初体験は、姉と近親相姦でした・・


僕の初体験はなんと大好きなお姉ちゃんと!! 

僕が19歳お姉ちゃんが22歳で二人とも大学生。

近所でも評判の仲のいい兄弟です。

よくお姉ちゃんは学校に遅れそうになったり、近くを通ったからといって車で迎えに来てくれたり、親の帰りが遅いとご飯を作ってくれたり、中学生や高校生の時には学校の勉強や受験勉強を見てもらい、そのおかげもあってそこそこいい学校に入れました。

まあここまでは仲がよければよくある話だとは思うのですが、ここからが他とはかなり違います。

なんとこの年になってもお姉ちゃんと一緒に寝たり、親の目を盗んでは一緒にお風呂に入ったりもします(たまにですが)。

僕はかなり寂しがり屋で甘えん坊みたいで、怖い映画を見たり、寂しいことがあるとお姉ちゃん布団にいったり、お風呂に入ったりして、そのたんびによく頭を撫でて貰ったりしてます。

そしてついこないだのこと。

いつものように甘えたくなっておねえちゃんの布団にいくと、「どうしたの?また寂しくなっちゃった?おいで」と満面の笑みで迎え入れてくれました。

そしていつものように頭を撫でてもらっていると、お姉ちゃんが「もうついつい、かわいくて頭なでちゃうのよね(笑)」と言いながら撫でてもらい、つい誘惑に負け、お姉ちゃんのおっぱいを触ってしまいました。

このときばかりは正直怒られるの覚悟でしたが、お姉ちゃんは「もしかして鷹やったことないの?」と聞かれ頷きました。

お姉ちゃんは活発で優しくてルックスがいいため、どこに行っても人気がありましたが、僕の場合は極度の人見知りで、やったことがあるどころか、女の子と口を聞いているのもお姉ちゃんくらいのものでした。


お姉ちゃんはそのことをよく知っていて、「そっか。やったことないんだ」と若干同情気味でした。

僕はお姉ちゃんのことが大好きなので、何を言われても素直にいうことを聞いていたため、お姉ちゃんは「鷹はいい子だもんね。でもこの年になってもやったことがないのは可哀相だしね。おねえちゃんでいいならやらせてあげるよと」言ってくれました。

このとき僕はかなり感動しました。

正直大好きなお姉ちゃんとやれるなんて、夢でしか描けなかったことです。

僕は「本当にいいの?」と聞きお姉ちゃんのおっぱいに顔をうずめました。

そしてまず服を脱ぎ、お姉ちゃんがブラを外そうとしたので「お姉ちゃん、ブラ外したい」と言うと、「ふふふ、男の子はみんなそういうのよね。いいわ外して。それからパンツも脱がして」といわれたので脱がしました。

もう感動です。

姉は「じゃあまずはキスから」と言って濃厚なディープキスをし、このときも頭を撫でてもらいながらしました。

その後におっぱいに吸い付き「おいしいよお姉ちゃんと」夢中で吸い付き、お姉ちゃんが、フェラをしてくれました。

僕も「お姉ちゃんの舐めたいといい、おまんこを舐めているとお姉ちゃんは「あ、あ、ん気持ちい」と言ってしまった様子でした。

その後、ここに挿れるのよと優しく教えてくれ、入れるとものすごく気持ち良く、腰を激しく振りました。

僕はいきそうになり、「い、いく」と抜こうとすると、「いいの。中で出してと」と言われ、思いっきり出しました。

とても気持ちよくお姉ちゃんに抱きつき、頭を撫でてもらい、またやろうねと言われ、今は親の目を盗んではやっています。

最高の童貞卒業でした。


PAGE TOP