淫裂全体が愛液に塗れ色素の濃い肛門まで濡れ光っている…


「・・・じゃぁ・・・行ってくる・・・」
「しっかりしてね貴方!・・・もう・・・頼りないんだから・・・」
(そんなに俺の給料に不満があるなら、お前も働けばいいだろ・・・)
俺は怒鳴るように自分を送り出した妻の麻紀に、心の中で悪態をつきながら隣町のスポーツクラブへ向かった。俺は先日勤めていた会社が倒産し、再就職はしたものの給料は以前の2/3程に落ちていた。
浪費癖のある妻の麻紀はそんな俺に土日も働いて以前の給料との不足分を補えと、これから通うスポーツクラブでインスタラクターのアルバイトを提案した。

俺は大学時代から約10年程、これから向かうスポーツクラブに通っていた為、オーナーは快く俺のアルバイトを認めてくれた。
休みの日くらいは家でゆっくりしたかったが、麻紀の両親に新居を購入する頭金を出してもらっていた為、俺は麻紀に頭が上がらなかった。
俺は足取りも重く駅へと足を向けた。

「お早うございます」
「・・・あぁ・・・お隣の斉藤さんの奥さん・・・」
俺の後を追うように声をかけて来たのは隣に住む斉藤優子だった。

優子はテニスラケットとバッグを持ち白いジャージにスコートを着けた格好で俺に追いついてきた。
「田中さんのご主人・・・もしかしてその格好・・スポーツクラブですか?」
俺はスエットの下を履き、上はTシャツ姿だった。
「えぇ・・・今日からインストラクターをやるんです・・・」
「へぇ~~凄いんですね・・・そのスポーツクラブって・・・隣町の・・・」
「えぇ・・・AVAスポーツクラブです」
「やっぱり!・・・俺もこれから行くところなんです。・・・実は昨日入会して、今日が初日・・・」

「・・・斉藤さんの奥さんもスポーツお好きだったんですか・・・」
「いいえ・・・実は主人が海外出張で先月から家を空けてるんです・・。それで、ずっと家に閉じこもっててもつまらなし・・・学生のころやっていたテニスでも始めようかなと思って・・」
「そうなんですか・・・じゃぁ・・・俺で良ければ何でも聞いて下さい」
「そうですか・・・有難うございます。・・・何だか心強いな・・・やっぱり最初は一人だと心細かったので・・・」
二人はそんな会話を交わしながら駅へと向かった。

駅に着くと、二人は快速電車のプラットホームで電車を待った。
快速ならスポーツクラブのある駅までわずか15分程だ。
二人のいる快速電車のプラットホームから各駅停車のプラットホームを見ると人が溢れんばかりにごった返している。

この先の駅で事故があったらしく、電車が立ち往生しているらしい。
駅員のアナウンスが流れると各駅電車のプラットホームから快速電車のプラットホームへ大量の人が押し寄せて来た。
二人は人でごった返すプラットホームに滑り込んで来た快速列車に押し込まれるように乗り込んだ。

「凄い人ですね・・・大丈夫ですか・・奥さん・・・」
「・・・えぇ・・・」
優子は左手にバッグ、右手でテニスのラケットを腋に抱える格好で持っていた為、俺の胸に身体を押し付けるようにピタリと密着

し、かろうじて優子の右手だけが二人の密着を遮るように僅かな壁を腹部に作っていた。
俺に優子の柔らかな胸の感触が伝わり、優子の髪のさわやかな香りが俺の鼻を擽った。
俺は優子に気を使い素知らぬふりをしながらも、魅力的な優子の柔らかな身体の感触を楽しんだ。

(キャッ・・・)
走り始めた電車が急にブレーキをかけ停止してしまった。
(この先、信号機故障の為電車が停止しております。復旧まで多少お時間がかかると思いますが、今しばらくお待ち下さい・・・)
車内アナウンスが流れると満員の車内がざわめきだった。
俺と優子は互いの肩に顎を乗せる程に身体を密着させて立っていた。

「・・・困りましたね・・・これじゃ遅刻しちゃう・・・」
「えぇ・・・でも・・・直ぐに動き出しますよ・・・」
優子は俺の肩に顎を乗せ俺の耳元で囁くように語り始めた。
5分ほど経過したが、一向に電車が動く気配は見られなかった。
俺は優子の向かい合ってピタリと身体を密着させていた為、下半身のものが疼き始めるのを抑える事が出来なくなっていた。

(・・・うぅ・・・ま・・・まずい・・・)
俺の股間の物が、明らかに優子の股間を突っつき始めたのと同時に、優子が身体をモゾモゾと動かし始めた。
俺は自分の股間の物が優子の恥丘辺りに当たっていた為、優子がそれを避けようとしているのだと思ったが、自由の利かない車内

ではどうしようも無かった。
「・・・あの・・・」
優子が俺の耳元で囁いた。
「あっ・・・すいません・・・何とかしたいんですが・・・どうにもならなくて・・・」
「・・・違うんです・・・ち・・・痴*・・・」
「えっ・・・いえっ・・・そんなつもりじゃ・・・」
「違うんです・・・後ろから・・・だれか・・・」
「・・・えっ・・・」
「後ろから・・誰かが・・・お尻を・・・」
「いえ・・・僕は何も・・・」
「だから・・・違うんです・・・誰かが・・・俺のお尻を触ってるんです・・・」
優子は恥ずかしさで消え入りそうになる程の微かな声で、俺に救いを求めた。

俺はやっと優子の置かれている状況を飲み込み、自由になっている右手を優子を抱えるように背後に回すと優子の尻に向かわせた。
俺の手が優子の尻に近づくと何かに触れた。
優子のスコートに潜り込んでいた無骨な手が、柔らかな優子の尻の肉を撫で回しスコートの下のパンティの下に侵入しようとしていた。

俺はその侵入者の手首を掴み捻り上げる。
優子の背後に立っていたスーツ姿の中年男性が苦痛に顔を歪めた。
俺はその中年の男を睨み付けると、更にその掴んだ手首を捻り上げた。
中年の男が俺に向かって観念したように目線を合わせると、俺はその捻り上げていた手首を開放した。
中年の男は顔を隠すように俯き、狭い車内で背を向けた。

「・・・もう・・・大丈夫ですから・・・」
「・・・ど・・・どうも・・・すいません・・・でも・・・又・・・」
「大丈夫・・・俺が手でガードしておきますから・・・」
「・・・はい・・・」
優子が恥ずかしそうに俺の胸に顔を埋める。

先程の中年の男が俺から逃れるように狭い車内を移動していく。
「・・・やつ、逃げて行きますよ・・・どうします・・・」
「・・・恥ずかしいから・・・騒ぎを大きくしないで下さい・・・」
「・・でも、・・・・」
「・・・いいんです・・・」
痴*という卑劣な行為に、いつも女性はその屈せざるを得ない事に正義感の強い俺は苛立ったが、優子に逆らって事を大袈裟に出来なかった。

「・・・わかりました・・・」
あの男が窮屈な車内を移動していった為、周りの人が身の行き場を無くし、今度は逆に、
優子の尻をガードしている俺の手が優子の尻をスコートの上から掴むように押し付けられていく。
「・・あっ・・・すいません・・・」
「・・・えっ・・・い・・いいんです・・・」

俺に手の平に柔らかな優子の尻の感触が伝わり、今まで以上に俺の股間の物が優子の股間を刺激していく。
優子は俺の股間の物の変化を察知し、優子はそれを避けようを腰を動かすが、逆にその刺激が俺の股間を更に刺激してしまった。

「・・・す・・・すいません・・・そ・・・そんなつもりじゃ・・・ないんですけど・・・」
「・・・い・・・いいえ・・・俺の方こそ・・・御免なさい・・・」
俺は、優子が俺の股間の物から逃れようと腰を動かす度にビクビクと痙攣する股間の物を抑える事が出来なかった。
優子は、俺との密着を遮る唯一の右手に、俺の頭をもたげた熱い物が触れた。

「・・・あっ・・・」
「・・・す・・・すいません・・・どうにもこうにも・・・」
俺は冷や汗をかきながら優子に対する言い訳を考えたが、気持ちだけが焦り言葉が浮かばない。
「・・・ご主人って・・・逞しい方なんですね・・・」
今まで恥ずかしさに顔を赤らめていた優子が、ジャージの下で固くなり始めた俺の怒張の頭の部分に、
右手の指を当て、ツメの部分でゆっくりと円を描くように撫で始めた。

「・・・えっ・・・な・・・そ・・・そんな事・・・無いです・・・」
俺はしどろもどろになりながら、怒張の先端から伝わる心地よい刺激に顔を赤らめた。
「あっ・・・ご主人・・・又、誰かが・・・お尻を・・・」
優子は俺の怒張の先端をジャージの上から軽くツメで擦りながら、俺の耳元でそう囁いた。
「・・あ・・・あれ・・・おかしいな・・誰も・・・そんな事・・・」
「・・・もっと下です・・・」
俺は大胆な優子の行動に触発され、今までスコートの上から押さえていた右手を、スコートを捲り上げるように尻に忍ばせていった。

「・・・誰も・・・いない・・けど・・・」
「・・・ううん・・・も・・・もっと・・・奥・・・」
(この人・・・俺を・・・誘ってるのか・・・)
やっと冷静さを取り戻した俺は優子に怒張を弄くらせながら、自らの右手はスコートの下の薄手のパンツの上から柔らかな尻の肉を揉み始めた。

(・・・あ・・・ぅ・・・)
俺の右手の動きが大胆になると、優子は俺の胸に顔を埋め、込み上げる嗚咽を堪えるかのように、その顔を俺の胸に押し付けてきた。
(・・・なんか・・・今日はツイテルな・・・)
以前から優子に好意を持っていた俺は突然舞い込んできた思いもよらない状況に行動がエスカレートしていった。

「・・・もっと・・・奥の方かな・・・」
俺は更に右手を伸ばし、優子の淫裂部分にまで手を差し込んでいった。
「・・・あぁ・・・居ましたよ・・・変な虫が・・・」
俺は胸に顔を埋め黙ったまま身体を硬直させる優子にそう囁くと、淫裂を擦るように指を動かし始めた。

(・・・ぅ・・・・ん・・・・)
一向に動かない電車に静寂を保っていた車内に、乗客が苛立ちのざわめきがたち始め、淑子の微かな呻きをかき消した。
車内は人の熱気で次第に蒸し暑くなり始めていたが、優子はその暑さとは関係の無い火照りを全身に漂わせ、熱い吐息を俺の胸に吹きかけていた。

俺は優子の淫裂を擦る右手に、優子が股間に汗を滲ませ、クロッチに部分に汗とは違う湿り気を帯び始めた事を察知した。

「・・・熱いですね・・・奥さん・・・」
「・・・えぇ・・・とっても・・・熱いです・・・」
「・・・電車、早く動くといいですね・・・」
「・・・えぇ・・・もっと・・・早く・・・」
「・・・こんな事なら・・・ジカに行ってしまえばよかった・・・」
「・・・俺も・・・ジカに・・・」
俺と優子は意味深な会話を交わすと、パンツの上から淫裂をなぞっていた右手をパンツの脇から差し込み、じかに優子の淫裂に触れていく。

「・・・あぁ・・・やぱり・・・ジカに・・・行った方が・・・良かったわ・・・」
優子が嗚咽交じりの言葉を発しながら、俺の指を自らの淫裂に向かい入れ、微かだが脚を広げた。
動きやすくなった俺の指が優子の花弁を広げるよに侵入すると、堰を切ったように愛液を滴らせ俺の指を濡らしていく。

「・・・奥さん・・・すごい汗ですよ・・・」
「・・・えぇ・・・もう・・・熱くて熱くて・・・」
俺は優子の愛液に濡れた指をその泉の源である膣口にあてがうとゆっくりと差し込んだ。
「・・・本当に・・・熱いですね・・・」
「・・・ねぇ・・・熱いでしょ・・・」
俺の指に優子の火照った熱が愛液と一緒に伝わってくる。

俺は差し込んだ指をゆっくりと出し入れを繰り返しながら優子の膣の中の襞の感触を楽しんだ。
(・・・あ・・・はぅっ・・・うぅっ・・・)
優子は次第に息を荒げて行き、おぼつか無い足取りで俺の胸にもたれかかってくる。
俺のTシャツ越しにふくよかな優子の乳房の感触が伝わってきた。
優子は僅かに自由の効く右手をジャージの上着のジッパーに伸ばし、ゆっくりと下げ、周りに気づかれない程にはだけた。

(・・・おぉっ・・・奥さん・・・乳首丸見えじゃん・・・)
優子はアンダーだけを僅かにカバーする殆どカップの無いブラからはみ出る乳房を俺の目に曝し、乳首を勃起させていた。
しかし、俺は優子の乳首を覗く為には上体を大きく反らさなければならなかったが、
満員の車内では、直ぐに押し戻されてしまう。


(・・・これじゃ、おっぱいは楽しめないな・・・こっちに専念するか・・・)
俺は優子の膣内に挿入させたままだった指を再び動かし始めた。
(・・・それにしても、汁が多い奥さんだな・・・これじゃ、太腿から垂れてるんじゃないか・・・)
俺が想像した通り、優子の内腿には自らの愛液が滴り、なめくじが這った後のような光の帯が幾本も線を作りはじめていた。

(・・・間もなく、この列車は発車します。ご迷惑をお掛けして・・・)
俺が優子の淫裂に指を差し込んで間もなく車内アナウンスが流れ、電車が発射しようとしていた。
(ちっ・・・これからっていう時に・・・)
俺は微かに舌打ちし、動き出した電車を恨めしく思った。

俺は膣に差し入れている指を抜くと、その濡れた指を淑子の淫裂の奥にある淫核に向かわせた。
優子の淫核は包皮に守られていたが、その中で微かに固さを増し敏感になり始めていた。

「・・・あぁっ・・・あ・・あぁ~ん・・・」
俺の指が淫核を捉えた瞬間、優子は小さな喘ぎを漏らしたが、走り始めた電車の騒音にかき消され、周りの乗客の耳に届くことは

無かった。
「・・・あと10分程で着きますね・・・」
「・・・えぇ・・・俺も10分もあればイけると・・・思います・・・」
「・・・じゃぁ・・僕もがんばらないと・・・」
俺は優子の包皮に隠れている淫核を巧みに露出させると、愛液に濡れた指で優しく転がすように弾いていく。

「・・・あ・・・はぁっ・・・い・・いっ・・いい・・・」
優子が俺の胸に口を当て、堪えることの出来ない嗚咽を漏らし始めた。
俺は優子の熱い息が胸に当たる度に周囲に気を配り、様子を伺いながら淫核を擦る指の速度を早めていく。

「・・・あぁ・・・だ・・・だめ・・・立って・・られない・・・」
「・・・えぇ・・・もうすぐですよ・・もう・・・着きますから・・・」
「・・・えっ・・・俺・・・未だ・・・」
「・・・そ・・・そんな・・・もう着いちゃいますよ・・・」
「・・・あぁ・・・でも・・・ま・・・まだ・・・・なのに・・・」

俺は、到着駅に滑り込んで、ブレーキをかけはじめた電車とは逆に、淫核を弄ぶ指の速度を早めていく。

「・・・もう・・・もうちょっと・・・まだ・・もうちょっと・・・」
「えぇっ!・・・もう・・・着いちゃいますよ・・・あっ・・・」
「だ・・・だめぇ~~・・・ま・・・まだ~~~・・・」
電車が停止し、乗客が開け放たれたドアに殺到すると二人はその流れと共に外へ押し出された。

優子は俺に抱きかかえられるにプラットホームに立ち、潤んだ瞳で俺を見上げた。
「・・・もう・・ちょっとだったのに・・・」
「・・・ご・・・御免・・・」
俺と優子は名残惜しそうに駅を後にした。

「じゃぁ・・田中君・・・今日は新規の会員さんにストレッチの仕方を教えて、それから一通り器具の使い方を説明してくれるか・・・」
「はい。分かりました」
「う~~~ん・・・今日は1名だな・・・」
(・・・斉藤さんの奥さんだな・・・やっぱり今日はツイテる・・・)
俺は内心ほくそ笑みながらジムへ向かった。

そこにはTシャツとゆったりとした短パン姿の優子が笑いながら立っていた。
「やっぱり、斉藤さんの奥さんでしたか・・・今日は僕が一日担当しますので宜しくお願いします」
「うれしいわ・・・田中さんのご主人で・・・楽しい一日になりそう・・・」
ジムの中は、日曜だというのに閑散としていた。

二人はジムの隅においてあるテレビの前の広いスペースに向かい、俺はストレッチ用のマットトを2組用意した。
優子はそのマットに膝を伸ばした格好で座り、俺がストレッチの説明用ビデオをセットするのを待った。
じきにテレビに若い男性一人と女性二人が写り出し、様々なストレッチの説明をする映像が流れていく。
俺は優子の背後から手取り足取りストレッチの仕方を教えていく。

「斉藤さんの奥さんって、身体柔らかいですね」
「そうですか・・・」
優子は大きく足を開き、前屈を始めた。
「・・・でも・・・最近は固くなった方なんですよ・・・あいたたた・・・」
優子が開いた脚の付け根を押さえながら顔を歪める。

「トレーニングの前と後には十分に筋肉を解さないと・・・手伝いましょう・・・」
俺は優子の背後に回り、優子の膝を掴むと更に大きく広げていく。
「・・・い・・いた・・・これ以上は・・・」
「・・・そうですか・・・」
俺は優子の正面に回り、脚がどれくらい開いているかを確認するように覗き込んだ。
(・・お・・・おぉっ・・・奥さん・・・ワレメがくっきり浮かんじゃって・・・)
俺の目に優子の短パンに淫裂の起伏がくっきりと浮かんでいるのが解った。

「あ・・・脚は良く開いてますね・・・じゃ・・背中押しますよ・・・」
俺は再び優子の背後に回ると、肩の下に手を当て、ゆっくりと体重をかけていく。
「・・・い・・・いたたたた・・・」
俺は背中を押す度に優子の上半身が床につくほどに力を込める。

「・・・体がほぐれてきましたね・・・もっと強く押しますよ・・」
「・・・い・・・いたーーーーっ・・・」
「・・だ・・・大丈夫ですか・・・」
「・・・い・・・痛い・・・」
優子は腰を抑え、苦痛に顔を歪めながら横たわっていた。

「・・・ご・・・御免なさい・・・今・・・救急車呼んできます・・・」
「だ・・・大丈夫です・・・しばらく静かにしてれば・・・」
「じゃ・・医務室へ・・・」
「・・・いいえ・・・ご主人・・・家まで送っていただけないかしら・・・」
「・・・わ・・わかりました。今、タクシーを呼んできますね」

俺はジムの責任者にこっぴどく説教をくらいった後、優子を家まで送る為ジムを早退した。
俺は優子を2階の寝室まで抱えて運ぶと、ジムから持参した救急箱を開け湿布を用意する。

「奥さん・・・湿布を張りますので、うつ伏せになれますか?」
「・・・えぇ・・・・でも・・・痛いのは腰じゃなくて・・・」
「・・は?・・・腰じゃないんですか・・・・」
「・・・えぇ・・・あ・・・脚の付け根・・・なんです・・・・」
「でも・・・腰を押さえてました・・・よね・・・」
「・・・だって・・・ここを・・・押さえるなんて・・・恥ずかしくて・・・」
「・・・そ・・そうですね・・・」
「・・・湿布・・・してくださいますか・・・」
「・・・じゃ・・僕じゃなんだから・・・女房呼んできますよ・・・その方が・・・奥さんも恥ずかしくないでしょ・・・」
「・・・で・・・出来れば・・・ご主人に・・してもらいたい・・・」

優子は顔を赤らめながら顔を背けるように横を向いた。
「・・・わ・・・わかりました・・・じゃぁ・・ちょっと脚を動かしますよ・・・」
俺は優子の右膝を優しく持ち上げると、ゆっくりと優子の身体の方に押していく。

「・・・どうです・・痛くないですか・・・」
「・・・えぇ・・・」
「じゃぁ、次は反対の脚いきますね・・・」
俺は優子の右足をそっと元の位置に戻すと、今度は左の膝をゆっくり持ち上げていき、優子の胸に膝が付くほどに押していく。

「こっちはどうですか・・・痛くないですか・・・」
「・・・えぇ・・・」
「・・お・・・おかしいな・・・どっちも痛くないんですか・・・」
「・・・・」

優子は顔を背けたままじっとしていた。
「じゃ、今度は両脚を一緒に持ち上げますね・・・」
俺は優子の脚の間に座ると、両手で同時に両膝の裏を持ち、ゆっくりと押していく。
「どうです・・・奥さん・・・痛かったら、言って下さいね・・・」
「・・・・・」
俺は優子の表情に注意を払いながらゆっくりと膝を押してくが、優子に痛がる素振りは見えない。

「・・・おかしいな・・・」
俺は優子の膝を優子の胸に付くくらいまで押したが、一向に優子の表情に苦痛の表情が表れない。
「・・・お・・・奥さん・・・」
俺は優子の膝を強く押すことで、俺の目の前に曝された優子の短パンに、淫裂がくっきりと浮かび上がり、さらにそこには小さなシミが出来ている事に気づいた。

「・・・わ・・・わかりましたよ・・・奥さんの・・患部が・・・」
「・・・は・・・恥ずかしい・・・」
優子が甘い吐息と一緒に恥じらいの言葉を漏らした。

俺は膝を押すことで浮いた腰の下に、自らの膝を差し込み、優子の腰を浮かせたままにすると、ゆっくりと短パンのボタンに手を

かけた。
「・・・これから治療しますから、奥さん膝持ってて下さいね・・・」
「・・・えぇ・・・わかりました・・・」
優子は俺の指示に素直に従い、自分の膝を抱え俺の手を自由にした。
俺は優子の短パンのボタンを外すと、ゆっくりとファスナーを下ろしていく。

(・・・やっぱり・・・・)
下ろした短パンのファスナーの下から、優子のあまり縮れていない陰毛が現れた。
「・・・い・・・いやぁ・・・・」
「・・・・・・・・・」
女の挨拶のような形ばかりの抵抗の言葉を発した優子であったが、身体は微塵も抵抗を見せていなかった。

俺は短パンをするりと優子の腰から抜き、淫裂を曝け出した。
「・・・あぁ・・・やっぱりここだ・・・奥さんの患部・・・」
「・・・いやぁ・・・恥ずかしい・・・」
優子の淫裂は花弁が充血し、淫裂全体が愛液に塗れ色素の濃い肛門まで濡れ光っている。

「奥さん・・・朝の・・・電車の中のあの時からこんなになっちゃったんだね・・・」
「・・あぁ~~ん・・・いぢわる・・・」
「大変だよ・・・こんなに腫れあがっちゃて・・・」
俺は目の前に曝された優子の淫裂に指を埋めるように割りこませる。

「・・・はぁぅっ・・・あ・・・い・・いぃ・・・」
俺は淫裂に埋めた指を、今度はゆっくりと引き上げていく。
「・・・あぁ・・・」
優子の淫裂と俺の指の間にネバネバをした愛液が、きらきらと光る糸を引いていく。
俺は、その糸を引く愛液を楽しむように、何度も指を淫裂に埋めては引き抜いてみた。
「・・・あぁ・・は・・・はやくーーーーっ・・・」
俺に焦らされ続けた優子が、強い刺激を求めるように訴える。

俺は両手で優子の淫裂に手を添えると、ゆっくりと左右に押し広げ、赤く充血した淫裂に固く尖らせた舌を差し込んだ。
「はぅっ・・・あ・・・うぅっ・・・」
朝、満員電車の中で俺に弄ばれてからずっと火照ったままの優子の淫裂が優子の全身に蕩けるような甘美な快感を与えていく。俺は、高く掲げられてもなお愛液を噴出する膣口に舌を差し入れ、その甘い愛液をかき出すように膣口を愛撫していく。

「あぁぁぁぁ・・・いぃぃぃぃぃ・・・も・・・もっと~~~ん・・・」
優子が更なる刺激を求める喘ぎを放つと、俺は淫裂に差し入れている舌を優子の淫核に向けた。
「はぁぅっ・・・あ・・・あぁっ・・いぃ・・・あぁっ・・・」
優子は自ら抱える膝に窮屈に身体を曲げながら、淫裂から伝わる快感に官能の喘ぎを漏らしていく。
既に尖り包皮から顔を出した淫核を俺は舌で転がすように刺激を加えていく。

「あぁぁぁ・・・い・・・いいぃ・・・いく・・・いちゃう・・・」
優子は俺の舌での愛撫だけで、絶頂に達してしまった。
「奥さん・・もういっちゃったの・・・意外と淫乱なんだね・・・」
「・・・だって・・・朝から火がついたままだったんですもの・・・」

俺は絶頂の余韻に浸る優子を横目に見ながら、着ているジャージとTシャツを脱ぎ捨て全裸になった。
「・・・あぁ・・・逞しい・・・身体・・・」
優子は全裸になった俺の盛り上がる腕の筋肉に手を滑らせながら、俺の乳首に舌を這わせた。

「・・・奥さんも・・・裸になろうね・・・これから本格的にストレッチを始めるよ」
「・・・今度は何処の筋肉を解して下さるの・・・」
「もちろん全身ですよ・・・身体がとろとろに蕩けるほどに・・・」
「・・・そんな気持ちよさそうなストレッチなら、毎週お願いしちゃおうかしら・・・」
「・・喜んで・・・」
「でも、ご主人のここは、ストレッチしたくないわ・・・固いままがいいもの・・・」
優子は俺にそう言うと、既に天井を向いてビクビクと痙攣する俺の怒張を咥えた。


PAGE TOP