巨乳の人妻パートと清掃中のマンションの一室で激しくハメあった


俺はハウスクリーニングの仕事を経営している。
不景気のなか、大変だが、おいしいこともたくさんある。
先週からパートに来た人妻がいた。やたらと胸が大きい35歳のおいしそうな人妻だった。
彼女と仕事中のマンションでやることができた。
今日はそれを書こうと思う。
うちの制服は首もとの大きく開いたTシャツで、下はキュロットを履かせている。

俺は人妻と2人でマンションの掃除に出かけた。
その人妻は35歳の物静かな女だった。

胸が大きいから、制服を着させると、胸の谷間がくっきりと見えた。
彼女の前に行き、首元を覗き込むと、大きく垂れ下がった胸の谷間がくっきりと見えるのだ。

お尻も大きく、パンツラインクッキリで見ているだけで挿入したくなる。
そして俺はいよいよ彼女とやる決意を固めた。

窓を拭いてる彼女の後ろに行く。
「駄目だよそんな掃除の仕方」
「済みません、初めてで良くわからないから」
俺は後ろから押し付けるように密着した。

彼女の手を握りながら、
「こうするんだよ。判ったかい?」

そう言いながら、
俺は我慢出来ず、巨乳を鷲掴みにした。

「止めて下さい、変な事しないで」
「いいオッパイしてるね、我慢出来ないよ、俺は」

嫌がる彼女を窓に押え付けてた。
Tシャツの中に手を入れる。

彼女の体温が、手のひらに伝わった。
胸を鷲掴みにする。

俺の手のひらでは収まりきれない乳房だった。
柔らかくて、揉み心地抜群だった。

「すごい・・・すごいよ・・・」
「やめて・・・おねがい・・・」

胸を揉みながら、片手でお尻を触る。
丸みを帯びたイヤらしいお尻だ。



一気にキュロットを下げる。
パンツもずらした。

俺はちんこをさらけ出す。
もう、ビンビンに勃起しちゃってる。

挿入したくて、ムラムラしてるのだから仕方がない。
いざ、挿入開始。

暴れるので中々入らない。
暴れる相手に立ちバックは難しい。

仕方ないので、床に押し倒した。
力づくで足を広げさせる。

ぱっくり割れたおまんこは、もう濡れていた。
なんだ、感じているんじゃないか。

やっぱり、人妻だよなぁ~。
気兼ねなく、ヤレるというものだ。

まずは、おまんこを舐め回した。
大人の女の臭いがした。

指を突っ込み、無茶苦茶にピストン運動する。
凄い感じようだ。

淫らな人妻だなぁ・・・。
嫌らしい音をクチュクチュさせて、俺は一気にちんこを突っ込んだ。

腰を振るたびに、彼女は色っぽい声を上げた。
バックでヤルのが好きな俺は、床の上で、後背位でヤリ始める。

これがまた、感じるようだった。
自分から腰を振るようになったのだ。

さすが人妻・・・エロすぎる・・・
射精しそうになり、中に出そうとした。

しかし、嫌がるので仕方なくちんこを抜く。
口を広げさせて顔に射精した。

普段より凄い量の精子が飛び散った。
彼女の口の中にちんこを突っ込み、一滴も残さずに放出する。

すごい、満足感・・・最高だった。
この後、一緒にシャワーを浴びた。

風呂場でフェラさせた。

そこでも挿入。

ここで彼女は感じまくり、自分から腰を振るようになった。

それからというもの、俺と彼女は、現場でヤリまくっている。