私のペニスを口に含みバキュームフェラを始めて・・


私はある介護施設に勤める、もうすぐ2回目の成人式を迎える男ですが、
いまだに独身です。でも女性には苦労していないので、今は楽しく過ご
していますが、最近彼女から逆プロポーズをされて困っています。
実は私は人妻と付き合っていて、職場も同じで、若い時から福祉の仕事を
していますので、40歳を前にして法人の役員をしています。
現在の福祉の給与が安いという問題とは
ほど遠く、けっこうな給料と役員報酬をもらっています。

つまり、年寄り相手にけっこう稼がせてもらっていると
いうことです。お年寄りの方々すみません。

でもこれが福祉の現実です。介護士をされている方には、
怒られるかもしれませんが、これが現実の経営側と
使われる側での格差です。ちなみに介護報酬の問題も
ありますが、うちはかなり儲かっています。

話はそれましたが、この人妻と出会ったのは4年前のことです。
当時私は総務関係の仕事をしており、職員の面接はすべて、
私がしていました。実際に採用となった人だけが、理事長と
面談を行うだけなので、人事権は私にありました。

面接では不況もかさなってか、ヘルパー2級を取って簡単に
仕事ができると思ってくる人妻の方が多く、すぐに辞めていく
人も多い中、久しぶりに30歳くらいの女性の面接が入り、
少し期待しながら、きれいだったら即採用を出そうと思っていました。

いざ、面接当日、相談室に行くと、久しぶりにきれいな、それも、
服の上からでも大きく見えるおっぱいが、私の闘争本能をよりかきたて
でも、なんかもったいないから、即採用を出さずに世間話とかしながら、
家族のことなどを聞きながら、そして、子供の話で多少の下ネタを
おりまぜながら、おもしろい人を演出しておりました。

でも、話を聞いていると、旦那のリストラなどで、生活はきつく、
福祉の関係の仕事の面接もうちで5箇所目だそうで、すごく気の毒にも
なりましたが、私の目的はそうではありません。

時間は夕方6時をすぎ、施設にはもう夜勤の職員しかいなくて、上司も
いません。職員は夜の準備等で忙しく、たぶん私がまだ面接をしている
ことにも気付いてないでしょう。

「だいぶ遅くなりましたね」
「は、はい、でも話がおもしろくて、まだ話していたいくらいです」
「でももうすぐ夕食の準備でしょ?」
「いえ、主人が作ります。主人は昔、板前をしてまして、
 私より料理がうまいんです」
「それはよかった、じゃあ、まだ話を続けますね」

そして、だんだんと彼女が採用かどうかをそれとなしに聞いてきます。
でも私は正直まだ決めていなかったので、答えることもできず、
「うちで働きたいですか?」
「もちろんです」

そうです。働きたいはずです。うちの施設はこの地域では一番給料が
高く、旅行などの福利厚生もしっかりしています。

「でも綾子さん、この仕事はきついですよ」
「いいんです。やるしかないんです」
「わかりました、採用の方向で考えていますが・・・」
「このほかに何をしたらいいですか?」
「何をと言われましても・・・・」

「私、絶対ここで働きたいんです」
「そうはいってもですね・・・」
「採用が出るのなら、ここで何でもします」
「何でもと言われましても・・・・」
「私ここで服を脱げと言われたら脱ぎます」
「いやいや、そ、そこまでは・・・でも・・・」

私の最後の、でも・・、という言葉がひかかったのでしょうか、
人妻はすっと立ち上がり、ブラウスのボタンを外し始めました。

私は急に心臓がバクバクし始め、これまで何年も面接をしてきましたが
色じかけで攻めてきた人は彼女が初めてで、ただあっけにとられ、
でもしだいに彼女のブラが顔を見せ始めると、もう止める気持ちはなく
ただ彼女のブラウスを脱ぐ姿を見つめ、私のアソコも一気に勃起し、
もうすでに絶好調の状態になっていました。

「さ、綾子さん、ちょ、ちょっと、あ、あ、でもすごくきれい」
「そ、そうですか、すごく恥ずかしいんですけど・・・」

彼女は完全にブラウスを脱ぎ、今度はタイトスカートもすっと下げ、
下着姿で私を見つめました。

この人妻は肝がすわってるな、と思いながらも、彼女がこちらへ
近づいてきています。

私の心臓はよりバクバクと、そして、もう破裂するんではないかと
思うくらい、バクバクとなっています。

そして、綾子さんは、私の横に立って、
「さあ、手を出してください」
綾子さんは手を取り、ブラの上からですが、おっぱいに
手をあてがいました。すると私の勃起したアソコが、信じられない
くらい、さらに力強く勃起し、もうそこで面接のことは忘れて
しまいました。

綾子さんのおっぱいはブラの上からでも、しっかりと張りがあり
とても子供を産んだ体とは思えないくらいに、弾力があり、
勃起したアソコはその感触に素直に反応し、私は最近忙しく、
彼女とのエッチをしてなかったので、ついに闘争本能に火がついて
いました。

「す、すごい、柔らかいけど、芯があって弾力もありますね」
「そ、そうですか、恥ずかしいからあまり言わないでださい」
「いや、僕はいいますよ、だってすごいんですから・・」

綾子さんは今度は私のアソコに手をまわしました。
その日、私は、レクレーションの準備でジャージ姿だったので、より勃起した
アソコがはっきりと綾子さんの手に伝わったと思います。

「あ、す、すごい、主人の何倍も大きいわ」
「そ、そうですか、でもアソコに自信はあるんです」
「だってこんなに大きくて硬いオチンチンは触ったことないです」

もう綾子さんの表情は覚せい剤でもうったような、ダラーとした
顔に変わってきているのがはっきりわかりました。

私も綾子さんのおっぱいをブラの上から円を描くように
揉みほぐしていくと、
「あ~、あ~ん、だめ~、あ~ん」
「綾子さんいい声だ、すごくムラムラするよ」
「そ、そうですか~、ああ~ん、ここもすごい~い」

勃起したアソコをさわっている手をゆっくりゆっくり上下させると
「あっ、あっ、いいっ、綾子さんいやらしすぎる」
「ブラを外して、生で触って~」

私は手を背中にまわし、ホックを外すと、
「おっ、まだ乳首もピンクなんだ」
「そ、そうですか、あっ、あっ、恥ずかしいけど・・・・」
「恥ずかしいけど、何?」
「あっ、聞かないで~、あ~ん、だめ~」
「口で言わないとわからいよ」
「あっ、な、なんで~、な、舐めて~」
「こうしたらいいの?」

私は綾子さんの乳首に吸い付くと、
「あっ、ああああ~っ、いいっ、いいっ、ああああ~っ」
「き、聞こえるよ、もうちょっと静かに」

相談室中に響きわたる喘ぎ声で、外まで聞こえそうだったが、
綾子さんの口をふさぎながら、乳首を舐めまわすと、
「あっ、も、もう、もうだめ~、いきそう~っ、あっ」

私がもっと勢いよく舌を動かすと、
「あっ、ああああっ、ああああ~ん、いくっ、いく~っ」
綾子さんはイってしまったようで、そのままその場に
うずくまってしまいました。

乳首を吸いまくって、おっぱいを揉みまくって絶頂を
迎えた人は私の人生の中で初めてでした。男として非常にうれしかったです。

でもすぐに綾子さんを立たせ、また乳首を舐めまわし、
パンティの中に手を突っ込むと、パンティのアソコの部分は
もうグチョグチョに濡れています。

「こんなに濡れてていいの?」
「仕方ないです、だって気持ち良すぎるから・・・」
ちょっと顔を赤くして言う姿がまたかわいくて、
「このおっぱいでシゴイてくれません?」
「もう、男の人は胸が大きいとすぐお願いしてきますね」
「当然ですよ、男は王様になりたいんですから」
「もう~、男ってわがままね」

綾子さんは私をいったん立たせて、ジャージを下ろすと
「あっ、すご~い、形も最高よ」
「そ、そうですか・・」

なんだか、すでに面接という立場が逆転していて、
綾子さんもため口になっていて、私は綾子さんの
するがままになっていました。

まずは、綾子さんが勃起したペニスを口に含み、
濃厚なフェラチオをすると、
「おっ、あっ、気持ちいい~」
「お、おおきいわ、すごいわ~」

舌を絶妙なタイミングで動かし、少し歯を当てながら、
唾液をいっぱい出し、どちらかというと、ジュパジュパと
感じで、亀頭を顔を動かしながら、丹念に舐めたり、
吸い上げたりしながら、でもそれが、玄人っぽくていやらしく、
まるでアダルトビデオのようでさらに興奮します。

「あっ、綾子さん、す、すごいっ、あっ、だ、だめだっ」
「ま、まだよ」
「い、いやっ、も、もうだめっ、あっ、で、でるっ、あああっ」

私は綾子さんの口の中で発射してしまいました。
すると綾子さんはニコッとして、精子をすべて飲み込んで
しまいました。

「あ~、すごかった、オチンチンが大きいから・・・」
「僕もよかったですよ」
お互いが、はあ~はあ~と息が漏れ、綾子さんがつぶやくんです。

「こんなことになって、やっぱり不採用ですよね?」
「不採用だけど・・・でも採用です」
「ほ、ほんとですか?」
「ただし条件があります」
「試用期間でしょ、その間はパートでいいです」
「試用期間ありますが、常勤職員ですよ、でも・・」
「え、なんですか」
「これからも、この関係を続けることが条件です」
「はい、私もこの大きなオチンチンが好きですからいいですよ」
あっさりと決まりました。でもこれが悪夢の始まりでした。


あの夢のような面接から1週間後、綾子さんは、
初出勤となりました。面接の時のスーツ姿とは反対に
ジーンズ姿で相談室で待っていました。

「私服姿もきれいですね」
「ありがとうございます」
「さっそく今日から業務が始まるわけですが・・・」
わけのわからない説明をして、現場の責任者にまかせました。

でもあのTシャツ姿でも、スタイルのよさがきわだっていて、
思い出すだけでもまた勃起して、この1週間に私は面接のことを
思い出して、毎日シコシコしながら、モンモンとして過ごしました。

この前は最後までしてないから、今度は自分のバズーカを
綾子さんにぶち込む予定で、でも、考えると考えるほど、
また勃起してきます。

それから数日は何事もなく、研修もあっていたので、綾子さんを
見ることもなく過ぎていきましたが、そんなある日、広い施設で
ようやく綾子さんと話をする機会がありました。

「だいぶ慣れました?」
「ここの職場はすごく働きやすくて気に入りました」
「職場だけですか?」
冗談で聞いてみると、
「私、待ってるんですよ」
「え、何をですか?」
「採用の時の条件ですよ」
「大きな声で言えませんが、僕は毎日綾子さんのことを・・・」

小さな声でささやくように耳元で言うと、
「今日、仕事が終わって時間をいただけます?」
「いいですよ、私につきあってください」
「わかりました、仕事が終わったら綾子さんの携帯に
 連絡します」

そして何事もなく仕事に戻りましたが、何をするのか、どこに
行くのか、もうそればかりで頭がいっぱいで、夕方には、残っている
仕事を明日に強引にまわし、定時で職場を後にしました。

そして綾子さんの家の近くまで行き、今日は飲み会で、とか言って
出てくると言っていたので、待っていると、綾子さんがやっと
出てきました。

「すみません、遅くなっちゃって」
「何時間でも待ちますよ」
「いやね、そんなスケベな顔して」
「綾子さんほどではありませんよ」

訳のわからない会話をしながら、簡単に食事を済ませ、
いざ、綾子さんのいうところへ。

黙って車を走らせていると、どんどん指示される方向が
山の中に入って行くではありませんか。

そして綾子さんの手が私の股間へ伸びてきて、
「どんどんあがっていってください」
「僕の股間もあがっていってますよ」

するとベルトを外し始め、ペニスが顔を出すと、綾子さんは
顔をうずくめると、フェラチオをしてきました。
「お、おい、運転中・・」
「だって待ってたんだもん」
「あっ、ちょ、ちょっと・・」

そして頂上付近に到着すると、もうイキソウになっており、
誰もいなさそうだったので、そのまま、椅子を倒し、押し倒すと、
出会って初めて綾子さんとキスをすると、もう我を忘れて
しまいました。

でも綾子さんが、待ったをかけ、
「今日は外でして」
「えっ、でも誰か来るとまずいんじゃない?」
「大丈夫、ここはあまり知られてないの」

たしかに若いカップルとかがいそうだけど、誰か来る気配もない。
展望台みたいにはなってるけど、たしかに私もこんな場所は
知らなかった。

「向こうに行きましょ」
案内されたところは、なんか薄気味悪い小屋でした。
誰かが昔、物置に使って居たのでしょう、農業の道具が
置いてあるが小屋のドアに鍵もかかっていないので、
現在使っている形跡はありません。

「こんなとこ、なんで知ってるの?」
「ひ・み・つ」
よく訳がわからないけど、知っている理由を聞いても
しょうがないので、そのまま立っていると、
「さあ、服を全部脱ぎましょう」

私は言われるままに裸になり、綾子さんも服を脱ぎ始め、
脱いでいる姿を見ると、何度見ても、いやらしい体をしていて
見ているだけで私のアソコは完全に復活して勃起し、
また我慢できなくなりました。

そしてお互い見つめあい、濃厚なキスから始まり、
お互いがお互いの性器を触り合い、私は綾子さんの
おっぱいにかぶりつくと、
「あっ、あっ、いいわ、ま、まってたの~」
「すごいよ、すごいくおおきいよ」

「あっ、だめっ、あっ、イキソウよ、あっ、あああ~っ」
綾子さんは今日もおっぱいだけで絶頂を迎えたが、
その声が森全体に響き渡っているのがわかった。

少しぐったりしていた綾子さんはすぐに立ち上がり、
今度は私のペニスを口に含み、バキュームフェラを始めた。

こんなところでフェラチオされるのは初めてであるが、
いつもより、舌の動きや吸引が激しく、
「おっ、あっ、あああ~っ、気持ちいいよ」

すると突然フェラを止め、バックに手を伸ばし、ローションを
取り出して、私のペニスに塗り始め、同時にシコシコと手を動かし、
あまりの気持ちよさに、
「ちょ、ちょっと、出そうっ」

「まだよ、もっと気持ちいいことするから」
動かしている手を止め、自分のおっぱいを両手でつかみ、
ペニスをおっぱいに挟み、パイズリを始めると、
「おおお~っ、す、すごいっ、あっ、もうだめっ、イクっ」

私はパイズリされたまま、綾子さんの顔の付近まで精子を
思いっきり飛ばしてしまった。
そしてまたペニスをくわえ、きれいに精子を舐めてくれた。

「す、すごかったよ」
「あなたのおちんちんも超ご機嫌だったわよ」
「そんなおっぱいでされると誰でもすぐイッちゃうよ」
綾子さんが少し顔を赤らめてるのがわかったが、
「今日はいっぱい満足させて・・」
「わかってるよ」

そしてまたキスをして、今度はお互い立ったまま、私は
ペニスを綾子さんの股に挟み、素股で腰を振ると、
「あっ、いい、当たってる、クリト・・あっ、当たってる~」

「これもいいよ、すごくいいよ」
「あっ、だめっ、だめっ、あああっ、あ~っ、ああ~っ」
また綾子さんは絶頂を迎えてしまった。

今日は何回絶頂を迎えるのだろうか。
はたして私の体は持つのだろうか。

といろいろ考えながら、でも気が付くと綾子さんは
また私の前にしゃがみこんで私のペニスを口にくわえ、
「ああ、まだ大きいわ、おいしい~」

「あ、だ、だめだ、良すぎるよ」
ピチャピチャ、クチャクチャとおいしそうに私のペニスを
口にくわえ、口だけのピストン運動がさらに加速していった。

「ああー、だ、だめだ、い、いくー、ああ~っ」
ペニスから勢いよく精子が綾子さんの口の中へ
一気に飛び出していった。

「あ~、おいしかった」
綾子さんは精子を飲み干してしまった。
正直もう体が持たないように気がしてきた。

セックスというものは、何回も何回もすると
少し飽きてくるものである。でも綾子さんの表情を
見ると、いまからよ、みたいな顔をしてる。

そしてまた、綾子さんは立ち上がり、バックから
入れてって言ってきた。でもペニスは少し休憩しようと
言っているようで、すぐに勢いを取り戻してくれない。

すると綾子さんはまたローションを取り出し、
私のペニスにべっとりとつけ、またフェラチオをしてきた。
「大きくな~れ、大きくな~れ」
綾子さんは呪文みたいなものを言い始めたが、
不思議と私のペニスはその呪文にしだいに反応してきた。

綾子さんのフェラチオは、亀頭だけをくわえ、回転する
ように、亀頭のカリの部分だけを舐めるのだが、さすがに
これは気持ちよすぎて、すぐにペニスは反応してしまう。

「大きくなったわ~、おまんこに入れてちょうだい~」
また綾子さんは甘えた声で言ってくると、
大きく開いた股の隙間からかすかにおまんこが見え、
おまんこめがけて一気にペニスを押し込んだ。

「あああああ~っ、こ、これよ、いい、す、すご~いっ」
私は喘ぎ声をあげている綾子さんにお構いなく、できれば
これでセックスは終わりにしたかったので、ピストン運動を
止めることなく、力の限り、腰を前後に振り、これでもかと
綾子さんが絶頂を迎えるまで、突きまくった。

「いやーっ、こ、こわれる、こわれる~」
「こうしてほしいんだろ」
「そ、そうよ、ああ、で、でも、ああ~っ、いい~っ」
「気持ちいいって大きな声で言ってみろ」
「ああ~っ、いい、いい、あ、だめ~、だめ~っ」
「聞こえないぞ、大きな声出してみろ」
「ああああ~っ、だめ~、いくっ、いくっ、いく~っ」

とてつもなく大きな喘ぎ声だった。そして私も同時に
綾子さんのおまんこの中に思いっきり中出しした。

お互いが森という状況の中で、動物化していた。
でももう私は力が出ない。私と綾子さんはその場に
倒れ込み、しばらく無言で、ただ2人の呼吸する音が
聞こえてくるだけだった。

「今日はすごかったよ」
「私もすごく満足よ」
「また抱いてくださる?」
「もちろんだよ、でも野外はやめよう」
「今度はホテルで愛して」
「わかったよ、窓際に立たせて、外から見えるように
 してやるよ」
「もう~、そんな言ったら、また濡れてきちゃうわ」

そして森を後にした。車の中で綾子さんはぐったりとして
熟睡していた。

表情を見てると、とてもあんな大きな喘ぎ声を出す人とは思えないが、
今度の高級ホテルのセックスは違う意味で興奮するな~、と思いながら、
家まで送り届けた。

これからは仕事もプライベートも忙しくなりそうだ。
私ではなく、私のペニスがである。


PAGE TOP