妊娠7か月の妊婦さんに中出ししたけど、異様に興奮しました


一昨日、人妻さんに中出ししてきた。
でも、俺の精子ではらませることはできない相手。
きっかけは…ふつーに出会い系サイトで引っかけた。
妊娠してから旦那の浮気が発覚し、とっちめたはいいが腹の虫が収まらない、という人妻さんだった。とりあえず離婚はしないし、かといってただ我慢するのも悔しい。

不倫も本気でしたいとは言わないけど、ちょっとした浮気には興味あり。
子供が生まれる前に一度、他の男を知りたいという事でタイミング良く会えたのが俺。

ただただ、いい目を見させてもらった妊娠7か月目という人妻さん、会う時の条件はとにかく母体に負担をかけない事。
ゴムはつけて欲しいし、あまり激しいのもダメという事だった。

俺も妊婦とのセックスは初めてだったので、奥まで突っ込むのはダメだよなーとか、妊娠しないなら生でやりたいなーとか思ってた。

妊婦さんはセックス自体久しぶりという事なので、うまくこっちのペースに持ち込みたいところ。
待ち合わせはパチンコ店の駐車場。
ちょうど雨が降ってて人目に付きにくい。

待ち合わせた駐車場の隅で待っていると、隣に白いタント。
妊婦が車に乗るのは危ないよ?とメールで送っていたが、ほとんど毎日乗ってるから大丈夫と言われ、この日も俺にハメられるために車で来てくれた。

顔は割と童顔で、ショートカットが似合う。
24歳と言っていたが、もっと若く見える。
とても旦那の子を妊娠しているのに他の男とセックスするような感じに見えない。

妊婦さんはすんなりと俺の車の助手席に乗り込んだ。
「よかったー、やさしそうな人で」
「いやいや・・・ほんとにいいの?大丈夫?」
あまりに状況と不釣り合いで俺の方がキョドる。
「大丈夫。今日はやさしくしてくださいね」
いや、ホントに美人局じゃないかと運転中もバックミラーが気になった。
ちょっとパチンコ店から離れたラブホに入って、ソファに腰かけて緊張気味な妊婦さんの手を握った。

妊婦さんは驚きもせずじっと俺の目を見る。
ああ、ホントにもう俺とセックスする気でいるんだなとわかる。
そのままキス。
舌を入れてみると、おずおずと舌をつついてくる。
その舌を吸い込んでしゃぶると「ううっ・・・」と呻きながらも舌を絡めてくる。

お腹に負担をかけないようにソファの背もたれに押し倒し、そっと胸を触ってみる。
結構大きい。
「妊娠してから少し大きくなったの」笑う妊婦さんが可愛い。
マタニティドレス?を肩からずらしてブラの背中のホックをはずす。
ブラをとっておっぱい拝見。

・・・乳首真っ黒。
いや、噂には聞いていた・・・というよりネットで画像も見てたけど、ホントに黒い。
これで萎えるという人もいるらしいが、今の俺には興奮材料でしかない。

「母乳出るの?」
「ううん、まだでないよ」
躊躇せず口に含む。
コロコロと舌で乳首を転がしたり捏ね上げてみる。
いい声で妊婦さんが啼く。

「やあん・・・久しぶりだから気持ちいいよぉ・・・」
おっぱいの愛撫とたまに大きなお腹をさすってみたり。
そしてマタニティドレスを足元に落とし、パンツだけになった妊婦さん。
他人の精子で妊娠した人妻さん。
その体を、今日会ったばかりの他人の俺が、性欲のおもむくままに蹂躙して汚していいと。
しかも相手の妊婦さんも自ら望んでここにいる。



もうフル勃起。
変態と呼んでくれて構わない。さて、ここからどうしよう。
このフル勃起したものを妊婦さんに咥えてもらうか、妊婦さんのおまんこを味わうか。
俺は後者を選んだ!ゆっくりとソファに寝てもらい、薄いブルーのパンツをはぎ取る。
恥ずかしそうに何やら言っていたが、濡れた股間のシミが期待していることを物語っている。

ゆっくり太ももを開くと・・・そりゃもうヌラヌラのテッカテカになったおまんこが御開帳!というか、ちょっとビラビラが開き気味ですらある。

妊娠してるから・・・かな?指でゆっくりなぞって妊婦さんの嬌声を引き出しつつ、おもむろに吸い付く。

ジュルジュルとわざと音を立ててみたり。
「やあんっ!恥ずかしいよぉ」太ももで顔を締め付けられても、舐めるのを、やめない!こんな経験、めったにできないからな。
正直、ちんぽはぱっつんぱっつんですぐにでも入れてしまいたかった。

多分、生で入れてもとがめられない流れ。
でも俺、我慢した。
おまんこを舐めながら自分のパンツを脱ぎ捨て、そぉーっと体勢を入れ替えて妊婦さんの口元に勃起ちんぽをもっていく。
「あ・・・おっきくなってるね・・・」
と妊婦さんがちんぽを握る。
柔らかい手でもうそれが気持ちいい。

直後、ぬるん、とちんぽが温かい滑りに包まれる。
気持ちええ。
オマンコから口を離して起き上がり、俺のちんぽを咥えた妊婦さんの顔を見る。
頬をすぼめてちんぽに吸い付く人妻妊婦。
変な征服感がこみあげる。

「ちんぽ久しぶり?」
「・・・ふうぅん、ひはひぶり・・・」咥えたまましゃべるのも気持ちいい。それを眺めながら、右手で妊婦さんのおまんこを2本の指で愛撫。
ちょっと中が広くなってるのか、指を曲げてGスポットのあたりをこするのがやりやすい。

「ふごんっ、ふあぁ・・・」
ちんぽから口を離して感じ出す妊婦さん。
もう入れちゃっていいよね。
そっと妊婦さんのまたの間に異動し、掻き回した指を抜いたと同時にヨダレまみれのちんぽを挿入。

もちろん生。
「ふあぁぁぁ・・・ん」生のチンポの先が妊婦さんのおまんこに突き刺さり、その上に大きなお腹と真っ黒な乳首。
この光景が他人の奥さんを犯しているという実感をうむ。

怖くて奥まで突っ込めないが、もうその非日常な光景に興奮しまくった。
妊婦さんも久しぶりのちんぽだからか、それとももともと感じやすいのか、叫ぶように声を上げる。

正直、挿入してから5分持たなかった。興奮しすぎた。いきそうなとき、「ああ、ダメだ、ゴメン早いけどいっちゃいそう」って言ったら、妊婦さんの足で腰をがっちりホールドされた。

えっ?と思ったけど、中で出していいって事だと思ってそのまま放出。
びゅるびゅる出たのがわかるくらい出た。
「すごーいぃ・・・めちゃくちゃ気持ち良かったぁ・・・」
というお褒めの言葉を頂いて、中出しもまあうやむやに。

2回戦もやりたいところだったけど、妊婦さんが感じすぎてたので大事をとってこれで終了。
二人で一緒にお風呂に入った。
連絡先も交換したけど、「癖になったら困るし」という事で次の約束はしてません。

タイトルとURLをコピーしました