大学生カップルのカーSEXを覗いて興奮してしまった私は、声をかけてきた知らないおじさんと・・


私は、外回りの仕事をしている純子といいます。
半年前、仕事中に、大学生くらいのカップルが、公園脇に車を停め、
昼間なのにイチャイチャしていて、少し見てたんです。
彼女がフェラしているのを見て、ビックリ!
その彼氏のものは、凄く大きいんです。
彼女は入れられてからは、狂ったように感じてました。

そして、目が合いました。その時、彼女は私から目を離さず、まるで、

人のエッチを見ている私を蔑んでいるようでした。

確かに、私は2年間彼氏が居てなく、寂しい女でした。

惨めな気分になって、会社の車に戻りましたが、

大きいおちんちんに突かれて狂っていた彼女を見ていて、

体が熱くなっていて、あそこに手を伸ばしてみると、

ストッキング越しでも、しっとりと濡れているのが分かるくらいでした。

そして、何となくコンビニに寄ってみると、

冴えない感じのサラリーマンのおじさんが、

エッチな本を立ち読みしていました。

私は、雑誌を探す振りして、前屈みになって、胸元を見せてみたり、

しゃがんでスカートの中を見せてみたりしました。

そして、店を出たら、そのおじさんに声を掛けられました。

「さっき見せてたでしょ?。したいんだろ?。

俺も凄く溜まっていて、今晩、風俗に行こうと思ってたんだよ。

ゴム買ってきたらから、しようよ」と言われました。

私は、ゴムあるんなら、全く知らない人だし、

エッチしても悪い噂が立ったりしないかと考えてしまいました。

おじさんは、そんな私の雰囲気を読んだのか、



私の手を引き、自分の車の方に連れて行きました。

おじさんの車は端に停めてあり、

ドアを開けたら、回りからは見えないんです。

おじさんは、私をしゃがませ、ズボンをずらし、

「ほら、しゃぶれ」と言っておちんちんを出しました。

私は、ビックリしました。さっき見たのより大きいんです。

舌を這わせ、口に含むと、顎が外れそうなくらい大きくなりました。

私は、フェラしながら、凄く濡れていってるのが分かりました。

そして、お尻を突き出さされて、

ストッキングとパンティーを膝くらいまでずらされました。

ゴムの袋が破られる音が聞こえたので、私は、安心して

早く欲しくて欲しくて仕方なくて、

太股に愛液が垂れていくのが分かるくらいでした。

腰を掴まれ、乱暴に私の中におじさんの大きなおちんちんが入ってきました。

凄く気持ちよくて、私は狂ったように感じ、すぐにいっちゃいました。

おじさんの大きなおちんちんは、

私の子宮を容赦なく突き、私は何度もいきました。

おじさんは「中で出すよ」と言いました。

ゴム付いてるし、私は当たり前のように「中で出してぇ」と連呼しました。

すると、子宮に熱い液体が当たるのを感じ、

途端に、お腹の中に広がるのを感じました。

おじさんは、ゴム付ける振りをしてたんです!

私は、置き去りにされ、車に戻り、ハンドルを切ったり力入れる度に、

精子が「ドクドクッ」と溢れ出るのを感じました。

それ以来、同じようにして、

週に2人くらいとするようになってしまいました。

タイトルとURLをコピーしました