当時大好きだったアイドルに激似の娘と海で中出し


俺が大学生の頃、達也とつるんで遊んでいた。
ある夏、俺たちは海水浴に行った。
もちろん野郎2人で泳ぐわけなどなく、ナンパが目的だった。

収穫もなく駐車場に向かうと、2人組の女の子発見!
俺たちは言葉巧みに声を掛けた。
俺と目が合った女・・・マジ可愛い!
今は亡き本田美奈子にクリソツ!
本人ではないかと見間違えるほどだった。

とりあえずお茶でもとなり、俺の車で移動した。
洒落た店に入り、お互い自己紹介。

俺が目をつけた子は、赤坂ゆみ、18歳。
何度も言うが本田美奈子にクリソツで可愛い!
達也のほうもいい雰囲気だった。

注文しようとメニューを見ると、どれも高かった。
しかし後には引けず・・・4人で1万円ぐらいだったかな。
当時、俺たちはビンボーだった。
まあ学生だしね。

それでも4人共かなり打ち解け、食事後は海岸をドライブした。
駐車場に停め、海岸を散歩した。
お互いのペアに別れ、別行動にした。
達也と俺は反対方向に歩いた。
俺とゆみは腕を組んだり、腰に手を回したり。
会話が途切れ、ゆみの頬に軽いキスをした。
次におでこ・・・するとゆみは俯いてしまった。
ゆみの顔を上げ、唇にキスをした。
舌を入れると絡めてきた。

閉まった海の家のベンチに座り、ゆみのお尻や胸、腰を触りまくった。
辺りはカップルだらけだった。
周りの刺激を受けてゆみのタンクトップをまくり、直に胸を触り、舐め回した。
推定Dカップの胸は柔らかくて美味しかった。

ミニスカートに手を入れるとパンティーは湿っていた。
クレパスを触り、直に腟を触り、クリを刺激した。
ゆみは口に手を当てて声を抑えていた。

「ずるい~私ばっかり~」

ゆみは俺のパンツを脱がせ、ペニスをしごき始めた。
もうビンビンで我慢汁も出ていた。
上手くはないが、ゆみは口に含んだり舐めていた。
ゆみのオマンコもビチョビチョだった。
狭いベンチでお互いの秘部を舐めあった。



「ねぇ・・・したい・・・入れて・・・?」

俺はゆっくり腰を沈めた。

「ああ・・・イッちゃう・・・あん・・・いやぁ・・・気持ちいい・・・」

俺はうるさいゆみの唇を塞いだ。
舌を絡め合い、唾液を飲ませた。
もう一度言うが、本田美奈子にクリソツ!
本田美奈子とやってるような錯覚さえした。
俺は当時、本田美奈子のファンだったから、アルバムや写真集も持ってたし、握手会にも参加していた。
ゆみの鳴き声を聞きながらガンガン突いた。

「あん・・・いい・・・イッちゃいそう・・・イッちゃう・・・イッちゃう・・・ああ~イクイクイク!」

「ゆみ・・・俺もイキそう・・・イクぞ・・・ウウ・・・おお~」

不覚にも中に出してしまった・・・。
溜まっていた大量の精子をゆみの膣に流し込んだ。

「もう・・・バカ・・・駄目じゃん・・・赤ちゃん出来ちゃうじゃん!!」

そう言われても俺の射精が止まらない。
周りの刺激と本田美奈子を抱いてるような錯覚で、今までで最高のセックスだった。

「ゆみ、気持ち良かったよ・・・」

「私も・・・」

「子供が出来たら責任取るよ」

こいつとなら一緒になってもいい。
ま、若げの至りだ。

車に戻ると、達也と香がキスしてた。
俺はゆみの手を引き、海の家の裏でキツく抱き締め、キスをしまくった。
俺はゆみの胸にキスマークを、俺は首筋につけられた。

その後、俺たちは2人を地元の駅まで送った。
助手席にゆみを座らせ、後部座席に達也と香。
後ろの2人はキスしまくり・・・。
運転中も俺はゆみの胸やアソコをお触りしていた。

当時は携帯がないので家電を教えた。
俺が留守の時に2度ほど電話があったようだが、すれ違いで再会出来なかった。
達也も同様だった。

今頃ゆみはどうしてるんだろう?
夏になると思い出す。

タイトルとURLをコピーしました