ディープキスをしながら突かれて・・


先月の社員旅行の時の事を書きますね。 一泊二日で温泉へ行ったんですけど…
女性参加者は3人。バスはサロンカーで、朝からみんな飲みまくりでヘロヘロ。お昼には、ほぼ全員撃沈していて…
私の隣にはお気に入りの、太一君。 私はスカートだったので、膝掛け用として大判のバスタオルを持って行ってました。1人、また1人と酔い潰れていく中、潰れず残っているのは私と太一君だけ…
私「みんな潰れちゃったねぇ〜」
太一「ですねぇ…でも、僕的にはラッキーです。瑠美さんといっぱい話しができるから…」
太一君は真っ赤になってそう言うと、私の手を取りました。
酔っ払い達がいつ起きてしまうか分からない中、私達はずっと手を繋いでいました。

太一君の手が動き、膝掛けの下に入って来た時、課長が目覚め太一君はさっと手を膝掛けから抜きました。

そしてトイレ休憩。
 みんな起き出し、ゾロゾロバスから降りていく中、太一君と私はみんなより少し遅れて降りました。
太一君は酔ったフリ(?)をして、ヨロヨロふらふら歩き「瑠美さん、手を貸して下さい」と言って私と手を繋ぎました。

 酔っ払って、男同士でも手を繋いで歩いています。係長同士で手を繋いで歩いている光景は笑えました。

トイレから出て来ると、太一君が待っていました。
太一「瑠美さん、僕、かなり酔ってますよ。 1人ぢゃあバスまで帰れないから、連れてって下さい」
 バスに乗り込むと、課長に「太一〜お母さんに面倒みてもらってんのかぁ。?」とからかわれました。

 私と太一君の年の差は7才。まだ体型も少年っぽさが残る太一君から見たら、確実におばさんのわたし………

太一君は、痩せていて華奢なのに、腕なんかは筋肉質で正に“ガリマッチョ”
脱いだら…と考えると、たまらないです。
この腕に抱かれたら…。なんて、いけない事とか考えちゃいました。

 ある植物園(?)で一応見学。私は、1人で見て回ってました。
何か見て歩くなら、1人が好きなんですよね。自由に見て歩けるから。
でも、気付くといつも太一君が側にいてくれました。
私だけ1人でいるから気を遣ってくれてるみたい。

ホテルに着き、宴会でしこたま飲んだ後、酔い潰れなかった、生き残り数名で海までお散歩に行く事になりました。
私の横には常に太一君がいます。

ダラダラ歩く内に、お散歩の列は長くなり、みんなとはぐれ二人だけになりました。
今思うと、わざとみんなより遅れたのかな?

浜辺へと下りる階段まで来ると、階段の脇に並んで座り話しました。
遠くに酔っ払い(一緒にお散歩してた人達)の騒ぎ声が聞こえます。

太一「瑠美さんって、彼氏いるんですよね?」
私「うん、いるよ〜」
太一「年下なんですよね?」
私「そうだよ。太一君の1コ下」

太一「そうなんですってね…。僕、諦めなければ良かった…年下なんて全然相手にされないって思ってたのに、僕より下なんて。? ずるいです」
私「やだぁ太一君、告ってんの。?」
太一「はい。僕ぢゃダメですか?」
そう言うと、抱き締められちゃいました。

太一「僕だって、ずっと瑠美さんを見ていたんです」
私「太一君放して。 誰かに見られちゃう…」
太一「放しませんよ…僕、誰に見られても平気です。瑠美さんが好きなんです」

太一君のドキドキが間近で聞こえ、私は誰かに見つからないかドキドキしていました。

なんだか太一君が愛しくなった私は、雰囲気に任せ、岩場の陰へ・・・死角を探して抱き合い、キスをして求め合いました。
激しく舌を絡め合い、それだけで私の体は反応している様でした。

太一君は私の体を愛撫し始めました。
髪を撫で、首筋に舌を這わせ、ブラの肩ヒモを下ろし、キャミの裾を捲り上げました。
そしてブラのホックを外すと、コワレモノを扱う様に私の胸をあらわにしました。

「瑠美さん、きれいです。僕とこんな事…後悔しないでくれますよね?」
と聞かれ、私がコクリとうなずくと、そっと胸を愛撫し始めました。
舌と手を使って、やさしく…

 私が「あぁ…ん」と声を漏らすと、「もっと聞きたいです。瑠美さんの声…」と言って、中指の先で乳首を転がし、もう一方の乳首を口に含んで舌先でチロチロしました。

 おっぱいを鷲掴みにして、回す様に激しく、乳首にかすかに触れる感じで優しく…激しさと優しさの交互なタッチに、私の体は留まる事を知りません。
舌を乳房の下から上へ這わせたり、乳首を摘んでクリクリしたり、乳首を噛んだり…。
私のおまんこは、キュンキュン感じていました。


太一君がスカートのすそをまくり上げ、私の太もも撫でてきました。
「瑠美さんが僕に感じてくれてるなんて、夢の様です」
 内ももを撫でながら、親指でクリを探し当てます。そして下着の上から擦られると、私はもうっとりしてしまいました。

 太一君は私の後ろに回り込み、うなじにキスをしながら左手でおっぱい、右手でおまんこを触ります。
私、後ろからって弱いんです。
 パンツの中に手が滑り込んできて、敏感なところを直に触られ、立っているのがやっとでした。

パンツの片方だけ足を抜き、冷たい岩の上に座らされ、M字に足を開かされました。
太一君は私の膝の間にしゃがみ込み、おまんこに顔を近付けました。
 私が両手で隠そうとすると、「瑠美さん、隠さないで…お願い…僕の好きにさせて…」と、上目遣いで言われちゃって・・・。

 私の心の中は「あぁ〜ん。 か・わ・い・い〜好きにしてぇ〜」って感じでした。ホントにホントにかわいくて。
 私が手をどかすと、太一君は「ありがとう」と言い、指と舌で優しい愛撫をしてくれました。

 波の音と私の喘ぎ声、そしてくちゅっと言うエッチな音に、太一君もかなり興奮している様でした。
 舌先でクリを弾かれる度、私の足はビクンと動き、乳首はビンビンに硬直していきました。

指が1本、2本と増え、中を擦られ、裏Gスポットを刺激され、私は発狂寸前。
もうダメ〜って感じで、太一君の手首を掴み、止めちゃいました。

太一「すみません…イヤでしたか。?」
私「ううん、違うの。私、発狂しそうで…ごめんね。今度は私がしてあげる」
 そう言って、太一君を立たせ、太一君の前に膝間付いてベルトを外し、ジーンズのファスナーを下げました。

「イイんですか。? つーか僕、恥ずかしいかも。?」
そんな事を言う太一君がかわいくて、いっぱい気持ち良くしてあげたくなりました。

 右手でしごき、左手でタマタマを揉み、舌で先っぽをチロチロしました。
太一君は私の髪を撫で、かわいい吐息を漏らしていました。

おちんちんをパックリくわえ、口をきゅっとむすび、しごきました。
もちろんお口の中では、私の舌が優しく激しく動いています。

 太一君のモノがびくんと波打つと、「瑠美さん…僕、もう限界です…」と言うので、岩に掴まり、立ちバック。もちろん生です。

「瑠美さんの中、すごい気持ちイイ。あったかくて包まれてます…。夢みたいです。瑠美さんとこんな事…」と言ってガンガン突かれました。

 太一君は激しく突きながらも、右手でクリを擦るので、私は立っていられなくなり、崩れ落ちてしまいました。

 太一君は私と向かい合って、私の両手を僕の首に回し、「しっかりつかまって」と言うと、私の右膝を左手で抱え込み挿入すると、更に激しく突き上げてきました。

私は太一君にしがみ付くのがやっと。
 おっぱいが揺れる度、太一君の胸板に微かに乳首が触れ、それがまた最高に気持ち良くて…。ディープキスをしながら突かれ、私のお汁が足を伝って流れるのが分かりました。

「瑠美さん、僕もう…」と言われ、「このままイッて」って。
 太一君の腰が更に激しくなり、私がイクとすぐ太一君も私の中でビクンと脈打ち、イッたようです。ドクドクと熱い液が身体の中に入ってくるのがわかりました。

力強くて激しくて、そして優しいエッチでした。
夜になり、かなり涼しくなっていたハズなのに、二人共汗びっしょり。

太一君は恥ずかしそうに「なんて言ったらイイか…僕、今最高に幸せです」
私「私もすごく良かった…。太一君、私の事変な女って思ったでしょ? 彼氏がいるのに、こんな事平気でしちゃうなんて」
太一「まさかホントにこうなれるとは思いませんでした。瑠美さん、彼氏の事大切にしてるって分かってたし…ちょー仲イイってみんなから聞いてたし…僕のせいですね」

落ち込んでいるので、私も正直に話しました。
最初は後ろ姿が彼氏とかぶって、何度も抱きつきたい感情を堪えていた事。
その内段々太一君本人に関心が向いていた事。
ずるいかもしれないけど、彼氏も太一君も好きなのかもしれないって事。

自分でも自分の気持ちがよく分からないって。
そして、「多分、私、エッチは好きだと思う…引く?」 って聞いたら、「僕も多分好きですよ」と笑っていました。

部屋に帰り、お風呂に入って寝ようとした時、メールの着信音が…。
太一君からでした。
「明日、もう一度話したいので、二人で打ち上げはバックレましょう」との事。
あらぁ〜どうしよう。この際だから、もう今の彼氏から乗り換えようかな・・・。


PAGE TOP