南国でのアバンチュール


数年前、友人と旅行に行った南の島で、いわゆるビーチボーイと過ごした夜の体験についてお話しします。

噂には聞いていたのですが、女二人で行ったその島は想像以上のナンパ・アイランドでした。

次から次へと下心ミエミエの男たちに声をかけられたり、露骨に男を買わないかと言われたりして、私と友人の香織も少々うんざりしていた時に…

私たちはビーチで本当にカワイイ二人の男の子に声をかけられました。

素朴な言葉やしぐさで私たちをしきりに褒めてくれる彼らに、いつのまにか乗せられてしまった私と香織は、結局その夜を彼らと一緒に過ごしたのです。

部屋に戻ると、私よりも男性経験が豊富でセックスに対してオープンな香織が、さっそく二人のうちのS君とシャワー室に消えて行きました。

私はちょっと戸惑いながら、慣れない外国語でもう一人の男性R君とおしゃべりしていると、バスルームからは楽しそうにふざけあうS君と香織の声が聞こえてきました。

その声を聞いて刺激されたみたいで、R君は私の肩を抱き寄せ、唇や首筋から肩の辺りに情熱的なキスを浴びせてきました。

私は取り繕うように少しだけ抵抗していたのですが、やがて素っ裸のままシャワーから上がってきたS君と香織が、体もろくに拭かずに見せ付けるかのように濃厚に愛し合い始めたのを見て、私の体も熱く火照ってきてしまいました。

私は生まれて始めて見る、他人のセックスの光景にすっかり興奮していました。

押し付けてくるようなR君のたくましいキスに私も乗せられて、彼氏ともした覚えがないくらい長い時間をかけて、ネットリと舌を絡み合わせました。

S君とシックスナインの状態になって、長いチンボをおいしそうに食べていた香織が、催促するような視線を私に送ってきました。

私もR君とお互いに服を脱がせ合って、全裸になってベッドに入りました。

R君は音を立てながら、私の体の隅々にまでキスしてくれました。

あまり上手ではなかったけど、本当に情熱的で体が溶かされてしまいそうな感覚でした。

私もお返しに、彼の分厚い胸や筋張ったお腹、そしてそのもっと下へと唇を這わせていきました。

R君のチンボはまっ黒で固く、オスの存在感のようなものを感じさせました。

私は夢中になって彼のカチカチのチンボをしゃぶっていました。

シャワーも浴びず汗で塩辛いままでしたが、その味がかえって日本の男には無い野生のフェロモンのように思えて、

チンボを喉の奥まで思い切り吸い上げ、大きな音がするくらいにズボズボと上下にこすり続けました。

隣りのベッドに目をやると、すでに香織は両脚をめいっぱい広げて、その真ん中をチンボで突かれて、

「アン…アン…アン…」

と甘い声を上げていました。

それは本当に淫らな光景でした。

日焼けの跡が残る香織の白い下半身に、ゴツゴツと引き締まった赤茶色の男のお尻が重なり、勢いよく叩き付けるように動いているのです。

私もチンボを入れて欲しくてたまらなくなり、チンボを口から離すと自分から脚を開いてR君の下にもぐり込みました。


彼はすぐに体を重ねておおいかぶさってきて、私の両脚は真上に高く上がりました。

R君のチンボは素晴らしい味でした。

本当に固くって、入ってきた瞬間には、それは熱い鋼鉄の棒に突き刺されたように感じられました。

私は体を二つ折りにされ、マンコの内側をあらゆる角度からこすられて、絶叫し我を忘れて腰を振り続けました。

香織はいつのまにか四つん這いに体位を変え、S君にお尻をわしづかみにされてバックから貫かれていました。

衝撃がくるたびに、香織のたっぷりしたボディが波打ち、

「アウッ!オウッ!オオウッ!」

とお腹のそこから絞り出すような野太い声であえいでいました。

香織のビチョビチョになったマンコに、黒く濡れて光ったS君のチンボが激しく出入りするところが丸見えでした。

私はますます興奮して、自分の両脚をR君のお尻の上で交差するように組み、彼の突いてくる動きに合わせて自分からマンコをこすり付けるようにして動きました。

あまりの気持ちよさに気が遠くなりそうでしたが、私は思い切り貪欲になり、もっと強い快感を求めて腰を突き上げていました。

羞恥心のタガが外れてしまった私は、積極的になりR君の上にまたがりました。

香織も私の様子を見ると、負けじと同じようにS君の上に乗っかりました。

彼女の汗に濡れた大きなお尻が、なめらかに動いていました。

それは本当にセックスに慣れたいやらしい動き方でした。

私は大胆にも両腕を後ろ手につき、上半身を大きくのけぞらせてR君のチンボを斜めにこするように動きました。

R君の視線がつながっている部分に釘付けになっているのに気付いて、さらに燃え上がった私は激しく腰を振り、泣きわめきながら一気にイッてしまったのです。

並んだベッドの上で、旅行先で出会った行きずりの外人男性の上に乗って、叫び狂いながら暴れまくっている日本人の女二人の姿は、おそらく凄まじい光景だっただろうと思います。

私も香織も、その日は夜が明けるまで発情期のメスとなって、チンボを取り替えては貪るようにセックスを繰り返し続けました。

彼らのたくましいチンボは全く疲れを知らないようで、野生的な腰使いで私たち二人をたっぷりと何度でも満足させてくれたのです。

想い返してみれば、彼らは純朴そうな顔をしていながら、今まで何人もの日本人女性を餌食にしてきたやり手のジゴロだったのかもしれません。

でもその時の私と香織は、彼らとの行きずりの恋にハマってしまい、翌日も食事をおごり、欲しいものを買ってあげて、夜はまた彼らとの熱いセックスに溺れたのです。

結局、彼らとは二晩を過ごしたのですが、日本から持っていったコンドームを、二人して使い切ってしまいました。

私にも香織にも日本で付き合っている彼氏がいたのですが、そのことを思い出したのは、帰りの飛行機が雲の上を飛んでいる頃でした。

こんなことを書くとメスブタ呼ばわりされそうですが、女だって男性のように、たまには恥知らずな行動をしてみたいものです。


PAGE TOP