彼女の友人の人妻がダンナに内緒でフェラしてくれた


約20年前の話。当時、俺には彼女がいた。彼女はアパートで一人暮らし。
体の相性も悪くなく、若さゆえの交際を楽しんでいた。
この彼女を麻子としよう。俺と麻子の共通に友人に京子という同級生がいた。
京子は美人とはいえないが、持ち前の明るい性格で、みんなのムードメーカー的存在だった。そして、京子はすでに結婚している。京子の旦那は、武男としよう。
武男も同じく学生時代の同級生だ。
ある日、麻子との話の中で、「京子って口でするのうまいんだよ」という話になった。
その時は、なぜ麻子がそんなことを知っているのかは、考えもしなかった。
むしろ、「口でするのがうまい」のほうが気になって仕方なかった。

そう俺は、後で気づいたが、口でされるのが好きだ。
女が、俺のをくわえて、いやらしい音をたてながら動くのをみているのが
たまらなく好きだ。
麻子も口での奉仕は、上手いほうだった。
でも、飲んでもらうことはなかった。

それから数か月がたち、フェラのことなど忘れて掛けていた。

ある日、京子が麻子のアパートに遊びに来た。
京子の旦那武男は夜間の仕事で今日はいないという。
夜になり、京子が帰ることになり、なぜだか忘れたが京子を俺が送っていくことになった。
俺の車で送っている時に、
京子「もうすぐ武男が仕事が終わって帰ってくるみたい」
俺「それなら、武男を待ってようか」
ということで、武男の仕事場付近の駐車場で俺と京子が武男の帰りを待つことにした。

どれくらいの時間がたったのかは、覚えていない。
たわいもない話だったと思う。
しかし俺は、ここで思った。
隣にいる京子は、人妻だけどフェラが上手い。
麻子の友達だけどフェラが上手い。
京子の旦那の武男とも知り合いだが京子はフェラが上手い。
と考えていると、すでに俺は口走っていた。

俺「なあ、京子ってフェラ上手いんだって?」
京子「あー、なんか言われたことある」
俺「麻子がいってたよ。京子はフェラが上手いってことを」
京子「麻子だってしてくれるでしょ?」
俺「あまりしてくれないんだよ」ウソをついてみた。
京子「・・・・」
俺「ねえ!」
京子「??」
俺「口でしてよ俺のを」



とっさに言ってしまった。
言ったのと同時くらいにもうすでにズボンとパンツをおろした。

もう、勃起状態で少し我慢汁がでていたような。
京子「健太くんのならいいよ」
俺「まじで?じゃあ頼むよ」

武男が突然帰ってくるかもしれないという緊張感がある。
だけど俺は、口での奉仕を選択した。

だんだんと京子が俺の股に近づいてきた。
ゆっくりと口に含む。
京子の唇が俺の息子に360°フィットする。
舌の動きが速い。丁度いい刺激だ。
「こいつは確かに上手いかもしれない」と思った。

それからは、ジュボジュボをいやらしい音が車内に響く。
そう、京子はバキュームフェラが上手かった。
唾液と我慢汁が混ざり合い余計にいらしい音が響く。
たまに、裏筋を舌ではうように舐め、そしてバキューム。

だんだんと京子の動きも速くなってくる。
俺は、我慢が出来なくなった。
そして
俺「いきそう。出すよ」
うなずく京子。

俺は京子の口の中に放出した。
しかし、京子は口を話そうとはしない。
放出したあとも、丹念に掃除をしてくれた。
ティッシュを出そうとした時
京子「飲んじゃった」
俺「マジで??ちょっとうれしい」
京子「あたし飲んでも平気だから飲んじゃったよ。いつも飲んでるし」
まじか。こいつ実はいいやつだなと思った。
俺「いやー、京子めちゃめちゃ上手いよ。超気持ちよかった。しかも飲んでくれたし」
京子「ニコッ」と笑うだけだった。

逝ったあと俺は急に罪悪感にかられた。
やってしまった。秘密を作ってしまった。まいっか。

京子「武男が帰ってこなそうだから家に帰る」
俺「ああ、そうだな、武男帰ってこなそうだから送ってくよ」
といいながら、京子を家まで今度こそ送っていくことになった。

その移動中に、京子が話してくれたことがある。
京子「実は、あたし、学生のころ好伸君とも毎日やってたんだよね」
京子「武男と結婚した後も、続いていた」
俺「まじか。京子ってエッチ好きなんだな」
京子「ニコッ」とまたしても笑うだけだった。
好伸というのは、俺と麻子と京子と武男の学生時代の共通の友人だった。
俺は内心、好伸と穴兄弟にならなくてよかったとほっとした。