「ああっ!イクっっっっっっ!!!」 と叫んで全身をケイレンさせました


この間人妻としました。
まず目隠しをしてベッドに座らせ、全身をやさしく刺激します。
彼女はとても感じやすく、そっと体中をなでてやるだけで
「あぁ…はぁん…」と声を出します。乳首がとても感じるらしく、急になめてやると、
「あぁっ…」と大きな声であえぎます。
そうして感じさせながら、ベッドの上に座らせたまま足を開かせます。
後ろから手を回して内股をそっとなでながらすこしずつおまんこに近づいていきますが、すぐには触ってやりません。足の付け根のところを爪でくすぐってやります。

「あぁっ・・・あぁっ…気持ち…いいっ…」
すっかり快楽のとりこになっている淫乱な人妻です。

後ろから乳房をわしづかみにしてゆっくり強くもんでやると、それに合わせて
「はああぁっ・・・はああぁっ…」
と熱いため息をもらしています。私のちんぽが彼女のおしりに当っていたのですが、
「お…おちんちん…触って…いい?」
と弱々しくおねだりするので触らしてやります。

そろそろおまんこを刺激してやりましょう。でもまずは大陰唇をくすぐるだけです。
「あぁーあっ…」
もう愛液がはみだしてヌルヌルになっているので
「ああ…もうビショビショじゃない」
と言ってやりますと、
「はぁ…恥ずか…しい・・・」と言葉攻めも好きな様子。

そっとおまんこを開き、中に指を忍ばせくすぐります。本当にぐっしょりです。
「ほら・・・どう?」少し強く刺激してやりますと、ビチョビチョといやらしい音が聞こえてきます。


「ああああああ…いやぁ…はぁっ・・・気持ちいいいい・・・」
「ねぇ…聞こえる?この音。いやらしいねぇ」(くちゅくちゅくちゅ)
「あああっ…いやぁ・・・恥ずか・・・はあっ…」

そしてしばらく触ってやったあと、こう切り出します。
「他に触って欲しいところがあるんじゃないの?」すると
「ああっ・・・あっ・・・クリトリス・・・触って欲しい・・・」
もう我慢できなくなっている彼女は素直に答えます。
私は「ここ?」とクリトリスを指先で軽く叩きます。

「ああああああっ・・・そ…そこおお…」でもチョンチョンと触るだけです。
「触って欲しかったらちゃんとお願いしてごらん・・・」
「うううん・・・ク・・・クリトリス…触ってくだ…はあああああんっ!!!!!」
全部言い終わらないうちにいきなりクリを強く刺激してやると、快楽で狂ったように感じ始めます。

「ああああああああっ…ああああああああっ…あああああああああああああ…ああああっ!いっ…いっちゃうううううう!」

さらに刺激を強くしてやり、「大きな声でいってごらん…」と言うと、
「あああああああああああああっ…おまんこが…おまんこが気持ちいいいいいいいいいいいいいっ!」

ホテル中に響くかと思うほどの大声で叫んだと思ったら、
「ああっ!イクっっっっっっっっっ!!!!!」
と叫んで全身をケイレンさせました。

まだ始めてから10分も経ってないのです。このあと私のテクで何度もイカせてやり(立てなくなるほど)、すっかり満足した彼女は私と逆援の契約を結びました。

なんでもダンナはまったく下手だということで、不満たらたらでした。


PAGE TOP