紳士なおじさんは床上手~若いOLはオジサンのテクニックの虜に~


私は都内のある会社に勤めているOLです。

職場は経理部で年齢は20代です。

私は、うちのお得意先である、
超有名な大手の会社の方にとてもかわいがられていて、
(50歳過ぎのおじさん)時々、
その会社の方数人と飲みに行ったりしていました。

そのおじさんはとても若々しくて、
会話 も楽しくて、何より紳士で
、飲みに行っても必ず私をタクシーに乗せ、
タクシー代を渡してくれて、
遅くならない内に帰してくれていました。

なので、私もいつも安心していたのですが。

その日はまたいつものように、
その会社の方3人と飲んでいました。

でもそのおじさんは帰りに用事があるとかで、
お酒は飲まずにただ会話を楽しんでいました。

夜11時を過ぎ、そろそろお開きとなりました。

他の2人の方は電車だから、
と帰っていき、私はいつものようにタクシー乗り場へ行こうとすると、
そのおじさんは

「今日用事があるから車なんだ。
送っていってあげるよ。」

と言いました。

特に何も思わず、
私はその言葉に甘えることにしました。

車に乗り込みしばらく話していたのですが、
おじさんが

「俺、この近くに仕事用に事務所を借りたんだ よ。
今日はそこにやり残した仕事をしに行くんだ。
今夜は泊まりだよ~。そうだ、ちょっと見ていかない?
結構インテリアとかも凝って作ったから、
いい感じに仕 上がったんだ」

って言うんです。

私はインテリアにすごく関心を持っていて、
見てみたかったので

「じゃあ、お邪魔にならないように、
少し だけ拝見させてください。」

と言いました。

到着し、事務所に入りました。

おじさんの言った通り、
とても素敵なインテリアで間接照明なんかもあって
とてもく つろげる空間がありました。

コーヒーを入れてもらい、
しばらく雑談し

「じゃあそろそろ」

と私が腰を浮かせると、おじさんは突然、
私 に近づき、キスをしてきました。

突然のことで唖然としてると

「いつもかわいいって思ってたんだ」

と言い、服の上から私のおっぱいを触ってきました。

そのおじさ んというのは、
私の会社の社長とは古くからの友人で、
そういうこともあったので本当に安心しきっていたのに

「や・やめてくだ さい」

と私が言うと


「もう、君の会社に仕事出さないよ。
いいの?君の社長に、君がすごく無礼なことをした、
と言えば絶対俺を信じるよ。
そしたら君は 間違いなくクビだよ。
それに会社もどうなるかねぇ」

って脅迫されて・・・

私は特に資格もなく、
やっとの思いで就職したところなので
会社をクビになるのだけは嫌で した。

黙っていると、
いきなりキャミソールの上から手を入れてきて
ブラジャーをずらし、半分剥き出しになった私の
おっぱいを舐め始めました。

乳首を唇で優しく含み、
舌の先で転がすように舐められて、
思わず

「あぁっ」

と喘ぎ声を出してしまったんです。

おじさんは信じられないようなスピードで
私 のスカートをたくし上げ、パンティを脱がしました。

ソファに座っていた私はそのまま足を広げられ、
あそこをゆっくり、でも激しく舐めま わしました。

「こんなの、いや」

って思いながらも、
そのあまりの舌使いのうまさに
頭のしんがとろけそうになり、
ぐちゅぐちゅという
いやらいい音が静まり返った室内にこだますると、
もうたまらなくなり

「あんっ、いやぁん、はぁん・・」

と喘いでしまいました。

クリを吸ったり舐めたりしながら、
ぐちゅぐちゅにやらしい液が溢れ出し、
割れ目に指を入れ、ますますいやらしい音をさせながら
出し入れされると、めくるめく快感に襲われ、
我慢できずに絶頂してしまいました。

誰もいない事務所で全裸にされ、
全身を優しく舐めまわされ、
恥ずかしいことに私のあそこがひくひく し、
早く入れて欲しい!

そう思った瞬間、
熱く硬いものに一気に奥まで貫かれ、
あそこがびちゃびちゃと擦れ、
気が遠くなるほど気持ちよかったんです。

何度もおじさまにイカされて、
騎乗位やバック、そして松葉崩しで子宮をグリグリと突かれ、
今まで経験したSEXの中で一番気持ち良いセックスでした。

自分だけじゃなく、女性をリードし、
快感を与えてくれる大人の男性の余裕とでも
言うんでしょうか。

それからは時々呼び出されてはHしてます

その紳士だったおじさまは床上手で
彼氏には悪いけどすっかり虜になってしまいました。

最初はレイプ気味で怖かったけど、
年上のおじさまのテクニックは、
自分の事しか考えない若い男じゃ味わえない
性体験です。


PAGE TOP