。

1番可愛かったブチギレ女の名前は怜奈。
年齢は俺らと同じだと言ってた。
目が大きくてパッチリ二重。
少し落ち着いた雰囲気だが、酔うとキャッキャと騒ぐ子。
最初は怒ってたので、そのギャップが俺には超可愛く思えた。
160cmないぐらいで華奢な体型。

身体を触られてブチギレたのを知ってたので、
友達2人は一番可愛いんだけど気難しそうな怜奈を敬遠してた。

だから自然と俺は怜奈の担当になり、
ほとんど一方的に喋ってくるので終始聞き役。

2時過ぎだったと思う。

トイレに行く、あっ俺も、ちょっと電話してくる、じゃ俺も・

気が付けば俺と怜奈以外はどこかに行ってしまい、
怜奈の歌を黙って聞いてた。

持ち帰りかよと内心思っていたが、
怜奈は気にしない様子で歌いまくり。
どうしよう、どうしよう、と勇気を出せぬまま時間だけが過ぎた。

「そろそろ行く?」

パラパラカラオケの本を捲りながら怜奈に言われた。

「えっ?どこに?」

キョドった俺はアホみたいな返し。

「だってもう誰も戻ってこないよ」

「あぁ~そうだね。じゃ行こうか・・・」

緊張しながら外に出た俺達は、無言のままホテル街へ向かった。

童貞の俺は、ラブホのシステムも知らないし、
連れ込み方すら分からない。

何軒も素通りした頃、怜奈がじれったそうに「ここでイイ?」と言ってきた。
もうどこでもOKだった俺は「うんうん」とガキみたいな反応だったと思う。

パネルに映る部屋を怜奈がザッと見て、「ここでイイ?」とまた。
気を使ったのか安い部屋を選んだ怜奈に、内心ホッとしてた。

半歩前を怜奈が歩き、部屋に入ってからが地獄だった。

「疲れたぁ~~~」

と怜奈はしばしベッドにうつ伏せで横になってた。
俺は椅子に座って意味も無く深夜番組を代わる代わる見てた。

「お風呂入ってイイ?」

いつベッドに行こうか悩む俺に怜奈はそう言い、
頷くと風呂へ消えて行った。

何も出来ず何も言えず、ひたすら出てくるのを待つ。

出てきてからは交代して俺が入り、出てくると部屋は暗くなってた。

恐る恐るベッドに行くと、怜奈は横を向いて寝てる。
その隣に入って天井を見ながら、何も出来ないでいた。

「ねぇ?もしかして初めてでしょ?」

ラブホの中で挙動不審だったらモロバレw

今でのあの言葉は脳裏に焼き付いてるw

「あっ、いや、えっ、まぁ、」
と俺はテンパりまくり。

でもそんな俺に怜奈から抱き付いてきて、
初めてのキスをした。

かなりぎこちなかったと思うが、怜奈の舌を必死に舐めまくった。

胸を触ってみるとノーブラで、見た目以上に大きく、しかも柔らかい。
興奮しすぎたらしく、
揉みまくってると「少し痛い」と言われた。

互いに全裸になり、怜奈の裸を見て思わず息を飲んだ。
薄暗い中に浮かび上がる、華奢な体に不釣り合いな巨乳。

ピコンと固くなった乳首を夢中で舐めまくった。

ほぼ喘ぎ声を出さない怜奈だったが、
アソコを触るとベッチョリ濡れてた。

こんなに濡れるのかよと思いながら触ると、
またしても「痛い」と言われた。
力加減を気にしながらクリトリス辺りを指の腹で撫で回し、入れる穴を探した。

アソコが見たい欲求にかられ、
「ちょっと!」と警戒されながらもクンニ開始。
ガッチリ腰を掴んで思いっ切りアソコを舐めた。

怜奈のアソコは想像とは違って、ぜんぜん毛深くない。
薄暗いけど広げたりして観察しまくった。
そんな俺に「なにそんなに見てんのぉ?超変態だよね」と冷静に言ってきた。
とはいえアソコはベッチョリ濡れまくりだった。
アソコの観察とクンニだけで、多分30分以上は経過したと思う。
最後の方は怜奈の吐息も聞こえてたから、少しは気持ち良かったんじゃないかな。

フェラしてもらおうなんて思って無かった俺は、ゴムをつけようと這い上がった。

すると怜奈が交代で足元へ下がっていき、
問答無用でフェラチオを開始。

さすがに吃驚したけど、
想像以上の気持ち良さで身体が震えた。

上手い下手の区別がつかない俺には、
怜奈のフェラがどの程度か分からなかった。

でも亀頭を舐められ、しゃぶりあげられる感触は、
脳内がスパークするほどだった。

暗くてウダウダしてた俺からゴムを取り、怜奈がゴムをつけてくれた。

チンコを握られて誘導してくれたから、穴を間違える事無く挿入成功。
無我夢中で腰を振ったけど、怜奈的には厳しかったんだろうね。
「バックもしてイイ?」なんて聞いちゃった俺に「バックは嫌い」と一蹴。
その代わりといって、体を入れ替えて騎乗位の体勢になった。
揺れる巨乳を下から揉みあげ、勝手に腰を振る怜奈に興奮した。
AVで見たような腰つきで動かす姿を見て、一気に限界を迎えそうになった。

「ヤバい!イキそう!」

慌ててそういうと、怜奈は「もう?」とちょっと不機嫌そうだった。
恥ずかしい話、イキそうになって腰振りストップを何度も繰り返しました。
その都度「もうちょっと我慢してよ」と言われた。
女の子にそんな態度された事の無い俺は、その時初めて自分がMだと分かった。
まぁその時はそんな事を考える余裕は無かったけど。

怜奈は俺がイキそうになると腰を止め、
「しっかりしなさいよ」とか言ってくる。

ヤンキー座りみたいになって上下に腰をバウンドさせたり、
俺の乳首を舐めてきたり。

顔を掴まれてキスをした時は、
怜奈の舌が俺の口の中で暴れまくってた。

「こんな激しいAV女優いたなぁー」と思いながら、
俺はイカないよう必死。

途中から前後の腰振りが続き、
イキそうになる俺の為に何度かストップを繰り返した。

何度目かの腰振りで、「はぁイッちゃう・・・」と怜奈が小声で言ってきた。

マジ?!と思ったのも束の間、
あまりにも激しい腰振りに俺まで限界点ギリギリ。

怜奈がイクまで頑張らなきゃと頑張ったが、
やっぱり俺の方が先だった。

ドクドク精子を出している最中も怜奈は腰を振りまくり。

頑張った甲斐あって、射精が終わった頃に怜奈も昇天した。

「先にイッたでしょ?」

終わった後上から顔を覗き込まれてそう言われた。

でも表情は柔らかく、怒ってる顔じゃなかった。
その後抜かないまま、怜奈が上に乗ったまま、しばらくキスをしてた。
結局俺の初体験は、完全に怜奈のリードのまま終了。
3時間ぐらい寝て朝帰ったんだけど、朝が一番気まずかったかな。

メアド聞いてたんだけど、結局その後会う事も無かった。

後日の報告会で知ったが、友達2人も近所のホテルにいたらしい。
経験のある2人は「生で3回もヤッちゃったよ」とか言ってた。

だから「俺も生でした」「1時間ぐらいしゃぶらせた」とか嘘をついたっけw
怜奈とはその後会う事も無く、結局その日だけの関係で終了した。

この【初めてのナンパ】で調子にのった俺は、
その後着々と経験数を増やしていった。

3年になる頃にはある程度余裕をカマせるようにもなってたし、
潮ふきとかも経験してた。

加藤鷹の手マンとか勉強したしね。

4年になり早々に内定が決まった俺は、ほぼ毎日バイト三昧だった。

2年の時から続けてた居酒屋のバイトで、同年代が大半だった。
その中で仲良くしてたのが、小池っていう友達。
出身地も学校も全然違うけど、なんだか妙に気が合うヤツ。

小池には強がった虚勢をはらずに接する事ができてたし、
アイツもそうだったと思う。

夏前にやっと小池も内定が決まったので、
バイト仲間で決まったメンバーと呑みに行った。

ベロンベロンに酔った小池の介抱をするハメになって、
その日初めて家に行った。

終電ギリギリだったから「泊まっていきなさいよ」と小池の両親に言われ、
ラーメンなんかも御馳走になって風呂まで入れてもらった。

ほろ酔いになった小池は「コレクション」と言って、PCに入ってるAVを見せてくれた。

これにはマジでドン引き。
全部アナル系。

アソコとアナルに入れてるヤツとか、
アナルメインのヤツとかばっかり。

「同じ学校にいた元カノ」と言いながら見せてくれたハメ撮り画像。
それもアナルにオモチャが入ってたりして、もう笑うしか無かった。

ゲラゲラ爆笑してると、ガチャン!と音が鳴って、
突然「うるさいっ!」とドアが開いた。

隣に妹がいると聞いてたが、あまりにも五月蠅かったらしい。

でも怒鳴りこんできた妹と目が合って言葉が出なかった。

「うるさいっ!」と行った直後の妹も同じで、互いに茫然としてた感じ。
「ゴ~メンゴメン、酔ってるから声デカかった?ゴメンごめん」

小池は妹に笑いながら謝っていたが、妹も俺もそれどころじゃない。
俺の初体験相手がそこに立ってたんだからね。

「静かにしてよね」

一言だけ言って怜奈は戻って行った。

「わりぃ~な、妹すぐキレっからさ」

気まずそうな顔で俺に謝る小池を見て、「いやいや」としか言えなかった。

しばらくして落ち着きを取り戻した俺は、
それとなく怜奈の事を尋ねてみた。

するとビックリ。

怜奈は3つ年下で、その時大学1年生。

だから俺とセクロスした時は、16歳だったってわけ。

ちょい脱線するが、
後日あの時ナンパしてた友達に年齢の話をした。

怜奈と偶然会ったら今大学1年だったぞって言ったら、
2人とも絶句だった。

あの時大学1年だって聞いてたからね。



もちろん小池には何も言えず、
隣の部屋にいる怜奈にコッソリメールしてみた。

だけどメアド変更してるみたいで連絡は出来ず。

次の日顔を合わせる事も無く帰ったが、
気になって気になって仕方が無かった。

そしたらその日の夜に怜奈からメールがきた。
俺はメアド変更してなかったからね。

「お兄ちゃんに言わなかったでしょうね?!」と強気なメール。

「俺の精子飲んだよって言っておいた」とギャグで送ると、
ふざけんな!ってキレてた。

でもすぐに「嘘でしょ?マジで言うわけないよね?」と弱気になる怜奈。

面白くなってきたので、
「俺もお兄ちゃんて呼ぶよ」とかふざけておいた。

家で会った時の怜奈は以前よりも可愛さが増してた。

だからまた会いたいと思うようになり、
俺は菓子折りを持って行く事にした。

「深夜に突然お邪魔してお世話になった」という名目で。
リビングで小池と両親の4人で軽く酒を飲んでたんだけど、
帰ってきた怜奈はビックリだったと思う。

いきなり「なにしてんのよ!」とか言われたし。

不意に言っちゃったんだと思うけど、
小池も両親も「お前何言ってんの?」って感じ。

部屋から出てこない怜奈を尻目に、
軽く呑んだ後小池の部屋へ移動した。

何度も怜奈から「早く帰ってよ」とメールが来たが、
「今日は泊まります」と返信。

また風呂も借りて部屋で酒盛りをしてた。

「飲んでるからお前も来いよ」

「無理!」

「じゃー変な事言っちゃうよ?お兄ちゃんに」

「超最悪、マジでヤメてよね」

「それじゃ~来いってば」
そんな感じでメールしてた。

最後は諦めた怜奈が合流する事になり、まずは3人でゲームをしてた。
小池にとって怜奈は自慢の妹らしい。

スタイルも良いし顔も可愛い、
しかも聞いてビックリの国立大生。

全くゲームをしない俺に合わせて、
昔のスーパーマリオみたいなのをやった。

俺の言動にビクビクしてる怜奈を見ながら、内心ワクワクしっぱなし。

こりゃ~最高に楽しい状況だと再認識した俺は、
2人に酒を飲ませ始めた。

ゲームして負けた方が軽く一気。

ちなみに俺は相当酒が強いので、
まったく潰れる気がしてなかった。

飲みたくない一心なのか、
怜奈は真剣にゲームに没頭。

その結果、小池が飲み続ける時間が何度かあり、
想像通り酔い始めてくれた。

テンションあがりまくりの小池が真剣にゲームしてる最中、
俺は隣の怜奈の足を撫でてみた。

ビックリした顔をしてスグに「ヤメテ」という表情になった怜奈。

でも俺は隙を見つけては怜奈にちょっかいを出しまくった。

最高に興奮したのは、小池の邪魔を怜奈になせて、
その後ろから巨乳を揉みまくった瞬間。

困りまくってるけど変な動きが取れない怜奈の反応が最高で、
けし掛けては揉みまくった。

そうこうしてる間に小池の酔いもかなり回り始め、
フラフラ立ち上がってトイレに消えた。

足音が階段を降りる音がした瞬間、怜奈が腕を殴るってきた。

「ホントマジでヤメてよね!マジ最悪」

「イイじゃん別に。それより興奮した?」

「するわけないじゃん!何言ってんの?!」

「へぇ~?じゃ濡れてたらどうする?」

「はぁ?」

「濡れてたらフェラね?」

「ちょっ!何言ってんのよ!バカじゃないの?マジやめてよね」

階段をのぼってくる足音がしないので、
そのまま怜奈を押し倒した。

軽くバタバタしたけど「シーッ」とやると、キッと俺を睨んで静かになった。

スエットパンツを穿いてたけど、
下半身に手を突っ込むとさすがに腰を引いて逃げた。

でも下の両親に気を使ってるのか、なんなく手を入れる事に成功。

やっぱり濡れてた。
ヤメてよを連発してたけど、自分でも濡れてたの分かってたんだと思う。

「濡れてるねぇ~」
指を抜いてわざと濡れた指を見せてやった。

「ふざけんな」と言われた直後に足音がしたので、
怜奈にゲームをやらせた。

酔って調子に乗り出した小池は、自ら勝負に挑んでくる。

俺も何回か負けたけど、それでも小池の方がダメダメだった。

2回目のトイレに出て行った後、
怜奈は悟ってたのかソッポを向いてた。

ジッパーを降ろす音に振り向いたけど、
そのまま半勃起したチンコを出すと超動揺。

「しまってよ」「マジ勘弁して」「ホント超最悪」いろいろ言われた。

でも「早く舐めてくれないと帰ってくるよ」と粘った。

風呂にも入ってるからと、強引に引っ張って顔を近づけた。
もうそうなると怜奈は諦めてくれた。

いきなり亀頭を口に咥えて、
初っ端から激しくディープスロートの開始。

もっと舌を使って欲しかったが、
その状況に興奮しまくりだった。

怜奈は足音が気になるらしく、何度も何度もドアの方をチラ見。
それと同時に俺の方を睨んでくる。

チンコを咥えながら睨んでくる表情ってマジでヤバい。

スエットの上から巨乳を揉みながら、怜奈のフェラを堪能してた。

小池は思った以上に戻ってこなかった。

ビクビクしながらのフェラを堪能してたけど、
さすがに心配になってくる。

仕方なくフェラを中断させて、小池の様子を見に行った。

もしかしてと思ったが、小池はトイレでグロッキー状態。

だいぶ吐いたらしく、トイレはゲロ臭かった。

小池に肩を貸して部屋に連れ帰り、
怜奈と手伝ってもらいながらベッドに寝かせた。

ニヤニヤしてた小池だったが、
すぐにズゴーッズゴーッとイビキをかきはじめた。

さすがに小池が寝てる横で怜奈に手を出すわけにもいかず、
無理やり俺は怜奈の部屋へ。

かなり拒否られたけど、最後は諦めてくれて助かった。

壁が薄いのか小池のイビキが微かに聞こえる隣の部屋で、
遠慮無く俺は怜奈とキスをした。

初めのうちは軽く拒否ってたくせに、
舌を絡めながらの手マンが始まると受け入れてくれた。

やっぱりビチャビチャに濡れてたから、
フェラで興奮しまくりだったのかも。

太ももまでパンツを擦り下げ、
昔の俺じゃない手マンを披露。

初めての日はほぼ吐息だけだったのに、
その日は喘ぎ声を必死に堪えてる。

口に手を当ててるけど、時々「はあぁっ」と声が漏れてた。

かすかに聞こえる小池のイビキと、グチョグチョと卑猥な音が響いてた。

Gのちょい奥が性感帯なのか、
そこを刺激すると顔を振って「ダメダメ」という。

俺も「ダメダメ」と顔を振りながら、思いっ切り手マンを高速にした。

壁にもたれてた怜奈は、
そのまま擦り下がって行き、最後は仰向けになって昇天してた。

布団カバーに少し汁がついちゃったぐらい濡らしまくり。

顔なんて真っ赤にしてて、
生意気な表情が甘えん坊のような表情になってた。

我慢できなかった俺はそのままスグに生で挿入。
嫌がる素振りも無く、正常位で合体した。
昔は無反応だったけど、正常位でも感じてくれてた。
キスをすると積極的に舌を絡めてくるし、何よりも表情が最高だった。
壁に寄り掛かっての座位では、汗だくになりながら腰を振るし。
舌を出すとしゃぶりついてくるぐらい、怜奈は完全に受け入れてくれてた。

座位でまた昇天したので、昔嫌がってたバックを要求してみた。
もうイイよね?と怜奈を全裸にし、四つん這いにさせてバックで挿入した。
初めて明るい場所で見るアソコはほぼ無毛地帯。
剃ってるようなチクチク感もなかったから、相当陰毛が薄いみたい。
パンパン音が鳴らないよう気をつけながらも、途中からは激しく腰を振った。
イビキが聞こえてたけど、それに負けじとパンパン鳴ってたと思う。
怜奈はもう気にしてないのか、枕に顔を埋めて喘いでた。
最後は正常位に戻して、巨乳を思う存分揉みまくりながら腰を振った。
全身真っ赤にさせて汗だくの怜奈に興奮し、最後はお腹に発射した。

お腹の精子をティッシュで拭き、グッタリする怜奈と添い寝した。
「もうイイよね」って2人で笑いながら、抱き合ったまま添い寝してた。
「この状況マジでヤバ過ぎ」と、怜奈は俺に抱き付きながら言ってた。
「今度はお兄ちゃんの寝てる隣でヤル?」
「それは無理」
「手マンだったらできそうだけど」
「超無理!」

しばらくしてから怜奈がシャワーを浴びに行き、俺は小池の部屋に戻った。
その日をキッカケに、怜奈とは遊ぶようになっていった。
添い寝しながら言われたんだけど、しっかり彼氏はいるらしい。
だけど俺と会えば普通にラブホ行くか部屋にやってきて、朝までヤリまくってた。
だんだん本性を出し始めたんだけど、怜奈は見た目とは違って超ドエロでした。
ドエロっていうか淫乱っていうか。
凄いなって思ったのは、短時間に何度もイク体質。
それまで経験してきた女の子達は、何度もイクと途中でバテてたんです。
なのに怜奈は「もっと!もっと!」みたいなので、底無しって感じでした。

オモチャ使い出してからは、淫乱性はもっと酷くなっていってた。
ドライブ中に助手席でバイブオナニーはするし、公園とかコインパーキングでもしてた。
大学に呼んで、空いてる教室とかでもセクロスしたし。
バイブ入れたまま校内を散歩させた時は、明らかに挙動不審で笑えたけど。
廊下でのフェラは最高にドキドキした。
もうそんな変態プレーを楽しみ出してた頃には、最後は精子を飲むようになってた。
廊下では最後までできなかったけど、教室では座位で何度も昇天させ、最後は飲ませてた。
そんな変態だけど、マジで可愛い見た目だからねぇ。
会わせた友達もみんな羨ましがるほどだったし。

そんな怜奈との付き合いも、今年で最後になりそうです。
俺と違って頭のデキが良い怜奈は、来年から海外転勤になるみたい。
彼氏もデキが良いのか、2人で行って一緒に暮らすって言ってる。
俺はラストスパートのように、暇さえあれば会ってセクロスに励んでる。

しかもお別れが近いという事で、
最近では嫌がってたハメ撮りもさせてくれてる。
ビデオカメラ3台も買っちゃって、最近はAV並に取りまくって編集しまくり。
それを見ながらヤルとまた怜奈も興奮するから、
根っからの変態なんだと思う。

そういや怜奈の兄で俺の友達の小池もハメ撮りが好きだった。

兄妹そろってハメ撮り好きも珍しい。

タイトルとURLをコピーしました