スカトロ大好きレズカップルのエロ体験談


私は、レズビアンなんです。

そして、今の彼女は高校の時のお友達(以後Fと表記)。

自然とお互い女同士で惹かれあり、
レズ関係になり、毎日のように抱き合っていました。

高校卒業後に女2人で卒業旅行に行き、
離れのある旅館に泊まりました。

温泉に浸かり美味しい料理を食べ、
雑談して楽しい時間が過ぎていきました。

そると突然Fが「ちょっと言いたい事があるの。」
と言って下を見ながらモジモジとしていました。

「どうしたの?」と聞くと、
「これから言う事であたしを嫌いにならないで欲しいの。」
と目に涙を浮かべてました。

Fは「ごめん、あたし、これ以上嘘が付けない。」

あたしが「何を今更。話してよ、嫌いになんかならないわ。
愛してるわ。」

と言うとFはあたしに衝撃的な告白をしました。

「あたし、中学の頃に酷い便秘症で浣腸をよくしてたの。
それが癖になっちゃって、
浣腸するたびに感じちゃうようになったの。
こんな事、男子が知ったら苛められるに決まってる!
だからあたしは同性愛になったの。
お付き合いしてるうちにあなたなら、
理解してくれると思い、でも、言い出せないまま今日まで・・・
あたし・・・変態なの!あたしの願望を叶えて欲しいの!」

と泣き出しました。

「泣かないで。Fがどんな変態でも、
どんな願望でも受け入れてあげる。Fの事を愛してるから。
どんな事でもでもFが喜んでくれるならあたしは満足よ。」

と言うと

「あたしに浣腸して欲しいの。
そしてあなたにも浣腸してチューブで繋がり、
お互いにウンチの入れ合いをしたいの。
こんな変態行為、誰にも言えないから」

あたしは正直怖かったんですが、
大好きなFの事を思うと一緒に堕ちてもいいか、
と覚悟しました。

「それじゃ、始めようか。一緒に変態になろ!」

と承諾すると、
Fが鞄からグリセリンと透明でやや太めのホース、
そしてビデオカメラを出してきました。

ホースの両端には、
穴を開いたアナルストッパーが付いていました。

「この穴ならウンチも流れるから、
お互いにウンチの出し入れが出来るのよ。」

と説明しながらカメラのセッテイングをし、
チューブと浣腸器にグリセリン水溶液を入れました。

お互いにアナルストッパーとアナルを舐め、
最初にFがあたしのアナルにストッパーを挿入してきました。

痛かったけどFの為に我慢をし挿入されました。

Fは四つん這いになって、

「さ、その浣腸器であたしに浣腸して。
全部入れて。」

と自らアナルを開いて構えていました。

「じゃ、入れるね。」

と言うと

「早く入れて!我慢できない!イッパイ入れて!」

と叫び、あたしはFのアナルに大きな浣腸器を刺し、
ゆっくりと注入していきました。

Fは「入ってくる、あたし浣腸されてる!」

と歓喜な悲鳴を挙げてました。

注入が終わり浣腸器を抜くと

「早くストッパー入れて!漏れちゃう!」

とビデオの録画ボタンを押しました。

Fはすんなりとストッパーを飲み込み、

「これで1つになれるのよ!
ウンチ、出るわ!出るぅ!」

と叫び、ゴボっと音を出し排泄を始めました。

Fのアナルに入ってた大量の浣腸液が、
チューブを伝ってあたしのアナルに入ってきました。

禁断の世界に入った瞬間でした。

そしてFが

「ウンチ、出るよ!受け入れて!
一つになって!」

と叫び、排便しました。

チューブの中をFのウンチが流れ、
あたしの中に入ってきました。

「入ってくる!Fのウンチがあたしの中に入ってくる!
あたしのウンチとFのウンチが混ざってる!」

Fは

「今度はあなたが出す番よ!
思いっきり出して!
あたしにもあなたのウンチ頂戴!」

と叫んでいました。

あたしは朦朧とする意識のなかで、
めいイッパイ力み、
ウンチの混ざった浣腸液を逆流させました。

「あたしのウンチが帰ってきた!
あなたのウンチ連れて帰ってきた!

と今までに無い興奮振りでした。

あたしは排泄が終わると同時にイキましたが、
また逆流して2人分のウンチが入ってきました。

それからも出してはイキ、
入ってくればイキの快楽地獄が夜明けまで続きました。

人が来る前に外の木陰でストッパーを抜き、
全てを出しきった後に朝風呂して器具も綺麗に洗いました。

その後、朝食を食べて次の旅館へ移動しました。



移動途中で

「ねぇ、もう一つだけあたしの夢、
叶えてくれる?」

と甘えた口調でおねだりしてきました。

「今度はどんな変態なの?」

と聞くと

「あたしを便器にして欲しいんだけど。どうかな?」

と笑顔で凄い事を言ってきました。

「どういう意味?まさか体に?」

と聞くと

「体だけじゃなくて、
あたしの顔やお口に出して欲しいの。
これが最後のお願いなの!いいでしょ?
あたしを便器にして!」

とまた泣いてのお願いをされました。

「これで最後よ?
あたしまで変態に染まっちゃうわ。」

と承諾しました。

その日は晩まで排泄を我慢し、
Fの最後の夢に備えました。

その日はホテルでの宿泊で、
狭いユニットバスがあるだけの部屋でした。

食事を終わらせ、
あたしの便意を待つようにキスをしていました。

「そろそろ出そう!どうするの?」

と聞くと

「全部脱いでユニットバスへ!」

と言いながらFは裸になり
小さいユニットバスに入り横になりました。

「あたしの顔に出して!
ウンチいっぱい出して!お口にも頂戴!」

と言い、
あたしのアナルを舐めて刺激を与えてきました。

「出るよ!あたしのウンチ、
Fの顔に出るよ!」

と叫ぶと同時にウンチがFの顔を汚していきました。

「まだ出る!出すわよ!」

「今度はお口に出して!
お口を便器にして!」

と叫び口を大きく開けて舌を出していました。

あたしがそのお口にウンチをすると
嬉しそうに咀嚼を始めました。

一瞬「え?」と思いましたが幸せそうな顔を見てると可愛く思え、

「綺麗、ウンチ化粧のF、凄く綺麗」

そう言うと口の中のウンチを出し、

「あなたもウンチ化粧で綺麗になってみる?」

と問いてきました。

あたしはFのウンチ姿を見ながら

「Fのウンチでお化粧してくれる?」

と聞くと、
あたしのウンチを洗面器に移して

「さ、横になって。あたしのウンチでお化粧してあげる。」

と言ってあたしを寝かせました。

Fはあたしの顔にまたがり、

「ウンチ、出すわよ?」

と言って力んできました。

「いいよ、Fのウンチ、お顔に出して!
あたしもウンチ化粧で綺麗にして!」

と叫びました。

Fは勢いよくウンチをあたしの顔に出しました。

Fはあたしの顔にウンチを塗ってくれました。

あたしも洗面器の中のウンチをFの顔に塗りました。

残ったウンチを混ぜてお互いの全身に塗り合い、
お互いにウンチを口に入れました。

Fは再び咀嚼しゴックンと飲み込みました。

Fは恍惚とした表情で

「ウンチ、美味しいわ。
あなたがあたしの中に入ってくるのが判る。
たまらないわ。」

と言い、あたしの口にウンチを入れてきました。

あたしも負けじと咀嚼しました。

途中、何度か吐きそうになりましたが、
吐いたらFが悲しむと思い、
我慢して咀嚼をし思い切って飲み込みました。

不味い!でも、美味しいと感じました。

その後はウンチまみれでキスをし、
体を密着させてお互いのウンチを感じていました。

その後、マンションを共同で住むことになり、
女同士で排便したり、ウンチを塗り合ったりと、
スカトロSEXや毎日変態行為をしています。


PAGE TOP