口の中に出してしまったがまだギンギンだったwww


19の時に、32の人妻だな。ちょっと色が黒くて、細い人だったな。
意外に胸があって85のDだか。
進学塾の試験監督バイトってのがあった。いわゆる「お受験」の子供の模試の監督。
そのバイトで、きっかけは忘れたけど、話すようになった社員さんがいた(以下裕美さん)。
裕美「ねえ、浩一君ってPC使えるよね?いま、PC使えるバイトを事務で探してるんだけどどう?」丁度バイトも無い時期だったので、二つ返事でOKした。
バイトに行くと、どうやらその裕美さんのアシスタントという形らしい。
エクセルで書類作って、とか、集計するシート作ってとか。
気が付くと、23時過ぎてた。オフィスは俺と裕美さんだけになってた。

裕美「ご飯食べていこうか。予定大丈夫だよね?」
そう言うと家に電話して、旦那さんに何か喋って、「じゃあ、行こうか」
オフィスの消灯をして、施錠してオフィスを出た。

おいしいお好み焼き屋さんがあるって事で、そこに連れて行ってもらった。
問答無用でビールを飲まされる。
あまり飲み慣れてなかったので、すぐ顔が赤くなり、「かわいい」なんてからかわれ、ますます赤くなる。
やたら「かわいい」と言われたが、悪い気はしなかった。

その後、最寄駅まで送り、俺も終電で帰った。

こんな感じがしばらく続いてた。

ある日、祝日で大学も休みだったので、家でテレビ見てると、裕美さんから電話があった。
裕美「今日、浩一くん暇?」
俺「あ、はい。大丈夫ですよ」
裕美「オフィス来れる?」
俺「良いですけど、今日会社やすみじゃ?」
裕美「そうなんだけど、ちょっと仕事がたまってて、手伝って貰えると助かるんだけど…」
俺「良いですよ。30分ちょっとで着きます」
裕美「着いたら、カギ開けるから電話してね」

俺は、準備をしてオフィスに向かった。
バイト後に一緒にご飯を食べるのが楽しみだったので、浮き浮きしていた。


11時頃オフィスに着いて、電話をしてカギを開けて貰う。仕事を聞くと、2,3時間もあれば終わりそうな感じだった。

13時頃になり、仕事も大分片付き、昼ご飯に行くことに。
裕美「仕事あとちょっとだし、ビール飲んじゃおうか」
俺「不良社員だ~」
なんて言いながら、昼を食べ、酒気帯びでオフィスに戻る。

帰りになぜか腕を組まれ、「ちょっと酔っぱらってんのかな?」なんて思いながら、腕に当たる胸の感触を楽しみながらオフィスに戻った。

オフィスに入り、ドアを閉めると、いきなり抱き付かれた。酔いと、コロンの香りで頭がクラクラした。股間が膨らみ始め、慌てて腰を引いた。

裕美「これだけで大きくなっちゃうんだね。もっと良い事しよっか」
俺「え…」
声がカサカサで上手く話せなかった。
ジーンズのボタンを外され、下着の中にひんやりとした細い手が入ってきた。
同時にキスをされ、そっと空いてるデスクに寝かされた。

裕美「あれ?結構大きい」
そう言うと、するっと脱がされ、フェラをされた。温かい…やばい…
俺「で、出る…」
口の中に出してしまったが、まだギンギンだった。

「触って」と言って裕美さんがシャツとブラを外した。
ちょっと濃い目の乳首を触り、むしゃぶりついた。
裕美さんの息が荒くなり、上にまたがって来た。
味わった事の無い感覚が、股間の辺りを覆った。

裕美「あ…中でどんどん大きくなってる…」
俺は、「うっ」とか「あっ」しか言えなかった。
裕美さんは腰を振り始め、俺も合わせる様に振り始めた。

10分程で中に出してしまった。
「今日は大丈夫よ」と言われ、
結局、途中でホテルに移動して、夜までやってた。

旦那さんとレスな事、最初に見た時から、
俺に目を付けてたこと等色々話してくれた。

結局、就活で忙しくなるまで関係は続いた。
彼女を作っても良いと言われてたので、気まぐれで作ったけど、物足りなかった。


PAGE TOP