友達の母ちゃんを手マンした悪友・・エロ話


俺がバイトしてるコンビ二に友達の母ちゃんもバイトに来てる。

友達と言っても高校時代にたまに遊びにいった程度で、今はその友達とは特に付き合いはない・・・。
(・・・ということにしておく。)
俺は22時~6時、友達の母ちゃんは6時~9時の早番のパート主婦だ。

[adrotate group=”1″]

いつもは引き継ぎの挨拶程度の関係だが、去年の忘年会を近所のちゃんこ屋でやった時のこと。

始めは早番主婦2人と昼間の若い女の子も参加する予定が、一人減り、二人減りで・・・結局夜勤の男4人と友達の母ちゃんだけの5人でちゃんこ鍋屋の個室宴会となった。

「おばちゃんが参加したら可哀想だからやめる」とか言ってたが、女気がないのも寂しいので、とにかく呼んだことが始まりだった。

個室の中で酒も回ってきたとき、下ネタが始まった・・・。
俺たちもとにかく彼女を飲ませたが、シラフなら手も出したくない40代の細くて貧乳のおばさんだが、俺の相方はその乳を服の上から触り始めた。
彼女は笑いながら抵抗したが、目は「やばっ」という感じで、真剣にその手を振り解こうとしていた。
もちろん俺が彼女の長男の同級生だから無理もないが・・・。

しかし、別の仲間の手がセーターを捲り、ブラをずり上げて生乳を出した。
友達の母ちゃんは四つん這いになって逃れようとしたが、悪友は後ろから遂にブラを取った。
後ろから羽交い絞めにして見えた乳は貧乳で、しかも乳首がでかい・・・。


俺は興醒めしたが、なんと俺の悪友は、そのでかい乳首を口にした・・・。

年をとっても女は女だった。
「やめて」と言いながらも乳首がさらに大きくなっていた。
もう一人はスカートの中に手を入れてパンストを脱がしにかかった・・・。
途中までずり降ろした時、「もう大声だすよ!」という怒り声に一瞬俺は怯んだが、悪友は手マンで攻めた。

「やめなさい、人呼ぶよ」と言われた時には止めようと思ったが、

その直後・・・

「うっ」「あぁ」「訴えるわよ・・はぁっ」「あぁん」と何と反応がでてきた・・・。

悪友は「クチュクチュ」言わせながら手マンをやめなかった・・・。

「だめー」という声とともになんと潮吹き。

俺はAV以外で初めて見た。

悪友はそれをオシボリで拭いてあげて「大丈夫俺たちだけの秘密だから」と・・・。

まったく、遊び慣れてるやつは凄い。

彼女は「当たり前でしょ」と言いながら洋服を直した。

長くなるので、その後は省略するが、友達の母ちゃんがそういう経験してることを知らずに買い物に来る高校の同級生を見る度に、そのことを思い出して興奮する。



PAGE TOP