ドクドク・・と大量の精液が体内に流し込まれていった


私は35才の男です。結婚して9年目になります。
最近、私の近所に典子さん夫婦が引っ越してきた。
一目見た時から典子さんの事が好きになってしまった。
その日から、私の心の中に典子さんとSEXしたいという欲望が湧き上がってきた。
私の妻と典子さんは、すぐに仲良くなったみたいで典子さんもよく我が家に来るようになっていった。
私は、ある計画を立てていた・・
その計画は、典子さんが遊びに来た時に、よく眠れる薬の入ったゆず茶を出すっていう作戦だ!

妻と典子さんが好きで、よく飲んでいたので思いついた。

それから、1ヶ月くらいたった時に作戦を決行する日がやってきたのだ。

私は事前にゆず茶の素によく眠れる薬を大量に入れておいた。

典子さんが来てから1時間くらい経った時に妻と典子さんがいる部屋に行ってみた。

妻と典子さんはぐっすりと眠っていた。

私は、妻が眠っている横で典子さんを畳に寝かし、スカートをめくって下着を脱がしていた。


下着の下から、私が望んでいた典子さんのパックリ割れたおまんこが姿を現した。

私は典子さんのおまんこを舐めたり指で開げて見たりしていた。

私の興奮が絶頂に達したとき、ギンギンになったちんぽを生で典子さんのおまんこにズブズブっと挿入した。

典子さんが「あぁっ・・」って声を出したときは、目を覚ましたかと少しビックリしたが目を覚ましてはいなかった。

ちんぽを膣の奥まで挿入した。

私はゆっくりながらピストンを繰り返し、典子さんにピストンし続けた。

私はたまらず典子さんの子宮めがけて射精してしまった。

ドクドク・・と大量の精液が典子さんの体内に流し込まれていった。

ゆっくりちんぽを抜くとワレメから大量の精液があふれ出してきた。

私は満足していた。達成感がこみ上げてくる。

私はおまんこをきれいに後処理し、下着を穿かせてから自分の部屋に戻った。

それから1ヶ月後に典子さんが妊娠したって事を妻から聞いた。

多分、私の子供だろう・・


PAGE TOP